Lofotenノルウェー北欧

溜息が出る美しさ!ノルウェー ロフォーテン諸島 観光・宿泊・トレッキング まとめ

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。入り組んだ海岸線と多くの山々で風光明媚なフィヨルドを形成し、見る者が立っている標高に関わらずその景色はどこをみても溜息がでるほど美しいといっても過言ではありません。

ロフォーテン諸島は5つの島からなっており、今ではすべての島に橋がかかり道路がつながっています。旅行雑誌等では「この島々を巡るにはレンタカーが必要」などとよく言われますが、目的地を絞りローカルバスの連携を生かせばレンタカーは必ずしも必要ではありません。

この魅力いっぱいのロフォーテン諸島を存分に楽しむためには、晴れた日はトレッキング・ワイルドキャンプ、雨の日は街・博物館巡りという方法が筆者としてはおススメです。

今回はロフォーテン諸島の観光・宿泊・トレッキングのまとめを徹底解説します。

まず、ロフォーテン諸島はどこにある?

上の地図上オレンジのピンがノルウェーロフォーテン諸島の中央にあるレクネス空港(LKN)です。

参考として、北欧4国の主要国際空港をブルーのピンで打ってみました。

北緯68度前後に位置しており、5月最終週(毎年5月26日前後)から7月中旬(毎年7月17日前後)まで白夜になります。真夜中でも沈まない太陽(Midnight Sun)をみることができ、暗くなりません。また、冬には太陽が地平線上に上がってこないPolar Night(12月9日から1月4日)を体験することができます。

ノルウェー ロフォーテン諸島へのアクセスについては以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

ロフォーテン諸島は主に5つの島からなる

東から順に

AustvågøyaSvolvær Airport(スヴォルヴェル空港)やロフォーテン最大の町Svolvær(スヴォルヴェル)、Kabelvåg、Henningsværの漁村があります。

GimsøyaAustvågøyaとVestvågøyに挟まれる小さな島ですが国道E10が走っていますので、ロフォーテンを移動する長距離バスは必ず通る島です。 

VestvågøyLeknes Airport(レクネス空港)やロフォーテン2番目に大きい街Leknes(レクネス)、Viking museumや南側にはバックパッカー御用達のStamsundのホステル、北側にはMidnight sunを眺める人気のEggum、東側にはHaukland BeachやUnstad Beachなど山と海のコンビネーションが絶景の場所が多くあります。

FlakstadøyaMoltindやVolandstind、Nubbenといった特徴的な形状の山、北にはMyrland beach、南にはNusfjordといった昔ながらの漁村など見どころが多い島です。

Moskenesøyaロフォーテンの最も端に位置する島です。RytenにKvalvika beach、Horseid beach、Bunes beachにHelvestindという絶景の海と山のコンビネーションが北にあり、南にはレイネの村とインスタでも超人気のReinebringen、ロフォーテンの象徴ともいえるロルブーが多く並ぶHamnøyや、漁村自体を博物館にしている村Å (オー)など、最もロフォーテンの見どころがぎっしり詰まっている島です。

となります。

(他にも小さな島がありますが、今回は主な5つを挙げました)

絶景のロフォーテンをもっと詳しく!

空港や博物館、トレッキングやワイルドキャンプをする上での要所となる部分にピンを打ってみました。上のピンの場所以外にもトレッキングの絶景場所はありますが、すべて打つとわかりにくくなるので今回は筆者の独断で主なものに絞っています。

ロフォーテン Leknesの町について

ロフォーテンの交通の要となるLeknesの町について、レクネス空港からのアクセスやスーパーマーケットなどについて徹底解説を以下でしていますので、ぜひご覧ください。

ロフォーテン Reineについて

絶景トレッキングのベースにもってこいのReineについて以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

ロフォーテンでの宿泊施設での宿泊なら

Austvågøyaで宿泊

Svolvær、Kabelvåg、Henningsværの宿泊施設での宿泊になります。

こちらにAustvågøyaのホテル・ホステルについて詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

Vestvågøyで宿泊

Leknes、その他の宿泊施設での宿泊になります。

こちらにVestvågøyのホテルについて詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

Moskenesøyaでの宿泊

Fredvang、Hamnøy~Reine、Moskenes、Sørvågen、Åでの宿泊になります。

こちらにFredvang、Hamnøy~Reine、Moskenes、Sørvågen、Åのホテルについて詳しくまとめていますのでぜひご覧ください。

ロフォーテンでの野営・ワイルドキャンプなら

ノルウェーでは国内でのキャンピングのルールがあります。それは以下のようなものです。

・ゴミを出さない、ゴミを持って帰る、自然を破壊しないこと。

・人の居住場所(個人の家など)から最低150mは距離をとること、これはキャンピングカーでのキャンプも同様。

・もし2晩以上同じ場所でキャンプするならその土地の所有者がいる場合は、所有者に許可をとる。人里離れた場所はこれは必要がない。

ノルウェーでのCampingのRegulationについては以下でも詳しく説明されていますのでご覧ください。

VISITNORWAY.COMウェブサイト

キャンプサイトでの野営

Skagen Camping(Flakstadøya)、Moskenes Camping(Moskenesøya)になります。

Moskenes Campingについては以下でも詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

トレッキングでしか行けない絶景ビーチでのワイルドキャンプ

Bunes beach (Moskenesøya)

Bunes beachでのワイルドキャンプについてはこちらに詳しくまとめていますので是非ごらんください。

horseid beach (Moskenesøya)

horseid beachでのワイルドキャンプについてはこちらに詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

Kvalvika beach (Moskenesøya)

Kvalvika beachでのワイルドキャンプについてはこちらに詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

ロフォーテンでの絶景トレッキングを楽しむ!

Festvågtind (Austvågøya) 

Festvågtindのトレッキングレポートはこちら。

Nubben (Flakstadøya)

Nubbenのトレッキングレポートはこちら。

Volandstind (Flakstadøya) 

Volandstindのトレッキングレポートはこちら。

Ryten(Moskenesøya)

Rytenのトレッキングレポートはこちら。

Markan(Moskenesøya)

Markanのトレッキングレポートはこちら。

Helvetestinden (Moskenesøya)

Helvestindenのトレッキングレポートはこちら。

Reinebringen (Moskenesøya)

Reinebringenのトレッキングレポートはこちら。

Munken (Moskenesøya)

Munkenのトレッキングレポートはこちら。

ロフォーテンでの博物館巡り

Lofoten Krigsminnemuseum (Svolvær, Austvågøya)

Lofoten Krigsminnemuseum についてはこちらに詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

Lofotmuseet (Kabelvåg, Austvågøya)

Lofotmuseet についてはこちらに詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

Lofotr Viking Museum (Bøstad, Vestvågøy)

Lofotr Viking Museumについてはこちらに詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

Lofoten Stockfish Museum (Å, Moskenesøya)

Lofoten Stockfish Museumについてはこちらに詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

Norwegian Fishing Village Museum Å (Å, Moskenesøya)

Norwegian Fishing Village Museum Å についてはこちらに詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

ロフォーテンを観光・トレッキングする上のTips

・ロフォーテンでのトレイルトレッキング前に必ずyr.no(ウェブサイト)で天気予報チェック。yr.noは3時間毎の天気予報を出しており、ノルウェー北部にはめっぽう強いです。トレッキングの予定を立てる際には、少なくともちょうど登頂する時間帯には晴れ間が期待できる予報内容でありたいものです。

・ロフォーテンのトレイルトレッキング全般に言えることですが、時に凄まじいにわか雨・雪、突風が吹き荒れますのでザックカバー、防水のレインジャケット・レインパンツは必須です。これは街中を歩く際でも同様です。

白夜の期間は、天気予報次第では午後出発も戦略的には十分ありです。

・これもロフォーテンのトレイル全般に言えることですが、トレイルの方向を示すマークはないので、GPSの効くスマートフォンはほぼ必須。驚くほど正確に世界中のトレイルを網羅している「maps.meアプリ」の使用が非常に有用。

・ローカルバスをうまく使えばレンタカーは必要ありません。それだけローカルバスがいろんな場所にアクセスしています。ロフォーテンの西半分はLeknesのバス停がメイン、東半分はSvolværのバス停がメインです。これらのバス停をハブにして色々な方面へバスが出ています。ローカルバスの利用には超便利必須ウエブサイト177Nordlandもぜひとも使い方をマスターしておきましょう。

・バスに乗るにはクレジットカードがあると便利です。前から乗って運転手に行先を告げます。するとバスの運転手が料金を入力しますので、そのあとに運転手横にあるクレジットカード読み取り機にクレジットカードを差し込んでPINコードを4桁入力すれば完了です。

・バスに乗る際に乗り継ぎがあっても最終目的地まで運転手に告げて料金を払って、レシートを渡されますのでそのレシートを乗り継ぎ後のバスの運転手に見せましょう。それでOKです。

最後に

いかがでしたか?溜息が出る美しさ!ノルウェー ロフォーテン諸島 観光・宿泊・トレッキング まとめを徹底解説しました。「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。是非機会があればロフォーテンを訪れてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました