アルプスの頂きを海に浮かべたよう!ノルウェー ロフォーテン諸島へのアクセス徹底解説!

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はこのロフォーテン諸島へのアクセスについて解説します。

ノルウェー ロフォーテン諸島 の位置

上の地図上オレンジのピンがノルウェーロフォーテン諸島の中央にあるレクネス空港(LKN)です。

参考として、北欧4国の主要国際空港をブルーのピンで打ってみました。

北緯68度前後に位置しており、5月最終週(毎年5月26日前後)から7月中旬(毎年7月17日前後)まで白夜になります。真夜中でも沈まない太陽をみることができ、暗くなりません。

ノルウェー ロフォーテン諸島へのアクセス

オレンジのピン:レクネス空港、スヴォルヴェル空港

紫のピン:ボードー空港、水色のピン:ボードーフェリーターミナル

グリーンのピン:ナルヴィーク駅

濃いブルーのピン:トロムソ空港

まずは飛行機でのアプローチがメジャーです。

①~③どれも Widerøe(ヴィデロー航空)の利用となります。

ノルウェーBodø(ブーデ/ボードー)空港(BOO) ⇒ Leknes(レクネス)空港(LKN)

(直通飛行時間25分、1日数本の便あり)

ノルウェーBodø(ブーデ/ボードー)空港(BOO)Svolvær(スヴォルヴェル)空港(SVJ)(直通飛行時間25分、1日数本の便あり)

トロムソ空港(TOS) ⇒ Leknes空港(LKN) やSvolvær空港 (SVJ)

(TOSからはアンデネス空港(ANX)でワンストップ、ポッピングフライトで1時間15分、1日一本程度)

わざわざBodøよりもかなり北のトロムソまで行って戻ってくるフライトよりは、やはり素直にオスロ空港(OSL)⇒Bodø空港(BOO)⇒Leknes空港もしくはSvolvær空港とするのが良いと思います。

筆者一番のおススメは交通の利便性からLeknes空港です。

レンタカーを借りるかならば、Leknes空港でもSvolvær空港でも特に不便はないと思います。

レクネス空港からレクネスの街まで歩いてもそんなに時間がかからないこと、レクネスの街に多くのローカルバスが中継するバスターミナルがあること、大きなスーパ―に入りやすいこと等が筆者がレクネスをおススメする理由です。

次に船でのアプローチを紹介します。

ノルウェー Bodø(ブーデ/ボードー)フェリーターミナルロフォーテン モスケネスフェリーターミナル (所要時間3時間15分、夏は増便して8便/日)

ローカル公共交通機関路線番号「18-782」という路線になります。 

時刻表や料金を調べるのにロフォーテンを旅するにあたって鉄板のサイトがあります。

https://177nordland.no/ (177nordland公共交通機関を利用する旅には必須です)

是非このサイトを駆使して効率のよい旅を楽しみましょう。

バッチリ時刻表と料金が出てきます。

フェリーでロフォーテン入りする場合も、レンタカーをモスケネスフェリーターミナルで借りるなら特に何も言うことはないのですが、公共交通機関と徒歩の旅の場合はモスケネスバス停から各地へのバスの発着時刻もチェック必須です。また到着時刻によってはモスケネスフェリーターミナルの近くにあるモスケネスキャンピングでテント泊をした方が良いこともあると思います。

3つ目にバスでのアプローチを紹介します。

⑤ノルウェー Narvik(ナルヴィーク)からローカルバス300番(Å i Lofoten (Moskenes)行き)を利用する。 (所要時間7時間40分、1日2便)

ローカル公共交通機関路線番号「300」という路線になります。 

時刻表や料金を調べるのにロフォーテンを旅するにあたって鉄板サイト「177nordland」でどうなっているか下にお見せします。

バッチリ時刻表と料金が出てきます。

300番はバス自体は長距離バス仕様になっていて、電動リクライニングシートで長時間乗車が快適にできるようになっています。ロフォーテンに向かって行く場合は到着が夕方になりますので、ロフォーテン到着日の行動は限られます。発想を逆にして、むしろこのバスの便利なところはロフォーテンの旅を終えて帰る場合にNarvikに寄って帰れるというところかもしれません。筆者はロフォーテンからNarvikに向かってこのバスを利用し、Narvikからストックホルムまで夜行列車(Airctic circle Night train)で帰ったことがあります。Narvikも見所が多くて観光ができますのでおススメです。

レクネス空港の利用の場合

以下にレクネス空港利用の場合で、情報を紹介したいと思います。

ノルウェー オスロ空港(OSL)⇒Bodø空港(BOO)

ノルウェー オスロ空港(OSL)-Bodø空港(BOO)間は主にSAS直行便を運航しています。フライト時間は1時間25分で、毎日1日5~7便飛ばしています(季節によって変わります)。他にトロンドハイム経由やトロムソ経由がありますがOSL-BOO直行便を利用するのがメジャーです。

ノルウェー オスロ空港 出発

ノルウェー オスロ空港はSAS、Norwegianがメインの空港です。日本からのアクセスになるとヨーロッパのどこかのハブ空港(コペンハーゲン、フランクフルト、チューリッヒ、ヘルシンキ等)を経由して到着することになると思います。

オスロ空港ーBodø空港間は1日5-7便と比較的多くフライトがありますので、オスロに夕方到着してもBodøにその日の夜の内に到着することも可能です。その場合は、Bodøでの宿泊をはさむと翌日ロフォーテンには午前中~午後の早いうちに到着できます。

日本から、となるとBodøまでは最低2回の乗り換えが必要になりますので、オスロ観光・宿泊を途中に入れるのも良いアイデアだと思います。

今回はロフォーテンのLeknes空港もしくはSvolvær空港が最終目的空港になりますから、それを考えるとオスロで一泊入れるかBodø(ブーデ/ボードー)で一泊入れることが、ロフォーテンに到着してからの行動時間が長くするには効果的です。

オスロ空港そばで一泊するなら

オスロ空港から歩いて行けるほど近いホテルは2つあります。上の写真は到着出口を出て目の前にある看板です。左に行けば「Park Inn」ホテル、右に行けば「Radisson Blu」ホテルです。筆者のおすすめは値段的に少し安くなる「Park Inn」ホテルです。どちらもホテルまで通路がありますので雪に降られることなくホテルに行くことができます。

オスロ空港の特徴

ノルウェーはシェンゲン協定国ですがEUではないということで、少し他のEUの空港と違った雰囲気があります。この写真は保安検査上を通過してすぐの場所です。写真奥D・E・Fが国際線のゲートになります。ドイツやスウェーデンなどの同じシェンゲン内の国へ飛ぶ時もここを通過する必要があります。なお、オスロ空港からノルウェー国内のBodø(ブーデ/ボードー)、キルケネスやトロムソに行く際は国内線になりますので搭乗はAターミナルのゲート群になります。

ノルウェー国内線はターミナルAです。スカンジナビア4国(フィンランド・スウェーデン・デンマーク・ノルウェー)の中でもオスロ空港の広さは最大級ですので搭乗に遅れないように気をつけましょう。

Bodøで観光・宿泊を挟むなら

Bodø(ブーデ/ボードー)は見所も多く観光・宿泊を挟むのは筆者としてもおススメです。

Bodø(ブーデ/ボードー)へのアクセスについてはこちら

北極線の北側に位置し北部ノルウェーにおいてトロムソについで2番目に大きい都市の「Bodø」(ボードー・ブーデ)。6月から7月中旬にかけて白夜となり、そしてロフォーテン諸島への起点となる場所でもあります。今回はこのBodøへのアクセスについて解説します。

Bodø(ブーデ/ボードー)でのホテルの選び方についてはこちら

ちょうど北極線の北側に位置し北部ノルウェーにおいて2番目に大きい都市の「Bodø」(ボードー・ブーデ)。6月から7月中旬にかけて白夜となり、ロフォーテン諸島への起点となる場所でもあります。今回はこのBodøの街におけるホテルの選び方について解説します。

Bodø(ブーデ/ボードー)の観光情報のまとめ

ちょうど北極線の北側に位置し北部ノルウェーにおいて2番目に大きい都市の「Bodø」(ボードー・ブーデ)。6月から7月中旬にかけて白夜となり、ロフォーテン諸島への起点となる場所でもあります。今回はこのBodøの街中心・ホテル・駅・フェリーターミナルについて解説します。

Leknes(レクネス)空港 到着

Widerøe(ヴィデロー航空)での移動は基本Bombardier Dash 8-100です。2列×2列の10行、定員39人の座席配置になることが多く、座席指定はありません。空いているところに適当に座ります。ボードーからわずか25分、レクネス空港に到着しました。

降機してから少し歩いて、空港建物内に入ります。

空港建物内に入ったらもうそこがBaggage claimです。ターンテーブルというよりは滑り台みたいな台に荷物がコロコロと滑って出てきます。

Baggage claimの向かいにレンタカーの受付カウンターがあります。これでもEuropecarとHerzとAvisなどの大手がデスクを繋げて待機しています。

空港から出てきました。今回は筆者はレンタカーは使用せずローカルバスと徒歩でロフォーテンを楽しむ方針です。レクネスの街に向かって歩き始めます。

空港の向かいにはレンタカーの貸出・返却用の駐車場があります。

最後に

いかがでしたか?ノルウェー ロフォーテン諸島へのアクセスについて今回解説しました。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了している場所ですが、その分アクセスは簡単というわけではありません。筆者のおススメは値段はかかりますが時間が有効に使える飛行機でのアプローチです。自然を肌で感じるにはレンタカーを使用するよりは公共交通機関と徒歩、自転車等がおススメですが、ローカルバスの利用には超便利必須ウエブサイト177Nordlandもぜひとも使い方をマスターしておいた方が良いでしょう。本ページが旅の計画の手助けになれば幸いです。是非機会があれば美しいロフォーテンを訪れてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Q より:

    BodoからLeknesにWideroe航空で移動するのですが、Aまで行くバス停はLeknesの街中と聞きました。Leknesの空港から街中まではどのように移動されましたか?調べるとどうもバスなどの手段がないようなのですが。歩ける距離でしょうか?また、バス停はすぐにわかるでしょうか?

    • enjoytravelingsolo より:

      Q様 

      コメント誠にありがとうございます。

      ロフォーテンへの旅を考えておられるのですね。素晴らしいです。
      Leknes空港からLeknesバスターミナルへは距離にして1.5㎞、アップダウンはほぼありません。
      以下にGoogle Mapでポイントと概要を示しましたのでご確認いただければ幸いです。

      https://www.google.com/maps/d/u/1/viewer?hl=ja&hl=ja&mid=1_vPGEuEC_PKjHJTxk-GVL3kb-X-o4uFh&ll=68.15229617317404%2C13.617912400000023&z=15

      国道E10 は初夏~秋まではバックパックを背負って歩くのに何も苦はありません。私はバックパック移動のため難なく移動は可能でした。トランクケースならばこの1.5㎞は結構キツイと思います。
      さらに問題は冬の期間中です。積雪かつ凍結路を結構なスピードで走る車も多く、歩道を1.5㎞荷物をもって歩けるか、トランクケースならおそらく無理と考えていただいたほうがよろしいかと思います。

      ついにバスを使用した方法です。
      レクネス空港を出て国道E10 まで下ってくると、その交差点付近にバス停”
      Lufthavnveien kryss (Vestvågøy)” (道路脇にバス停マークあり、雪で埋もれている場合はも運転手に手を振るなどのアピールで対応が必要)があります。例えば300番バスなどがスヴォルヴェルからやってきてこのバス停に停車しますので、この300番にこのバス停から乗ればLeknesバスターミナルが次のバス停(約19分)、ちなみに300番バスならÅ i Lofotenまではそこから直行(1時間50分)で行くことができます。

      もうご存知だと思いますが、ロフォーテンを移動する上での必須サイト”177 Nordland”(クリックするとリンクで飛びます)を活用してLeknes空港到着の時間とバスの時間がうまく合うかどうかご確認いただければと思います。

      ちなみにLeknes バスターミナルからÅ i Lofotenに向かうには、バスとしては300番、もしくは18-742番バスの2通りになります。

      ダイレクトメールにて夏の間のLufthavnveien kryss (Vestvågøy)のバス停標識の写真を添付いたしますのでご参照ください。

      またご不明な点等ございましたらどうぞお気軽にお問合せください。
      この度はコメントをいただき誠にありがとうございました。

      enjoytravelingsolo