溜息が出る美しさ!ノルウェー ロフォーテン諸島トレッキング三昧!Reinebringen編

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。入り組んだ海岸線と多くの山々で風光明媚なフィヨルドを形成し、見る者が立っている標高に関わらずその景色はどこをみても溜息がでるほど美しいといっても過言ではありません。

ロフォーテン諸島は5つの島からなっており、今ではすべての島に橋がかかり道路がつながっています。旅行雑誌等では「この島々を巡るにはレンタカーが必要」などとよく言われますが、目的地を絞りローカルバスの連携を生かせばレンタカーは必ずしも必要ではありません。

この魅力いっぱいのロフォーテン諸島を存分に楽しむためには、晴れた日はトレッキング・ワイルドキャンプ、雨の日は街・博物館巡りという方法が筆者としてはおススメです。

本記事ではノルウェー ロフォーテン諸島のトレイルの中でも絶景が楽しめるトレイルの一つReinebringenへのトレッキングをレポートします。

ロフォーテン諸島での観光・宿泊・トレッキング・キャンプ等について以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はロフォーテン諸島の観光・宿泊・トレッキングのまとめを徹底解説します。

今回のトレイルトレッキング情報

まず、ロフォーテン諸島はどこにある?

上の地図上オレンジのピンがノルウェーロフォーテン諸島の中央にあるレクネス空港(LKN)です。

参考として、北欧4国の主要国際空港をブルーのピで打ってみました。

北緯68度前後に位置しており、5月最終週(毎年5月26日前後)から7月中旬(毎年7月17日前後)まで白夜になります。真夜中でも沈まない太陽をみることができ、暗くなりません。

ノルウェー ロフォーテン諸島へのアクセスについては以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はこのロフォーテン諸島へのアクセスについて解説します。

次に、Reinebringenの場所

Reinebringenはロフォーテン諸島の中でも一番南西端のMoskenesøya(モスケネス島)に位置します。

ロフォーテン諸島に代表されるフィヨルドの風光明媚な風景を堪能できるトレイルは比較的Moskenesøya(モスケネス島)に多く存在しています。Reinebringenもその内の一つです。またOld Fishing villageの「Å(オー、と発音します)」もモスケネス島にあり、トレイル以外にも観光を楽しめる場所がたくさんあります。

トレッキングルートと所要時間

今回トレッキングトレイルは

Reinebringen登山口(15:20) → 山頂到着(16:50) → 山頂滞在1時間 → 山頂から下り始め(17:50) → Reinebringen登山口(18:50)

で、実質往路で1時間30分、復路で1時間、片道距離で約1㎞、高低差で約380mという行程になります。

なお、今回の「トレイルトレッキングTips」はページ最後に解説させていただきます。

トレッキングレポート

前日のHorseid beachでのワイルドキャンプを終え、今朝レイネに帰ってきました。

一度ローカルバス18-742でレイネからSørvågenに戻り、Sørvågen innに荷物を置いて、シャワーを浴びた後、再度ローカルバス18-742で今度はHamnøyに向かうことにしました。

快晴ではありませんが、天気がそこそこ良いので今日はロルブーとのコンビネーションが綺麗な景色のHamnøyからReinebringen登山口まで歩いて(約5.5㎞)、それからReinebringen登山を行うこととしました。

HamnøyからReinebringenまで歩くとまさにこれぞロフォーテン!、という景色を満喫することができます。このルートについては以下に詳しくレポートしていますので是非ご覧ください。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はこれぞロフォーテン!な景色を楽しめるHamnøy~Reine間の散歩を紹介します。

では、今回はReinebringenのトレッキングを中心に写真を交えて解説していきます。

国道E10からReineに渡る交差点付近から眺めた景色です。象徴的な風景でまさにロフォーテンという雰囲気を満喫することができます。

国道E10です。Reineへは左へ、Reinebringen登山口へはそのまま直進して歩いていきます。ちなみに右の壁がReinebringenです。

E10 の歩道部分です。右のReinebringenの壁を見ながらまっすぐ歩いていきます。

しばらくすると車道はトンネルになります。歩道はトンネル左に逸れていく形でありますので、歩道を選択します。

トンネルに入らず、トンネル左の歩道をしばらく歩き続けます。

Reinebringen登山口に到着しました。歩道にも白線で矢印が描かれてますのでわかりやすいと思います。

Reinebringen登山口には写真のような衝立と警告板があります。警告板を拡大して見てみましょう。

警告板には、Reinebringenは険しく、地滑り、落石による自他の怪我の恐れが高いため、モスケネス自治体とローカルガイドとしてはこの山の登山を万人には勧めないということを述べています。

では、登山を開始します。トレイル序盤は森林の中を抜けていく感じになります。

まだトレイル序盤です。森林部を抜けたら石階段が始まります。

石階段を登った後に振り返った景色です。石階段以降は若干急な登りが始まります。

Reinebringenは景色だけでなくそのアクセスの簡単さから人気があり、天気が良ければ多くの人が登山を楽しみます。

振り返るとこれまた良い眺めです。

トレイル中盤から結構傾斜が急になってきました。手を効果的に使って登りましょう。

着きそうで着かない頂上です。まだまだ登りつづけます。

頂上までの最後の登りは2つのルートがあります。写真は右ルートです。かなり急な登りで実感的には垂直に近く、滑落しないように体を張りつかせるように登ることが必要です。2つのルートの内、左ルートは頂上より少し低い場所にアプローチするルートで右ルート程険しくありません。

右ルートを選択し慎重によじ登っていきます。足場の確保に細心の注意、手を掛ける場所にも気を使います。落石にも注意です。Reinebringenの頂上までもう少しです。

最後の急登を登り切りました。トップからのKvalvika地区の眺めです。

悲しいことに、登山開始時には良かった天気が筆者が登頂した時には悪化しており、Vindstad方向が雲で隠れて見れませんでした。

Reinebringenの眺めで特にすばらしいのはVindstad方向の景色ですので、次にチャンスがあれば晴れ渡った日にもう一度チャレンジしたいと思います。

今回はVindstad方向の眺めを諦めて、ReineやSakrisøya、Olenilsøya、Toppøya、Hamnøyを眺めることに専念することにしました。

Reinebringenのまさに頂上にやってきました。少し晴れ間が出て綺麗な海の色が見えます。

しばらくするとVindstad方向を充満していた厚い雲がこちらにやってきました。視界が真っ白になっていきます。

Vindstad方向は真っ白で、こちらも雲で視界が真っ白になりついには雪まで降ってくる始末。しばらく待ってみましたが一向に雲がなくなる雰囲気がないので、悔しいながら今回はこれで下山することにしました。

登りはとても良かった天気ですが、下りの際は天気は終始あまり良くありません。これ以上天気が悪化する前に登ってきた道を下った方がよさそうです。

Reinebringen登山口に戻ってきました。今回は登り1時間30分、下り1時間の行程でした。

この後、Reinebringen登山口からMoskenes経由でSørvågen innまで歩いて帰りました(約5.7㎞)。

Tips

・ロフォーテンでのトレイルトレッキング前に必ずyr.noで天気予報チェック。yr.noは3時間毎の天気予報を出しており、ノルウェー北部にはめっぽう強いです。

・白夜の期間は、天気予報次第では午後出発も戦略的には十分ありです。行き帰りにローカルバスを利用する場合は時刻表との兼ね合いを考える必要があります。それらを気にせずReinebringenの登山を楽しむならば、徒歩圏内の宿に宿泊しておくのも良い方法と思います。筆者のおすすめはReineエリアなら「Lofoten Bed & Breakfast Reine」、「May’s Apartments」、Sørvågenエリアなら「Sørvågen inn」です。これらはローカルバスのバス停にほど近く非常に便利な立地です。モスケネスエリアのトレッキングを楽しむ際のベースに適していると思います。

・ロフォーテンのトレイルトレッキング全般に言えることですが、時に凄まじいにわか雨・雪、突風が吹き荒れますのでザックカバー、防水のレインジャケット・レインパンツは必須です。

・これもロフォーテンのトレイル全般に言えることですが、トレイルの方向を示すマークはないので、GPSの効くスマートフォンはほぼ必須。驚くほど正確に世界中のトレイルを網羅している「maps.meアプリ」の使用が非常に有用。

その他、今回のトレイルでの写真

最後に

いかがでしたか?ノルウェー ロフォーテン諸島 トレッキング Reinebringen編をレポートしました。Reinebringenは眺望が素晴らしいこと、アクセスが比較的簡単なことから人気のトレッキングルートです。最低Reine方向が晴れていたら十分絶景を眺めることができますが、天候条件が良ければ頂上からまさに「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われる絶景をみることができます(特にVindstad方向の眺め)。トレイル終盤は選択するルートによってはかなり険しくなりますので万人におススメするトレッキングルートではないのは確かですが、実際多くの人が登っています。ロフォーテン諸島に行かれる場合はReinebringenのトレッキングも検討してみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Ken より:

    初めまして。インスタグラムでトレイルランナーがReinebringenの写真を載せていて、素晴らしい景色に魅了されました。どこなのかなーとGoogleで調べていてこのブログに行きつきました。素晴らしいサイトですねー。まるで自分が行ったぐらいの気持ちになれます。

    • enjoytravelingsolo より:

      こちらこそ初めまして、コメント誠にありがとうございます。
      Vindstad方向が晴れていたらReinebringenの景色は言葉にできない美しさです!
      北欧のアウトドア好きのインスタグラムの中で、かなりの頻度でReinebringenの写真が出現するのも理解できます。
      その他のトレイルも絶景が多く、日本からは遠いのですがロフォーテン諸島はトレイルトレッキングが好きな方にはもってこいの場所だと思っています。
      ロフォーテンのアクセス等、その他の情報も順次UPしていきますのでどうぞご期待ください。

  2. Ken より:

    ほかのページも拝見しましたが、北欧でソロキャンプしてトレッキングして絶景を楽しむって、本当に最高の旅をされてますねー。私の理想形です。北欧の絶景とくにフィヨルドに魅せられるのはやはり山と海の距離が近いからんでしょうか?。ぜひ旅で訪れたいものです。またゆっくり沢山のページを楽しませていただきます。私の現在はソロキャンプじゃなくて近場の家族キャンプそしてトレッキングじゃなくて出張先の旅ランがやっとです^^

    • enjoytravelingsolo より:

      他のページもご覧いただき、コメント誠にありがとうございます。北欧の中でもノルウェーはフィヨルドがポイントで、他の北欧の国々にはない景色が広がっています。まさにおっしゃられる通り、急峻な山と海の距離が近いために独特の絶景を作り出しています。ソロ山行、ソロキャンプも良いですが、ご家族とのキャンプ、出張先での旅ラン、また違うアウトドアの楽しみ方でそちらも素晴らしいです!また色んな情報をUPしていきますので、引き続きお楽しみいただければ幸いです。