溜息が出る美しさ!ノルウェー ロフォーテン 交通の要 Leknes (レクネス)特集!

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。入り組んだ海岸線と多くの山々で風光明媚なフィヨルドを形成し、見る者が立っている標高に関わらずその景色はどこをみても溜息がでるほど美しいといっても過言ではありません。

ロフォーテン諸島は5つの島からなっており、今ではすべての島に橋がかかり道路がつながっています。旅行雑誌等では「この島々を巡るにはレンタカーが必要」などとよく言われますが、目的地を絞りローカルバスの連携を生かせばレンタカーは必ずしも必要ではありません。

この魅力いっぱいのロフォーテン諸島を存分に楽しむためには、晴れた日はトレッキング・ワイルドキャンプ、雨の日は街・博物館巡りという方法が筆者としてはおススメです。

今回はロフォーテン諸島の交通の要、Leknes(レクネス)の町について取り上げます。

まず、ロフォーテン諸島はどこにある?

上の地図上オレンジのピンがノルウェーロフォーテン諸島の中央にあるレクネス空港(LKN)です。

参考として、北欧4国の主要国際空港をブルーのピンで打ってみました。

北緯68度前後に位置しており、5月最終週(毎年5月26日前後)から7月中旬(毎年7月17日前後)まで白夜になります。真夜中でも沈まない太陽(Midnight Sun)をみることができ、暗くなりません。また、冬には太陽が地平線上に上がってこないPolar Night(12月9日から1月4日)を体験することができます。

ノルウェー ロフォーテン諸島へのアクセスについては以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はこのロフォーテン諸島へのアクセスについて解説します。

ロフォーテン諸島は主に5つの島からなる

東から順に

AustvågøyaSvolvær Airport(スヴォルヴェル空港)やロフォーテン最大の町Svolvær(スヴォルヴェル)、Kabelvåg、Henningsværの漁村があります。

GimsøyaAustvågøyaとVestvågøyに挟まれる小さな島ですが国道E10が走っていますので、ロフォーテンを移動する長距離バスは必ず通る島です。 

VestvågøyLeknes Airport(レクネス空港)やロフォーテン2番目に大きい街Leknes(レクネス)、Viking museumや南側にはバックパッカー御用達のStamsundのホステル、北側にはMidnight sunを眺める人気のEggum、東側にはHaukland BeachやUnstad Beachなど山と海のコンビネーションが絶景の場所が多くあります。

FlakstadøyaMoltindやVolandstind、Nubbenといった特徴的な形状の山、北にはMyrland beach、南にはNusfjordといった昔ながらの漁村など見どころが多い島です。

Moskenesøyaロフォーテンの最も端に位置する島です。RytenにKvalvika beach、Horseid beach、Bunes beachにHelvestindという絶景の海と山のコンビネーションが北にあり、南にはレイネの村とインスタでも超人気のReinebringen、ロフォーテンの象徴ともいえるロルブーが多く並ぶHamnøyや、漁村自体を博物館にしている村Å (オー)など、最もロフォーテンの見どころがぎっしり詰まっている島です。

となります。

(小さい島々は他にありますが、今回は主な5つを説明しました。)

絶景のロフォーテンをもっと詳しく!

空港や博物館、トレッキングやワイルドキャンプをする上での要所となる部分にピンを打ってみました。上のピンの場所以外にもトレッキングの絶景場所はありますが、すべて打つとわかりにくくなるので今回は筆者の独断で主なものに絞っています。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はロフォーテン諸島の観光・宿泊・トレッキングのまとめを徹底解説します。

ロフォーテンの交通の要「Leknes(レクネス)」

左から順に、Å、Leknes、Svolvaer、Narvikにピンを打ってみました。

ちなみに距離としては

Å~Leknes:65㎞ (車で1時間10分)

Leknes~Svolvaer:68㎞ (車で1時間10分)

Svolvaer~Narvik:221㎞ (車で3時間30分)

になります。

ロフォーテンを観光・トレッキングして楽しむならば筆者がLekneをオススメする理由は、その場所的なメリット(ロフォーテンの中央)という面が大いにあります。

Leknes空港からLeknesの街中心までをどう移動するか

下にLeknes空港からLeknesバスターミナルまでのポイントをマップで示してみました。

距離としては1.5㎞、アップダウンはそんなにありません。バックパックならば歩行は問題ありませんがスーツケースならばちょっとキツイかもしれません。

Leknes空港に降り立ちました。空港の前には一般+レンタカー用の駐車場です。ここから今回はレクネスの町まで1.5km歩いて向かってみます。

レンタカー用の駐車場を右に見ながら緩やかな坂を下っていきます。

緩やかな坂をのんびり下っていきます。

国道E10 との交差点が見えてきました。左に行けばスヴォルヴェル方面、右に行けばレクネス方面です。今回はレクネスの町に向かいますのでここで右に向かいます。

先ほどのT字交差点を左に曲がるとすぐ、国道E10 沿いにバス停のマークが出てきます。これが「Lufthavnveien kryss (Vestvågøy)」バス停です。300番バスなどが停車してLeknesやÅ方面に向かいます。Lufthavnが空港、kryssが交差点の意味です。

国道E10 をレクネス方向に向かって歩いています。車道とセパレートして歩道があります。

先ほどの歩道から国道E10の下を潜る通路がありそこを通って少し歩けばLeknesの町に入ってきます。左に大型ショッピングモールEXTRAが見えてきました。

Leknesの町の各ポイント

ショッピングモール EXTRA

E10からLeknesの町に入っていくとすぐ左にあるのが「ショッピングモールEXTRA」です。一階に食料品を扱う大型のスーパーマーケットがあって、ここでトレッキングやキャンプの食料の調達を多くの人が訪れます。

EXTRAの一階のスーパーマーケットです。物価の高いノルウェーの中でも比較的ディスカウント価格でいろんな食材を販売しています。

いろんなパンから乳製品・生鮮野菜もありトレッキング・キャンプ客はもちろん地元の人々も多く利用しているスーパーマーケットです。

では、2階に行ってみましょう。

2階にはアウトドア・スポーツ用品店の「Sport1」があります。飛行機でレクネスまで来たトレッキング・キャンプ客がここに立ち寄る理由は次の写真。

PRIMUSのガス缶を通常用、寒冷地用ともに1年を通して販売しています。飛行機ではガス缶を持ち込めませんので、トレッキング・キャンプをする上で必須のガス缶をここに買い求めにくる客が多くいます。

他にも多くのアウトドア用品を販売していますので、立ち寄るだけでもワクワクする場所です。何か忘れたものがあればここで買い足しておきましょう。

ノルウェーである程度以上のアルコール度数のアルコールを購入するなら政府が管轄するリカーショップのVINMONOPOLET(ヴィンモノポレ)がEXTRAのショッピングモール内にあります。

なお、ノルウェーではスーパーで買えるのはアルコール度数4.7%以下までと法律で決まっています。それ以上のアルコール度数の酒類は「Vinmonopolet (ヴィンモノポレ)」という、国営のリカーショップに行く必要があります。 販売時間は平日はスーパーで20時まで、Vinmonopoletで18時までです。土曜日はスーパーマーケットやコンビ二では18時まで、Vinmonopoletでは15時までとなっています。祝祭日、日曜日はどこのお店でもアルコール購入は出来ません。それ以外ではBARなどでアルコールをオーダーすることが可能です。

Vestvågøy Turistinformasjon (Leknesのツーリストインフォメーション)

Leknesのツーリストインフォメーションです。図書館やカフェと同じ建物内にあります。では入ってみましょう。

入り口入って左がカフェになります。2階に上がってツーリストインフォメーションに行ってみましょう。

ツーリストインフォメーションにはたくさんの現地発ツアーの紹介やレクネス発着のバスの時刻表張ってあります。ツーリストインフォメーションのスタッフは皆とてもフレンドリーで「聞きたいことは何かない?」と訪れる度によく聞かれます。筆者は大きなバッグパックをここで数時間預かってもらったり(無料)、いろいろお世話になっています。

EXTRAから少し街の中に進むとガソリンスタンド「CIRCLE K」があります。写真の右側がLeknesのバスターミナルです。ですのでこのCIRCLE Kが目印になります。

Leknesのバスターミナルです。ここがロフォーテンを縦横無尽にバスで移動するにあたって要所となります。Leknesを通るもしくは発着する主なものは以下になります。

・300番バス(Linje 300):Å – Leknes – Svolvær – Narvik

・18-741番バス(Linje 18-741):Svolvær-Leknes 

・18-742番バス(Linje 18-742):Å i Lofoten – Leknes

・18-767番バス(Linje 18-767):Leknes-Mortsund-Ure-Stamsund 

・18-766番バス(Linje 18-766):Leknes-Ballstad 

・18-763番バス(Linje 18-763):Leknes-Valberg

Åi Lofoten行きの18-742バスがやってきました。バスの本数は多くないので数日ロフォーテンをバスで移動して旅していると、同じバスの運転手に出会うことがあります。たまに運転手が覚えてくれていたりします。

大きなバックパックをもっている場合はしたの荷室に入れておきます。荷室の扉を開いてほしいときはその旨運転手に乗車時に伝えましょう。すぐに開けてくれます。降りるときも荷室を開けてもらうように伝えることをお忘れなく。

前から乗って、運転手に行先を告げてクレジットカードで支払います。あとは乗り心地のいいバスで目的地まで座って窓から見える景色を楽しみましょう。

Leknesを出発して30分もしないうちに絶景が見えてきます。

Volandstindとタラを干しているロフォーテンの風物詩的風景もÅに向かうまでにどんどん見えてきます。

Leknesから出て30分もたつとこれぞロフォーテンというような景色に埋め尽くされていきます。バスから見える景色をどうぞお楽しみください。

ロフォーテンを観光・トレッキングする上のTips

・ロフォーテンでのトレイルトレッキング前に必ずyr.no(ウェブサイト)で天気予報チェック。yr.noは3時間毎の天気予報を出しており、ノルウェー北部にはめっぽう強いです。トレッキングの予定を立てる際には、少なくともちょうど登頂する時間帯には晴れ間が期待できる予報内容でありたいものです。

・ロフォーテンのトレイルトレッキング全般に言えることですが、時に凄まじいにわか雨・雪、突風が吹き荒れますのでザックカバー、防水のレインジャケット・レインパンツは必須です。これは街中を歩く際でも同様です。

白夜の期間は、天気予報次第では午後出発も戦略的には十分ありです。

・これもロフォーテンのトレイル全般に言えることですが、トレイルの方向を示すマークはないので、GPSの効くスマートフォンはほぼ必須。驚くほど正確に世界中のトレイルを網羅している「maps.meアプリ」の使用が非常に有用。

・ローカルバスをうまく使えばレンタカーは必要ありません。それだけローカルバスがいろんな場所にアクセスしています。ロフォーテンの西半分はLeknesのバス停がメイン、東半分はSvolværのバス停がメインです。これらのバス停をハブにして色々な方面へバスが出ています。ローカルバスの利用には超便利必須ウエブサイト177Nordlandもぜひとも使い方をマスターしておきましょう。

・バスに乗るにはクレジットカードがあると便利です。前から乗って運転手に行先を告げます。するとバスの運転手が料金を入力しますので、そのあとに運転手横にあるクレジットカード読み取り機にクレジットカードを差し込んでPINコードを4桁入力すれば完了です。

・バスに乗る際に乗り継ぎがあっても最終目的地まで運転手に告げて料金を払って、レシートを渡されますのでそのレシートを乗り継ぎ後のバスの運転手に見せましょう。それでOKです。

・Skoleruteといわれるバスに関しては現地の学校発着になっていて途中のバス停に停車せず一般客が利用できないことが多いのでSkoleruteと言われているバスには要注意です。

・バス停には予定発着時の10~15分前には着いて待っておいたほうがいいでしょう。筆者はバス停にバス時刻ちょうどに行ってバスに乗れなかったことが3回あります。特にターミナルバス停では時刻ちょうどの発車ですが、郊外の途中部分のバス停には早く着いておく必要があると思います。1つのバスに乗れなかった場合次のバスまで数時間の待ちを必要とするためにこの点が最重要になります。

最後に

いかがでしたか?溜息が出る美しさ!ノルウェー ロフォーテン諸島 観光・宿泊・トレッキング まとめを徹底解説しました。「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。是非機会があればロフォーテンを訪れてみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする