手段はトレッキングのみ!ノルウェー ロフォーテン諸島ワイルドキャンプ!Kvalvika beach編

「アルプスを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。入り組んだ海岸線と多くの山々で風光明媚なフィヨルドを形成し、見る者が立っている標高に関わらずその景色はどこをみても溜息がでるほど美しいといっても過言ではありません。

ロフォーテン諸島は5つの島からなっており、今ではすべての島に橋がかかり道路がつながっています。旅行雑誌等では「この島々を巡るにはレンタカーが必要」などとよく言われますが、目的地を絞りローカルバスの連携を生かせばレンタカーは必ずしも必要ではありません。

この魅力いっぱいのロフォーテン諸島の各地を今回実際にローカルバス・徒歩で巡り、晴れた日はトレッキング・ワイルドキャンプ、雨の日は街・博物館巡りという方法で楽しんでみました。

本記事ではノルウェー ロフォーテン諸島の中でも絶景を楽しむことができるビーチで、かつ車でアクセスすることが絶対に不可能なKvalvika beachへのトレッキング、そこでのワイルドキャンプをレポートします。

ロフォーテン諸島での観光・宿泊・トレッキング・キャンプ等について以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はロフォーテン諸島の観光・宿泊・トレッキングのまとめを徹底解説します。

今回のトレイルトレッキング情報

まず、ロフォーテン諸島はどこにある?

上の地図上オレンジのピンがノルウェーロフォーテン諸島の中央にあるレクネス空港(LKN)です。

参考として、北欧4国の主要国際空港をブルーのピンで打ってみました。

北緯68度前後に位置しており、5月最終週(毎年5月26日前後)から7月中旬(毎年7月17日前後)まで白夜になります。真夜中でも沈まない太陽をみることができ、暗くなりません。

ノルウェー ロフォーテン諸島へのアクセスについては以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はこのロフォーテン諸島へのアクセスについて解説します。

次に、Kvalvika beachの場所

Kvalvika beachはロフォーテン諸島の中でも一番南西端のMoskenesøya(モスケネス島)に位置します。

ロフォーテン諸島に代表されるフィヨルドの風光明媚な風景を堪能できるトレイルは比較的Moskenesøya(モスケネス島)に多く存在しています。Kvalvika beachもその内の一つです。またOld Fishing villageの「Å(オー、と発音します)」もモスケネス島にあり、トレイル以外にも観光を楽しめる場所がたくさんあります。

トレッキングルートと所要時間

今回のトレッキングトレイルは以下のようになります。

Ryten登山口出発(16:00) → 山頂到着(18:40) → 山頂から下り始め(19:00) → Kvalvika Beach(20:00) → Kvalvika beachで一晩ワイルドキャンプ → 翌朝Kvalvika beach出発(8:00 ) → Ryten登山口到着(10:30 )

Ryten登山口⇒Ryten山頂は実質登り約2時間30分(片道距離で4.7㎞、高低差で約600m)

Ryten⇒Kvalvika beachへは実質下り1時間(高低差約600m)

・Kvalvika beach⇒Ryten登山口へは序盤上り、後半下りで計2時間30分。

Rytenへのトレッキングについては以下に詳しくレポートしていますので是非ご覧ください。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はロフォーテン諸島トレッキングRyten編をレポートします。

なお、今回の「トレイルトレッキングTips」はページ最後に解説させていただきます。

トレッキングレポート

「Lydersen Rorbuer」に滞在し、天気のいい日を狙ってVolandstind、Nubben、Rytenあたりのトレッキングを行う予定で、前日にFredvang入りしました。

なお、今回の旅の交通手段はすべてローカルバスか徒歩です。ここロフォーテンはローカルバスの連携がうまくできていて、多少の待ち時間は発生しますがバスを乗り継ぐことで各地を渡り歩くことができます。

なお、Ryten登山口はFredvangにあり、Volandstind、NubbenはFredvangから橋を渡ったRamberg地区にあります。トレッキング以外に歩く距離が結構あるため一気に3つハシゴできるかどうかは天候次第です。

さて、今日は早朝にFredvangを出て徒歩でVolandstindNubbenに向かいそれぞれ続けて登頂下山を繰り返してきました午後になり天気も大きく崩れず、RambergからローカルバスでFredvang Kryssまで行き、Fredvang Kryssから徒歩でFredvangの「Lydersen Rorbuer」に戻ってきました。

Lydersen Rorbuerに戻ってから少し休憩し、天気予報(yr.no)を念入りにチェック。

明日の朝まで天気は崩れなさそう、ということで身支度をシャワーを浴びて身支度を整え、今日3つ目のトレッキングRytenに向けて出発しました。

今日はRyten登山の後、絶景で知られるKvalvika beachで翌朝までワイルドキャンプをする予定です。

Rytenへのトレッキングは以下に詳しくレポートしています。今回はRyten登頂まではダイジェスト版で紹介し、Ryten⇒Kvalvika beachへの行程以降を詳しくレポートします。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はロフォーテン諸島トレッキングRyten編をレポートします。

Ryten登山口です。例の如く特になにもサインはありません。普通自動車を2台止めることができるスペースがありました。

登山口からしばらく進むと、この柵(羊用の鉄線柵)を乗り越えて先に進みます。

今日登ったVolandstindやNubben、午前中は雪雲で覆われていたMoltindが良く見えます。

比較的平坦なトレイルを進んでいきます。

トレイルは次第に登りになっていきます。歩きやすい道です。

緩やかな上りが長く続きますが、疲れるような道ではありません。

今まで日陰になっていましたが、この登りを登り切ったら一気に太陽の光いっぱいの開けた場所に出ます。

一気に眺めが良くなりました。

Rytenへのトレイルは中盤になります。なだらかながらずっと登りが続きます。

湖の向こう側に降りていくとKvalvika beachへ向かう道になります。Rytenへは右の斜面を登っていくトレイルになります。

Ryten頂上へはこの登りをひたすら登っていきます。

登っている途中、左手にKvalvika beachの絶景が突然パッと開けました。

来た道を振り返ると、今日午前中は雲がかかっていたMoltindもバッチリ見えています。

また先があります。せっかくなので一番上(頂上)まで登ってみます。

Ryten頂上に到着しました。Mid Night Sunを見渡せる方角に完全に開けています。

Ryten頂上付近には平らな芝生の場所もあり、吹きっさらしになりますがMid Night Sunを見るためにここでテントを設営する選択肢もありそうです。

雲が多くなってきました。天気が悪化する前にRyten頂上を後にしてKvalvika beachに向かうことにします。

Ryten頂上からKvalvika beachはいくつかのショートカットルートがあり、自分のレベルにあったルートを見定めて降りていくことになります。

ココで重要ポイントです。それはこの小川の右側をキープしながら下ることです。筆者は最初小川の左側を下っていき、途中から絶壁になってしまいそれ以上下れなくなるという失敗をしてしまいました。

気を取り直して再度、ある程度登り直し、小川渡って左に小川を見ながら下り続けることにしました。

小川を左手に見ながら下ってきました。先ほどから雨が降っていて滑りやすいので注意して歩きます。

どこにテントを張ろうかと考えながら降りていきます。

皆思い思いの場所に自由にテントを設営しています。なるべく長時間太陽を見るならば方角的には手前より向こう側の芝生(写真中央奥)の方がベタ―です。

芝生部分を進むと、今晩は5~6個のテントが設営されていることがわかりました。各人好きなところに自由にテントを張っています。

深夜でも沈まない太陽を見たいならば、もうちょっと進んだ先にテントを張ったほうが良さそうです。もう少し進むことにします。

自分好みの場所を探したあと、テント設営を手早く済ませます。時刻は20時です。

たまに雲の切れ間から太陽の光が差して明るくなります。

少し休憩した後、辺りを散策してみることにしました。

Kvalvika beachからのRyten方向の眺めです。

Rytenと逆方向の眺めはこのようになっています。

一時良くなった天気でしたが、次第に雲が増えていき今晩はMidnight Sun(沈まない真夜中の太陽)を見れそうにありませんでした。いつものズボラクッキングの後テントの中から横になりながら海を眺めていたらそのまま気付かない内にしばらく寝ていました。

翌朝寝袋に入ったままコーヒを飲み、テントから海とRytenをしばらく眺めていました。

天気は今一つですが、今日は午前中にFredvangまで戻る予定です。

テントを撤収して、Kvalvika beachを出発します。

まだ朝早く皆寝ているようです。

昨日降りてきた道をまた登っていきます。名残惜しいですが、綺麗なKvalvika beachの景色に別れを告げます。

朝一から中々の登りです。

先程の登りを登り切ったら右に池(湖?)を見ながら緩やかにまた登っていきます。

登り切りました。今日はココから右方向、Ryten登山口方向に向かってあとはひたすら下っていきます。フィヨルド・ビーチのトレッキングは登った後すぐ同じ分下る、の繰り返しになることが多いです。地形上仕方ありません。

この下りも綺麗な景色をずっと見ながら進むことができます。

しばらく下っていると左にFredvangエリアが見渡せるようになってきました。

トレイルはFredvangエリアに向かって下っていきます。

このあたりは羊が自由に歩きまわっていました。子羊はこちらに興味津々です。

Kvalvika beachを出発して2時間30分、FredvangのRyten登山口まで戻ってきました。

その他、今回のトレイルでの写真

FredvangからKvalvika beachのみにアクセスするトレイルもあります。写真左端。

トレイル終盤、Fredvangエリアを望む。

Tips

・ロフォーテンでのトレイルトレッキング前に必ずyr.noで天気予報チェック。yr.noは3時間毎の天気予報を出しており、ノルウェー北部にはめっぽう強いです。トレッキングの予定を立てる際には、少なくともちょうど登頂する時間帯には晴れ間が期待できる予報内容でありたいものです。

・ローカルバスと徒歩でロフォーテンを旅する場合は、Volandstind、Nubben、Rytenの登山をする場合はFredvangもしくはRamberg辺りに宿泊しておくと徒歩で登山口に向かうことができます。

・白夜の期間は、天気予報次第では午後出発も戦略的には十分ありです。なお、Fredvangに宿泊しておくとどこからでもRytenやKvalvika beachへのアクセスに苦労しません。ローカルバスでReineやSørvågenなどのその他の地区からRytenに向かう場合は、最寄りのバス停はFredvang Kryssになり、Fredvang KryssからRyten登山口までは結構距離があります(5.2㎞、徒歩1時間10分)。これに比べるとRambergからタクシーを使用してFredvangにタクシーで来るという方法の方が良いかもしれません。こういった事情を踏まえて、Ryten登山を予定するならばFredvangに宿泊しておくというのが最もシンプルで簡単な方法です。

・ロフォーテンのトレイルトレッキング全般に言えることですが、時に凄まじいにわか雨・雪、突風が吹き荒れますのでザックカバー、防水のレインジャケット・レインパンツは必須です。

・これもロフォーテンのトレイル全般に言えることですが、トレイルの方向を示すマークはないので、GPSの効くスマートフォンはほぼ必須。驚くほど正確に世界中のトレイルを網羅している「maps.meアプリ」の使用が非常に有用。

最後に

いかがでしたか?ノルウェー ロフォーテン諸島 トレッキング Kvalvika beach編をレポートしました。何といってもRytenからのKvalvika beachの眺めも絶景ですが、実際Kvalvika beachに降りて行っても中々の絶景を眺めることができます。Rytenに登ってからのKvalvika beachへの道は決して楽ではありませんが、その苦労に見合う絶景を堪能することができます。また波の音だけを聞くワイルドキャンプもまさに大自然を感じることができます。ロフォーテン諸島に行かれる場合はKvalvika beachでのワイルドキャンプも検討してみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Ken より:

    こんな美しいビーチでのワイルドキャンプ楽しそうですねー。こういうところでのソロキャンプでのキャンプ飯も興味あります。また教えてください。

    • enjoytravelingsolo より:

      コメントありがとうございます。ロフォーテン諸島にある美しいビーチの中でも必ずトップ3に入るのがこのKvalvika beachで、車では行けずトレッキングで向かうしかないというのが綺麗な自然が残っている理由の一つでもあると思います。
      キャンプ飯ですが、恥ずかしながらノルウェーのスーパーで良く見かけるサバのトマト煮の缶詰を利用した超簡単パスタが自分のルーティンになっています。ノルウェーでのトレッキングによく持参する食べ物についての記事も後日アップしますのでご期待ください。