溜息が出る美しさ!ノルウェー ロフォーテン諸島トレッキング三昧!Volandstind編

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。入り組んだ海岸線と多くの山々で風光明媚なフィヨルドを形成し、見る者が立っている標高に関わらずその景色はどこをみても溜息がでるほど美しいといっても過言ではありません。

ロフォーテン諸島は5つの島からなっており、今ではすべての島に橋がかかり道路がつながっています。旅行雑誌等では「この島々を巡るにはレンタカーが必要」などとよく言われますが、目的地を絞りローカルバスの連携を生かせばレンタカーは必ずしも必要ではありません。

この魅力いっぱいのロフォーテン諸島を存分に楽しむためには、晴れた日はトレッキング・ワイルドキャンプ、雨の日は街・博物館巡りという方法が筆者としてはおススメです。

本記事ではノルウェー ロフォーテン諸島のトレイルの中でも絶景が楽しめるトレイルの一つ、Volandstindへのトレッキングをレポートします。

ロフォーテン諸島での観光・宿泊・トレッキング・キャンプ等について以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はロフォーテン諸島の観光・宿泊・トレッキングのまとめを徹底解説します。

今回のトレイルトレッキング情報

まず、ロフォーテン諸島はどこにある?

上の地図上オレンジのピンがノルウェーロフォーテン諸島の中央にあるレクネス空港(LKN)です。

参考として、北欧4国の主要国際空港をブルーのピンで打ってみました。

北緯68度前後に位置しており、5月最終週(毎年5月26日前後)から7月中旬(毎年7月17日前後)まで白夜になります。真夜中でも沈まない太陽をみることができ、暗くなりません。

ノルウェー ロフォーテン諸島へのアクセスについては以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はこのロフォーテン諸島へのアクセスについて解説します。

次に、Volandstindの場所

Volandstindはロフォーテン諸島の中で北東端のAustvågøya(アウストヴォーグ島)の南端に位置します。

ロフォーテン諸島に代表されるフィヨルドの風光明媚な風景を堪能できるトレイルはFlakstadøya(フラクスタッド島)にも多く存在します。ロフォーテン諸島VestvågøyにあるLeknes空港からもバスで1時間程度とアクセスも比較的容易です。豊富なトレイルだけでなく、Nursfjordに代表されるFishing villageもあって観光も楽しむことができます。

トレッキングルートと所要時間

今回トレッキングトレイルは黄色のマーカーの部分になります。

Fredvangの「Lydersen Rorbuer」→ Volandstind登山口(約5.2km、徒歩1時間10分) 

Volandstind登山口(6時20分) → 山頂到着(8:00) → 山頂滞在1時間 → 山頂から下り始め(9:00) → Volandstind登山口(10:00)

で、実質往路で1時間40分、復路で1時間、片道距離で約2.5㎞、高低差で約400mという行程になります。

なお、今回の「トレイルトレッキングTips」はページ最後に解説させていただきます。

トレッキングレポート

前日、Festvågtindや風光明媚な景色を楽しんだヘニングスヴェル(Henningsvær)からLeknes経由でFredvangにやってきました。

なお、今回の旅の交通手段はすべてローカルバスです。ここロフォーテンはローカルバスの連携がうまくできていて、多少の待ち時間は発生しますがバスを乗り継ぐことで各地を渡り歩くことができます。

今回はFredvangの「Lydersen Rorbuer」に滞在し、天気のいい日を狙ってVolandstind、Nubben、Rytenあたりのトレッキングを行う予定です。

なお、Ryten登山口はFredvangにあり、Volandstind、NubbenはFredvangから橋を渡ったRamberg地区にあります。トレッキング以外に歩く距離が結構あるため一気に3つハシゴできるかどうかは天候次第です。

では今回のトレッキングの様子をレポートしていきます。

yr.noでFredvang~Rambergの天気予報を念入りにチェックして、朝早くにFredvangを出発してまずVolandstindに向かうことにしました。予報通りいけばちょうど登頂するくらいの時刻には少しでも天気が良さそうという希望を持って歩きます。

なお、真ん中の尖がった山がVolandstindで、今から登る山です。

近そうに見えて意外と距離があります。ひたすら橋の上を歩いていきます。

振り返ってFredvang方向を見ると、それなりに距離があることが良くわかります。

Fredvang kryssという場所になります。E10とFredvang方面への道路の交差点になります。手前にある小屋はFredvang Kryssバス停です。Volandstind登山口へはここで左方向(Svolvær方向)に進みます。

ロフォーテンで良く見る景色の一つ、路肩で野営している人も結構います。

E10を歩いていきます。朝早いので車もほとんど通りません。

しばらく歩くとE10とSkjelfjord方面への道路の交差点になりますので、ここで右へ曲がります。

ここからはSkjelfjord方面に向かって歩きます。

しばらく歩くと、干しダラが沢山干してある場所が見えてきます。ちょうどこの向かい側がVolandstind登山口です。

Volandstind登山口です。登山口といっても筆者が個人的に名付けているだけで、相変わらずロフォーテンにはトレッキング開始のマークもサインも何もありません。maps.meアプリなどを使用して、草の踏み跡と照らし合わせながらトレッキングを開始します。

トレイル序盤は緩やかな土の登り道です。

フィヨルド独特の景色を見ながら緩やかに登っていきます。

トレイル序盤にちょっとした渡渉もあります。

渡渉の後すぐに小屋を通過します。

小屋から見るフィヨルドの景色も絶景です。

小屋を過ぎてから少しずつ傾斜は急になっていきます。ぬかるみも多く結構足をとられるので注意です。

トレイル中盤にも一回渡渉があります。この後徐々にまた傾斜がきつくなっていきます。

トレイルも終盤に入っていきます。だいぶ登ってきましたので、このあたりから周りの景色もよく見えるようになってきます。

進行方向右側の景色です。晴れていたらもっと綺麗なはずですが、今朝は雲がかかって少し残念です。

どんどん上へ登っていきます。登っても登っても新な行く先が出現します。

進行方向左を見ると雲があるのが残念ですが、山々のピークが海に浮かんでいるような景色です。

来た道を振り返っても中々の絶景です。このあたりからトレイル脇に雪が出始めました。

決して確実な足場ではないので、天気がそこまで悪くない内に登り切りたいところです。

トレイルの途切れる終点まできました。Ramberg方面の眺めです。

Fredvang方面を眺めようとすると、なんと先にもう一つピークがある!

しかもその先には雨雲と確実に雨が降っている様子が肉眼でもわかります。

ここまで来たらFredvang方面を見たい、ということでこの先のピークを登るルートを慎重に探します。

非常に滑りやすい足場ですが、注意してよじ登っていきます。

登り切りました。さっきまで海上にあった雨雲と雨がもう目の前に迫ってきています。

間に合いました、すぐにダウンとレインジャケットを着用し、ザックカバーを掛けます。

岩陰に身を潜めて雨雲が通り過ぎるのを待ちます。視界は真っ白です。

雨ではなく、雪でした。ほんとうにロフォーテンでは天気がコロコロ良く変わります。

嵐のようなにわか雪が過ぎ去りFredvang方面を見てみました。雨雲は当分来なさそうです。晴れてくるのをしばらく待つことにしました。しかしこの場所は非常に狭い頂点ですので強風でバランスを崩して滑落しないように注意が必要です。

上空に雲があるとないとで海の色が全く違います。撮影したいポイントの上空に雲がなくなるまで辛抱強く待ちましょう。

晴れるのを待って粘ること40分、雲が切れた瞬間に撮影しました。太陽の光が差し込むと綺麗な海の色を見ることができます。

Ramberg方面を眺めています。薄い雲が充満してきましたので、今回はこれで下山することにしました。

下山を開始します。最初足場に注意です。

絶景を見ながら下っていきます。

山々が連なっているこの景色も非常に綺麗です。

なお、下山中にも嵐のようなにわか雨にしっかり降られました。。もうロフォーテン恒例です。

Volandstind登山口に戻ってきました。今回のトレッキングは実質登りで1時間40分、下りは1時間、片道距離で2.5㎞、高低差で400mという行程でした。

Tips

・ロフォーテンでのトレイルトレッキング前に必ずyr.noで天気予報チェック。yr.noは3時間毎の天気予報を出しており、ノルウェー北部にはめっぽう強いです。トレッキングの予定を立てる際には、少なくともちょうど登頂する時間帯には晴れ間が期待できる予報内容でありたいものです。

・ローカルバスと徒歩でロフォーテンを旅する場合は、Volandstindの登山をする場合はFredvangもしくはRamberg辺りに宿泊しておくと徒歩で登山口に向かうことができます。

・ロフォーテンのトレイルトレッキング全般に言えることですが、時に凄まじいにわか雨・雪、突風が吹き荒れますのでザックカバー、防水のレインジャケット・レインパンツは必須です。

・これもロフォーテンのトレイル全般に言えることですが、トレイルの方向を示すマークはないので、GPSの効くスマートフォンはほぼ必須。驚くほど正確に世界中のトレイルを網羅している「maps.meアプリ」の使用が非常に有用。

その他、今回のトレイルでの写真

トレイル下り右方向、Torsfjorden、Krystad方面の眺め

最後に

いかがでしたか?ノルウェー ロフォーテン諸島 トレッキング Volandstind編をレポートしました。Volandstind頂上からは海側を見るとFredbvangエリアとそこに架かる橋の絶景、海と反対側を見ると「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるフィヨルドの絶景を眺めることができます。距離もそこまで長くなく比較的登りやすいトレッキングルートです(頂上付近は険しいので注意)。なお、FredvangもしくはRambergに宿泊しておくと徒歩圏内で登山口に到達できます。ロフォーテン諸島に行かれる場合は Volandstindのトレッキングも検討してみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする