ノルウェー ロフォーテン これは必見Viking Museum(ヴァイキング博物館)!

どこをみても絶景を楽しめるロフォーテンですが、気候が崩れやすく毎日好天が続くわけではありません。天気が優れないときは博物館めぐりが楽しめるのもロフォーテンの素晴らしいところです。数あるロフォーテンの興味深い博物館の中の一つがViking Museum(ヴァイキング博物館)です。

今回はViking Museum(ヴァイキング博物館)を訪れましたので、実際の写真と解説を交えて紹介します。

まず、ロフォーテン諸島はどこにある?

上の地図上オレンジのピンがノルウェーロフォーテン諸島の中央にあるレクネス空港(LKN)です。

参考として、北欧4国の主要国際空港をブルーのピンで打ってみました。

北緯68度前後に位置しており、5月最終週(毎年5月26日前後)から7月中旬(毎年7月17日前後)まで白夜になります。真夜中でも沈まない太陽(Midnight Sun)をみることができ、暗くなりません。また、冬には太陽が地平線上に上がってこないPolar Night(12月9日から1月4日)を体験することができます。

ノルウェー ロフォーテン諸島へのアクセスについては以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はこのロフォーテン諸島へのアクセスについて解説します。

ロフォーテン諸島は主に5つの島からなる

東から順に

AustvågøyaSvolvær Airport(スヴォルヴェル空港)やロフォーテン最大の町Svolvær(スヴォルヴェル)、Kabelvåg、Henningsværの漁村があります。

GimsøyaAustvågøyaとVestvågøyに挟まれる小さな島ですが国道E10が走っていますので、ロフォーテンを移動する長距離バスは必ず通る島です。 

VestvågøyLeknes Airport(レクネス空港)やロフォーテン2番目に大きい街Leknes(レクネス)、Viking museumや南側にはバックパッカー御用達のStamsundのホステル、北側にはMidnight sunを眺める人気のEggum、東側にはHaukland BeachやUnstad Beachなど山と海のコンビネーションが絶景の場所が多くあります。

FlakstadøyaMoltindやVolandstind、Nubbenといった特徴的な形状の山、北にはMyrland beach、南にはNusfjordといった昔ながらの漁村など見どころが多い島です。

Moskenesøyaロフォーテンの最も端に位置する島です。RytenにKvalvika beach、Horseid beach、Bunes beachにHelvestindという絶景の海と山のコンビネーションが北にあり、南にはレイネの村とインスタでも超人気のReinebringen、ロフォーテンの象徴ともいえるロルブーが多く並ぶHamnøyや、漁村自体を博物館にしている村Å (オー)など、最もロフォーテンの見どころがぎっしり詰まっている島です。

となります。

(小さい島々は他にありますが、今回は主な5つを説明しました。)

絶景のロフォーテンをもっと詳しく!

空港や博物館、トレッキングやワイルドキャンプをする上での要所となる部分にピンを打ってみました。上のピンの場所以外にもトレッキングの絶景場所はありますが、すべて打つとわかりにくくなるので今回は筆者の独断で主なものに絞っています。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はロフォーテン諸島の観光・宿泊・トレッキングのまとめを徹底解説します。

Viking Museum(ヴァイキング博物館)へのアクセス

ロフォーテンの真ん中に位置する島VestvågøyにあるBøstadバス停が最寄りのバス停です。国道E10沿いで、Leknesから北に13km、Svolværから南に53kmの場所に位置します。

Bøstadバス停をから敷地内の坂をのぼるとViking Museum(ヴァイキング博物館)の建物があります。では中に入ってみましょう。

Viking Museum (ヴァイキング博物館)

ヴァイキング博物館に入ると中央にベンチとテーブル両サイドにカフェテリアのショップ部分、お土産ショップがあります。

カフェテリアのショップ部分です。厳密にはここでなにも購入しなくても多くの人が中央にあるスペースで座って休んでいます。

お土産ショップも色々物品を揃えています。

受付(レセプション)です。ここで人数分の入館料を支払います。

レセプションの頭上にはこのようなモニターがあります。この博物館ではオーディオガイドを手持ちのスマートフォンで聴くことができます。

モニターでも丁寧に説明されていますが、受付のテーブルにも紙面でオーディオガイドの聴き方が説明されています。

ロフォーテンにおいて農夫が1981年に考古学的に意義のあるガラスの破片や陶器を発見したのをきっかけに1000年以上もの前の歴史が明らかになってきました。

発掘された1000年以上もの前の時代のジュエリーや刀剣については館内でのオーディオガイドに加え、ショートフィルムも上映されています。

当時のバイキングの首領などの地位のある人々の服装も展示されています。

レセプションのある建物を出て、バイキングの首領の家であったロングハウスや、水際には船の展示などがされています。

今日残っているロングハウスは完全にサイズが再現されたレプリカになります。全長が83m、幅が12mで、なんといっても内部の雰囲気が非常に入念に丁寧に再現されているのが特徴です。

ロングハウスの入り口です。では入ってみましょう。

ロングハウスの中は当時の雰囲気をうまく作り出しています。説明員も積極的に何か質問はないか声をかけてくれます。

当時の台所を再現した場所です。タラが干されています。

首領の家族だけでなくロングハウスにはその家来や召使たちの家族もすんでいたため、食事をする場所も大きなスペースになっていたようです。

首領が座る場所です。

発掘された1000年以上前のロングハウスの遺跡がロングハウスのレプリカのそばにあります。

屋外の牧草地を散策しているとそばで羊たちが草を食んでいました。

The Smithy (鍛冶場)です。当時の煤が梁に付着してそれが現在まで保存されています。火事になることを避けるためにロングハウスや畑などからは離れた場所にあったようです。

水際まで下るとボートハウスとLofotrというバイキングの船があります。オスロのViking ship Museumに展示されている西暦900年ごろの船、Gokstad Shipをコピーしたものになります。

水際を歩いていると、1000年前のいくつかのボートハウスの遺跡があります。

ヴァイキング博物館の牧草地にはいたるところに羊と馬が放牧されています。

ロングハウスに戻ってきました。雨が結構降りだしましたのでメインの建物に小走りで戻ります。

レセプションのあるメインの建物に戻ってきました。外が大雨のため筆者のようなハイカーから、ロフォーテンを自転車で端から端までめぐっている旅行者もここで休憩です。

筆者がコーヒーを飲んでまったりしていると、自転車でロフォーテンをめぐっているご夫婦が声をかけてきました。彼らは仕事をリタイアした後、自転車でヨーロッパを巡っているとのことです。オーストリアに在住で今回はロフォーテンをÅから出発してSvolvaelに向かうとのことです。

先ほどまでの大雨が少し小降りになりましたのでBøstadバス停に向かいます。

先ほどまでメインの建物で一緒にコーヒーを飲みながら話していたオーストリア人のご夫婦が自転車でスヴォルヴェルに向かって走り出していきました。

Bøstadバス停でまつこと数分、Narvik行きの300番バスがやってきました。これに乗って筆者はいまからSvolvael方面に向かいます。

 

最後に

いかがでしたか?ノルウェー ロフォーテンのViking Museum(ヴァイキング博物館)。どこをみても絶景を楽しめるロフォーテンですが、気候が崩れやすく毎日好天が続くわけではありません。天気が優れないときは博物館めぐりが楽しめるのもロフォーテンの素晴らしいところです。数あるロフォーテンの興味深い博物館の中の一つがViking Museum(ヴァイキング博物館)です。Leknesからもバスでアクセスが簡単なこともありロフォーテンの中でもオススメの博物館の一つです。是非ロフォーテンに訪れることがあればこの博物館にも訪れてみてくださいね。

Lofotr Vikingmuseumの公式ウエブサイトはこちら

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする