ノルウェー ロフォーテン 圧巻の漁業の歴史!Lofotmuseet!

どこをみても絶景を楽しめるロフォーテンですが、気候が崩れやすく毎日好天が続くわけではありません。天気が優れないときは博物館めぐりが楽しめるのもロフォーテンの素晴らしいところです。数あるロフォーテンの興味深い博物館の中の一つがLofotmuseetです。

今回はLofotmuseetを訪れましたので、実際の写真と解説を交えて紹介します。

まず、ロフォーテン諸島はどこにある?

上の地図上オレンジのピンがノルウェーロフォーテン諸島の中央にあるレクネス空港(LKN)です。

参考として、北欧4国の主要国際空港をブルーのピンで打ってみました。

北緯68度前後に位置しており、5月最終週(毎年5月26日前後)から7月中旬(毎年7月17日前後)まで白夜になります。真夜中でも沈まない太陽(Midnight Sun)をみることができ、暗くなりません。また、冬には太陽が地平線上に上がってこないPolar Night(12月9日から1月4日)を体験することができます。

ノルウェー ロフォーテン諸島へのアクセスについては以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はこのロフォーテン諸島へのアクセスについて解説します。

ロフォーテン諸島は主に5つの島からなる

東から順に

AustvågøyaSvolvær Airport(スヴォルヴェル空港)やロフォーテン最大の町Svolvær(スヴォルヴェル)、Kabelvåg、Henningsværの漁村があります。

GimsøyaAustvågøyaとVestvågøyに挟まれる小さな島ですが国道E10が走っていますので、ロフォーテンを移動する長距離バスは必ず通る島です。 

VestvågøyLeknes Airport(レクネス空港)やロフォーテン2番目に大きい街Leknes(レクネス)、Viking museumや南側にはバックパッカー御用達のStamsundのホステル、北側にはMidnight sunを眺める人気のEggum、東側にはHaukland BeachやUnstad Beachなど山と海のコンビネーションが絶景の場所が多くあります。

FlakstadøyaMoltindやVolandstind、Nubbenといった特徴的な形状の山、北にはMyrland beach、南にはNusfjordといった昔ながらの漁村など見どころが多い島です。

Moskenesøyaロフォーテンの最も端に位置する島です。RytenにKvalvika beach、Horseid beach、Bunes beachにHelvestindという絶景の海と山のコンビネーションが北にあり、南にはレイネの村とインスタでも超人気のReinebringen、ロフォーテンの象徴ともいえるロルブーが多く並ぶHamnøyや、漁村自体を博物館にしている村Å (オー)など、最もロフォーテンの見どころがぎっしり詰まっている島です。

となります。

(小さい島々は他にありますが、今回は主な5つを説明しました。)

絶景のロフォーテンをもっと詳しく!

空港や博物館、トレッキングやワイルドキャンプをする上での要所となる部分にピンを打ってみました。上のピンの場所以外にもトレッキングの絶景場所はありますが、すべて打つとわかりにくくなるので今回は筆者の独断で主なものに絞っています。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はロフォーテン諸島の観光・宿泊・トレッキングのまとめを徹底解説します。

Lofotmuseetへのアクセス

国道E10沿いの「Kabelvåg (Vågan)バス停」が最寄りバス停になります。そこから南に歩いて800m程度の距離にLofotmuseetがあります。また、Kabelvågの町の中心にあるバス停「 Kabelvåg sentrum (Vågan)バス停」や国道E10 沿いのバス停「Marithaugen (Vågan)バス停」、 Kabelvågのホステル「Lofoten Vandrerhjem Kabelvåg」に最寄りの「Kjerkvågen (Vågan)バス停」からも徒歩で行くことができる距離にあります。

国道E10沿いの「Kabelvåg (Vågan)バス停」が最寄りバス停になります。そこから南に歩いて行きます。上の写真で言うところの左に入っていきます。

住宅街になっている部分を通り抜けていきます。

Lofotmuseetの敷地内に入ってきました。看板が目印です。

ロフォーテン博物館とロフォーテン水族館、人気のNyvågar Rorbuhotell – by Classic Norwayなどが同じ大きな敷地内にあります。

Lofotmuseet

さあ、Lofotmuseetに行ってみましょう。

敷地内に入って左の建物の間に入場券の販売場所への小道があります。

小道の右側の建物が受付です。暖かい雰囲気の木の香りがする建物の中には所せましとお土産が陳列されています。

受付の建物の向かいには当時の台所や穀物の貯蔵する場所の展示があります。

中に入ってゆっくり間近に見ることができます。

では敷地内の他の建物に行ってみます。

こちらの建物の中には近代におけるロフォーテンの歴史を示す貴重な写真、家具などが内部に展示されています。

ヴァイキング時代の船、それ以降の船、漁業が発展するうえでの重要な人物などの紹介がされています。

この部屋にはロフォーテンの日常また、当時の漁業に携わる人々の写真が展示されています。

ロルブーがあってたらが干されていて、背後に山がある光景は今のロフォーテンもかわりません。

タラ漁で漁業が盛えたロフォーテンの当時の写真もあります。タラ漁の一部始終についてはStockfish museumのレポートで詳しく解説していますのでよろしければご覧ください。

こちらの建物には先ほどよりもさらに古いロフォーテンの漁業の歴史が展示されてあります。

このように再現してリアルに展示されています。

この光景は今でもロフォーテンでは2月以降~初夏までに見ることができる光景ですね。

当時の船も展示されています。

これらの木製機械についてはStockfish museumでも説明があったものがいくつかあります。

どのようにタラ漁を行っていたかの説明が写真とともにあります。

また別の建物には漁業に使用された動力部の歴史を展示した部分もあります。

各種動力部のみが展示されており、説明がありましたがこの部分に関してはノルウェー語のみであったかもしれません。

敷地内を歩いていくと屋根に芝生が植えられた建物のが先に見えてきます。

ここでは漁での宿泊場所の展示になっているようです。

当時複数人が宿泊できるようになっており、屋根裏にも登れるような建物であったようです。

また別の棟にも当時の宿泊場所に使用された建物が展示されています。

複数人が宿泊できるような小屋になっていたことがわかります。

小屋の展示を見終わったらボート小屋に行ってみることにします。

船が収納されているボート小屋です。入ってみましょう。

漁に使用された船の展示がされてあります。

ボート小屋は水際に接して建っており、先のシャッターを開けるとすぐに湖面・海面に船が出せるようになっている仕組みです。
 
Stockfish museumやViking museumでも展示されていたものと重なる領域の展示もありますが、ここは船の展示と当時の写真の展示に関しては他の博物館に勝る内容の充実度だと思いまいした。ロフォーテンを訪れた際は上記の2つの博物館とともに訪れたいオススメの博物館です。
 
 

最後に

いかがでしたか?ノルウェー ロフォーテンのLofotmuseet。どこをみても絶景を楽しめるロフォーテンですが、気候が崩れやすく毎日好天が続くわけではありません。天気が優れないときは博物館めぐりが楽しめるのもロフォーテンの素晴らしいところです。数あるロフォーテンの興味深い博物館の中の一つがLofotmuseetです。ロフォーテンの中でもオススメの博物館の一つです。是非ロフォーテンに訪れることがあればこの博物館にも訪れてみてくださいね。

museumnord.noでのLofotmuseetの紹介はこちら

 
 
スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする