ノルウェー ロフォーテン歴史が学べるFishing Village Museum Å!

どこをみても絶景を楽しめるロフォーテンですが、気候が崩れやすく毎日好天が続くわけではありません。天気が優れないときは博物館めぐりが楽しめるのもロフォーテンの素晴らしいところです。数あるロフォーテンの興味深い博物館の中の一つがFishing Village Museum Åです。

今回はFishing Village Museum Åを訪れましたので、実際の写真と解説を交えて紹介します。

まず、ロフォーテン諸島はどこにある?

上の地図上オレンジのピンがノルウェーロフォーテン諸島の中央にあるレクネス空港(LKN)です。

参考として、北欧4国の主要国際空港をブルーのピンで打ってみました。

北緯68度前後に位置しており、5月最終週(毎年5月26日前後)から7月中旬(毎年7月17日前後)まで白夜になります。真夜中でも沈まない太陽(Midnight Sun)をみることができ、暗くなりません。また、冬には太陽が地平線上に上がってこないPolar Night(12月9日から1月4日)を体験することができます。

ノルウェー ロフォーテン諸島へのアクセスについては以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はこのロフォーテン諸島へのアクセスについて解説します。

ロフォーテン諸島は主に5つの島からなる

東から順に

AustvågøyaSvolvær Airport(スヴォルヴェル空港)やロフォーテン最大の町Svolvær(スヴォルヴェル)、Kabelvåg、Henningsværの漁村があります。

GimsøyaAustvågøyaとVestvågøyに挟まれる小さな島ですが国道E10が走っていますので、ロフォーテンを移動する長距離バスは必ず通る島です。 

VestvågøyLeknes Airport(レクネス空港)やロフォーテン2番目に大きい街Leknes(レクネス)、Viking museumや南側にはバックパッカー御用達のStamsundのホステル、北側にはMidnight sunを眺める人気のEggum、東側にはHaukland BeachやUnstad Beachなど山と海のコンビネーションが絶景の場所が多くあります。

FlakstadøyaMoltindやVolandstind、Nubbenといった特徴的な形状の山、北にはMyrland beach、南にはNusfjordといった昔ながらの漁村など見どころが多い島です。

Moskenesøyaロフォーテンの最も端に位置する島です。RytenにKvalvika beach、Horseid beach、Bunes beachにHelvestindという絶景の海と山のコンビネーションが北にあり、南にはレイネの村とインスタでも超人気のReinebringen、ロフォーテンの象徴ともいえるロルブーが多く並ぶHamnøyや、漁村自体を博物館にしている村Å (オー)など、最もロフォーテンの見どころがぎっしり詰まっている島です。

となります。

(小さい島々は他にありますが、今回は主な5つを説明しました。)

絶景のロフォーテンをもっと詳しく!

空港や博物館、トレッキングやワイルドキャンプをする上での要所となる部分にピンを打ってみました。上のピンの場所以外にもトレッキングの絶景場所はありますが、すべて打つとわかりにくくなるので今回は筆者の独断で主なものに絞っています。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はロフォーテン諸島の観光・宿泊・トレッキングのまとめを徹底解説します。

Fishing Village Museum Åへのアクセス

国道E10の最西南端、ロフォーテンの最西南端でもあるÅ i Lofotenバス停でバスを降ります。写真に写っているのが300番バスで、ここで折り返してNarvikに向かいます。

バス停を降りたらあたり一面干しタラの匂いでいっぱいの場所になります。筆者のバックパックもこの後1か月はタラの匂いが染みついてとれませんでした。

 Fishing Village Museum Åへは写真都央の小道を進んでいくことになります。

Fishing Village Museum Å

バス停から小道を進んでいき、まず①のマークがついている受付に行って入場料を支払いましょう。

Buikken=お店です。この建物の中に売店があってそこで入場料を支払います。

では入ってみましょう。

売店では敷地内のロルブーで過ごす人ように食料・生活用品が販売されています。

お土産や釣り用品、ガスコンロから魔法瓶も販売されています。レジで入場料を支払いましょう。

では、②の建物に行ってみます。②は郵便局でだった場所です。

郵便窓口がそのまま当時のまま保存されています。

雰囲気のある当時のまま保存されています。

郵便局の部屋の中にも入ることができます。

電話などもそのまま展示されています。

③の建物は漁師の家族の家です。では入ってみましょう。

男は漁師、妻は織物という分担がなされていたようです。これはロフォーテンの他の博物館でも見られる展示でもあります。

④の建物はボートハウスです。では入ってみましょう。

当時漁で使用されていたボートがそのまま保管されています。

2階にも上がることができ、そこには漁で使用する網やかごなどの展示がされています。

⑤に向かう際に、ホステルの受付を通過します。

⑤の建物はタラの肝油を作成する場所です。入ってみましょう。

タラの肝油を作成するための多様な道具が展示されてあります。

Viking MuseumでもあったSMIEです。製鉄・鍛冶場です。

漁やその後のタラの輸出までに必要だった鉄部品を作成していた場所です。

⑧の建物はベーカリーになっています。入ってみましょう。

この日は雨が降っていたこともあり屋内のベーカリーは盛況でした。

⑨はフィッシャーマンキャビン(漁師小屋)といわれるロルブーです。先に見えるロルブーは宿泊可能になっている、Å Rorbuerです。

Å Rorbuerです。いろんなタイプのロルブーがあります。

Å Rorbuer
以下のサイトでの宿泊施設の紹介(レビュー・施設情報)を見てみる。(予約も可能)
Booking.com Expedia  TripAdvisor

また別の通りには素敵なレストランを備えたBrygga Hotel and Restaurantがあります。

Brygga Hotel and Restaurant
以下のサイトでの宿泊施設の紹介(レビュー・施設情報)を見てみる。(予約も可能)
Booking.com Expedia  TripAdvisor

敷地内を歩いているとロフォーテンの象徴ともいえる干しタラを間近に見えるポイントがいくつもあります。

ボートハウスにはタラの頭だけが吊るされていました。なかなかの迫力です。

 

最後に

いかがでしたか?ノルウェー ロフォーテンのFishing Village Museum Å。どこをみても絶景を楽しめるロフォーテンですが、気候が崩れやすく毎日好天が続くわけではありません。天気が優れないときは博物館めぐりが楽しめるのもロフォーテンの素晴らしいところです。数あるロフォーテンの興味深い博物館の中の一つがFishing Village Museum Åです。ロフォーテンの中でもオススメの博物館の一つです。是非ロフォーテンに訪れることがあればこの博物館にも訪れてみてくださいね。

VisitNorway.comでのFishing Village Museum Åの紹介はこちら

 
スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする