これが過去の大戦で要衝であった理由!Narvik Krigsmuseum (ナルヴィク戦争博物館)!

北部ノルウェーの鉄道・海運の要衝であるナルヴィク。第2次世界大戦において不凍港であり各国の戦略上の要所でもありました。スウェーデンとの国境でもあり鉄鉱石の鉄道輸送や観光客の往来も多い場所です。今回はNarvik Krigsmuseum (ナルヴィク戦争博物館)に行ってみましたので解説します。

北部ノルウェーの要衝ナルヴィク!を望むNarvikfjellet!

北部ノルウェーの鉄道・海運の要衝であるナルヴィク。第2次世界大戦において不凍港であり各国の戦略上の要所でもありました。スウェーデンとの国境でもあり鉄鉱石の鉄道輸送や、観光客の往来も多い場所です。今回はこのナルヴィクを望むNarvikfjelletに行ってみましたので解説します。

北部ノルウェーの鉄道・海運の要衝!ナルヴィクのホテル・観光・スーパーの解説!

北部ノルウェーの鉄道・海運の要衝であるナルヴィク。第2次世界大戦において不凍港であり各国の戦略上の要所でもありました。東側はスウェーデンとの国境でもあり鉄鉱石の鉄道輸送だけでなく観光客の往来も多い場所になります。今回はこのナルヴィクの街のホテル・観光・スーパ―について解説します。

北部ノルウェーの要衝!オーロラもスキーも!ナルヴィクへのアクセス徹底解説!

北部ノルウェーの鉄道・海運の要衝であるナルヴィク。第2次世界大戦において不凍港であり各国の戦略上の要所でもありました。東側はスウェーデンとの国境でもあり鉄鉱石の鉄道輸送だけでなく観光客の往来も多い場所になります。今回はこのナルヴィクへのアクセスについて解説します。

これぞオーロラのメッカ!ノルウェー トロムソへのアクセス徹底解説!

さあオーロラ観光の真打ち登場です。世界最北の総合大学があり、北極圏のパリとも言われるノルウェー トロムソ。まさにオーロラオーバルの真下にあり頭上に展開されるオーロラを楽しむことができます。今回はトロムソと、街中心部へのアクセスについて徹底解説します。

フィンランド サーリセルカへのアクセス (ヘルシンキ⇒イヴァロ⇒サーリセルカ)解説!

フィンランドの北部、北極圏内のエリアもオーロラ観光で人気のエリアです。サーリセルカはスキーリゾートでかつオーロラが見ることができ、夏期はウルホ・ケッコネン国立公園トレイルのベースとして人気の場所です。今回はサーリセルカへのアクセスについてまとめます。

フィンランドでオーロラ見るならサーリセルカ?イナリ?それとも・・

フィンランドの北部、北極圏内のエリアもオーロラ観光で人気です。フィンランドでオーロラを見るなら筆者のおすすめは断然「イナリ」なのですが、日本からは色んな理由で「サーリセルカ」も根強い人気があります。今回は両者の比較しながらそれぞれの特徴を上げていきます。

今からでも間に合う!オーロラ写真の撮影方法とコツを超シンプルに解説!

「北欧にいくんだけどオーロラ見れるかな」、「オーロラツアーに行くけど撮影の方法を知らないよ」という人にとっての必見情報、今回は「今からでも間に合う!オーロラ写真の撮影方法とコツを超シンプルに解説!」を北欧で5000枚超のオーロラ写真を撮影した筆者が解説します。

スイス旅行の起点!チューリヒ空港でプリペイドSimを買うならどこで買う?!

スイス周遊やトレッキングの際に、今や必須となったスマホでのトレイル・GPS確認ですが、現地でSIMカードを購入することで日本から持ち込んだ使い慣れたスマホを使用することができます。今回はスイス観光に来られた方の多くの人にとっての起点となるチューリヒ空港でのプリペイドSIMカードの購入方法と場所を徹底解説します。

フィンランド イナリ オーロラ 撮影レポート 2018

フィンランドの北部、北極圏内のエリアもオーロラ観光で人気のエリアです。フィンランド内他に観光地として有名な所はありますが、オーロラを見るなら筆者のおすすめは断然「イナリ」です。本レポートではその時のオーロラの写真と、今回の撮影環境について取り上げます。

質・値段・使い勝手! なかなか良いぞ! Leofoto (レオフォト)の三脚!(LS-325C編)

オーロラ撮影・トレッキングで素敵な写真を撮るためには、ある程度質のよい三脚と雲台が必要です。しかし頑丈でサイズが大きいと使い勝手が悪くなります。最近使用頻度が多くなったLeofoto(レオフォト)の三脚LS-365C、新しく追加したLS-325Cを取り上げながら質・価格・使い勝手のバランスの良さをレポートします。

質・値段・使い勝手! なかなか良いぞ! Leofoto (レオフォト)の雲台!(LH-40編)

オーロラ撮影・トレッキングで素敵な写真を撮るためには、三脚・雲台ともにある程度の品質が要求されその分高価になります。さらに頑丈でもサイズが大きいと使い勝手が悪くなります。最近、筆者が使用する機会が増えているLeofoto(レオフォト)の雲台LH-40を取り上げて、その質・値段・使い勝手のバランスの良さをレポートします。

スウェーデンの素敵なクリスマスの行事・食事・過ごし方!

他の西欧諸国と同様北欧のスウェーデンでも1年で1番大きいイベントの1つ「クリスマス」。多彩な種類で圧倒する「Jul bord」だけでなく、その他にもユニークなクリスマスの習慣がスウェーデンには色々あります。素敵なスウェーデンのクリスマスの行事・食事・過ごし方を本記事で紹介します。

徹底解説!リアリーライトスタッフ Lプレートを公式サイトからお得に海外通販!

縦方向での写真撮影で三脚固定に便利なLプレート(Lブラケット)。さらに三脚とLプレートがアルカスイス互換でシステムが組めるととても便利です。今回は日本で購入するよりもずっとお得になるReally right stuffでのLプレートのオンライン購入・到着までを徹底解説します。

お手軽にスポンジのレッグウォーマー!で三脚も冬の装い!(Gitzo GT3543LS 編)

極寒時・オーロラ撮影で夜間長時間屋外に立てていると手袋越しでも持てないくらい冷たくなっていることがあります。そこで少しでも力になるのがレッグウォーマーです。今回はお手軽・安価なスポンジのレッグウォーマーを三脚に取り付ける作業(Gitzo GT3543LS編)を取り上げます。

極寒撮影時の手を守れ!HAKUBA GW-PRO RED フォトグローブプロPL!

極寒時の撮影での悩みの一つに凍えるほど冷たくなる手の指先があります。スマートフォンはもちろん最近のカメラは液晶をタッチして設定を行うことが多く、現場で手袋を外して手をすべて出すだけでも相当手が凍えます。そこでフォトグローブの登場です。今回はHAKUBA(ハクバ)のGW-PRO RED フォトグローブプロPLを取り上げます。

ツェルマット スイス料理を手頃に楽しむ!レストラン6選

アルピニストの聖地マッターホルンの麓にある村、ツェルマット。スイス有数の山岳リゾートだけあって、絶景やハイキングの後のレストランの選択肢も豊富です。チーズフォンデュやラクレットはスイス・ヴァリス地方の料理で、まさにツェルマットで手頃に楽しむことができます。

ツェルマット 一気に3800m超の世界!絶景とロングハイキングを楽しめるコース

アルピニストの聖地マッターホルンの麓にある村、ツェルマット。上りは登山鉄道やロープウェイ、下りはハイキングという楽しみ方ができます。本記事ではマッターホルンに最も近く標高の高い展望台とシュワルツゼーからのハイキングコースについて取り上げます。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①