溜息が出る美しさ!ノルウェー ロフォーテン諸島トレッキング三昧!Nubben編

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。入り組んだ海岸線と多くの山々で風光明媚なフィヨルドを形成し、見る者が立っている標高に関わらずその景色はどこをみても溜息がでるほど美しいといっても過言ではありません。

ロフォーテン諸島は5つの島からなっており、今ではすべての島に橋がかかり道路がつながっています。旅行雑誌等では「この島々を巡るにはレンタカーが必要」などとよく言われますが、目的地を絞りローカルバスの連携を生かせばレンタカーは必ずしも必要ではありません。

この魅力いっぱいのロフォーテン諸島を存分に楽しむためには、晴れた日はトレッキング・ワイルドキャンプ、雨の日は街・博物館巡りという方法が筆者としてはおススメです。

本記事ではノルウェー ロフォーテン諸島のトレイルの中でも絶景が楽しめるトレイルの一つ、Nubbenへのトレッキングをレポートします。

ロフォーテン諸島での観光・宿泊・トレッキング・キャンプ等について以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はロフォーテン諸島の観光・宿泊・トレッキングのまとめを徹底解説します。

今回のトレイルトレッキング情報

まず、ロフォーテン諸島はどこにある?

上の地図上オレンジのピンがノルウェーロフォーテン諸島の中央にあるレクネス空港(LKN)です。

参考として、北欧4国の主要国際空港をブルーのピンで打ってみました。

北緯68度前後に位置しており、5月最終週(毎年5月26日前後)から7月中旬(毎年7月17日前後)まで白夜になります。真夜中でも沈まない太陽をみることができ、暗くなりません。

ノルウェー ロフォーテン諸島へのアクセスについては以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はこのロフォーテン諸島へのアクセスについて解説します。

次に、Nubbenの場所

Volandstindはロフォーテン諸島の中でFlakstadøya(フラクスタッド島)の西端に位置します。

ロフォーテン諸島に代表されるフィヨルドの風光明媚な風景を堪能できるトレイルはFlakstadøya(フラクスタッド島)にも多く存在します。ロフォーテン諸島VestvågøyにあるLeknes空港からもバスで1時間程度とアクセスも比較的容易です。豊富なトレイルだけでなく、Nursfjordに代表されるFishing villageもあって観光も楽しむことができます。

トレッキングルートと所要時間

今回トレッキングトレイルは以下になります。

Nubben登山口(11:00) → 山頂到着(11:40) → 山頂滞在30分 → 山頂から下り始め(12:10) → Volandstind登山口(12:40)

で、実質往路で40分、復路で30分、片道距離で約700㎞、高低差で約200mという行程になります。

なお、今回の「トレイルトレッキングTips」はページ最後に解説させていただきます。

トレッキングレポート

「Lydersen Rorbuer」に滞在し、天気のいい日を狙ってVolandstind、Nubben、Rytenあたりのトレッキングを行う予定で、前日にFredvang入りしました。

なお、今回の旅の交通手段はすべてローカルバスか徒歩です。ここロフォーテンはローカルバスの連携がうまくできていて、多少の待ち時間は発生しますがバスを乗り継ぐことで各地を渡り歩くことができます。

なお、Ryten登山口はFredvangにあり、Volandstind、NubbenはFredvangから橋を渡ったRamberg地区にあります。トレッキング以外に歩く距離が結構あるため一気に3つハシゴできるかどうかは天候次第です。

さて、今日は早朝にFredvangを出て徒歩でVolandstindに向かい無事登頂の後、下ってきました(午前10:00)。天気もまずまずのため、このままRamberg方面に徒歩で向かい続けてNubbenへのトレッキングをすることにしました。

では今回のトレッキングの様子をレポートしていきます。

Volandstindの登山を終え、今からRamberg方面に歩いて向かいます。

途中、Skulpturlandskapがあります。国際的にも極めて評価の高い日本を代表する彫刻家Toshikatsu Endo氏のEpitaphという作品です。

E10に戻ってきました。Ramberg方面に向かって歩き続けます。中央に見えているちょっと変わった形の壁がNubbenです。

時々雲が切れて太陽の光が差し込みます。E10からVolandstindを眺めます。このあたりは干しダラが沢山干してある場所です。辺りに漂う干し魚の臭いも忘れることの無い臭いです。やはりロフォーテンはレンタカーより歩きや自転車の方がその土地その土地での自然を肌で感じることができます。

Nubbenの壁を右に見ながら歩いていきます。Rambergのスーパ―等がある場所まであと約1㎞です。

Rambergの中心部に到着しました。左にはRambergのバス停、ガソリンスタンド、スーパー、ツーリストインフォメーションがあります。Nubbenへはここで右に曲がります。

ここからNubben登山開始です。他のロフォーテンのトレッキングトレイルと同じく登山口サイン等は一切ありません。

しばらく進んでいると、左にトレイルが出てきます。ここで左を選択します。

トレイル最初はこのようになっています。先にある貯水槽を超えたあたりから上りが急になってきます。

不気味に直角にそびえ立つNubbenに向かって急な登りを登り始めます。

たまに、トレイル外の方が登るのが簡単じゃないかと思うこともあるのですが、自然保護のために新たな踏み跡をなるべく作らないように、というのがロフォーテンのトレイルトレッキングのルールだったりします。

結構登ってきました。Rambergエリアが見えています。

トレイル終盤です。この登りを上り終えたら頂上まですぐです。雨が降った後などは土の上り坂はかなり滑りやすいので注意が必要です。傾斜は結構急です。

最後の急登を登りきったら、まず飛び込んでくるのが正面の景色です。今朝登ったVolandstindがドーンと見えています。

左を見るとMoltind方向なのですが、今日は厚い雲がかかってどうやら雪が降っているようです。全く山頂が見えません。今回はMoltind登山は諦めることにしました。

VolandstindとFredvangエリアを眺めます。

Rambergエリア(手前)と対岸のFredvang(向こう側)を見渡すことができます。

Rambergビーチの綺麗に見えています。

景色に見とれていたら、対岸のFredvang上空にあった雨雲が濃くなって行きFredvang上空で強い雨が降り出したのがわかりました。風向きはこちら向きですので、確実にこれはこちらにやってきます。もうお馴染みですが、ロフォーテン特有の急に変わる天気です。ダウンとレインジャケットを着こみ、ザックカバーをかけて岩陰に身を潜めて雨が過ぎ去るのを待つことにしました。

身を潜めて待つこと20分、嵐のようなにわか雨が過ぎ去りました。絶景を満喫しましたのでそろそろ下山することにします。

下りの最中も時々小雨に降られました。Nubbenのトレイルは土の部分も多いので足元が結構ドロドロになります。

両足ともふくらはぎから下はドロドロに汚れます。短パン+スパッツのトレッキングよりは長ズボンのトレッキングをおススメします。

今回のトレッキングは実質登りで40分、下りは30分、片道距離で約700m、高低差で200mという行程でした。

今回のトレイル、その他の写真

NubbenからVolandstindを望む

Tips

・ロフォーテンでのトレイルトレッキング前に必ずyr.noで天気予報チェック。yr.noは3時間毎の天気予報を出しており、ノルウェー北部にはめっぽう強いです。トレッキングの予定を立てる際には、少なくともちょうど登頂する時間帯には晴れ間が期待できる予報内容でありたいものです。

・ローカルバスと徒歩でロフォーテンを旅する場合は、Volandstind、Nubben、Rytenの登山をする場合はFredvangもしくはRamberg辺りに宿泊しておくと徒歩で登山口に向かうことができます。

・Ramberg⇒Fredvang方面へのアクセスは、せめてRamberg⇒Fredvang kryss間をローカルバスで移動した方が楽ですので、Rambergでのバスの時刻表をチェックしておくことをお勧めします。なお、Rambergにはタクシー会社のオフィスがあるのでローカルバスに乗れなくてもタクシーでRamberg⇒Fredvangに向かうという方法もあります(片道料金190~200NOK)。

・ロフォーテンのトレイルトレッキング全般に言えることですが、時に凄まじいにわか雨・雪、突風が吹き荒れますのでザックカバー、防水のレインジャケット・レインパンツは必須です。

・これもロフォーテンのトレイル全般に言えることですが、トレイルの方向を示すマークはないので、GPSの効くスマートフォンはほぼ必須。驚くほど正確に世界中のトレイルを網羅している「maps.meアプリ」の使用が非常に有用。

最後に

いかがでしたか?ノルウェー ロフォーテン諸島 トレッキング Nubben編をレポートしました。Nubbenからは素敵な形のVolandstindを望むことができ、海側をみるとRambergのビーチが綺麗に見えます。終始傾斜がすこし急ではありますが、距離もそこまで長くなく比較的登りやすいトレッキングルートです。なお、FredvangもしくはRambergに宿泊しておくと徒歩圏内で登山口に向かうことができます。ロフォーテン諸島に行かれる場合はNubbenのトレッキングも検討してみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする