溜息が出る美しさ!ノルウェー ロフォーテン諸島トレッキング三昧!Festvågtind編

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。入り組んだ海岸線と多くの山々で風光明媚なフィヨルドを形成し、見る者が立っている標高に関わらずその景色はどこをみても溜息がでるほど美しいといっても過言ではありません。

ロフォーテン諸島は5つの島からなっており、今ではすべての島に橋がかかり道路がつながっています。旅行雑誌等では「この島々を巡るにはレンタカーが必要」などとよく言われますが、目的地を絞りローカルバスの連携を生かせばレンタカーは必ずしも必要ではありません。

この魅力いっぱいのロフォーテン諸島の各地を今回実際にローカルバス・徒歩で巡り、晴れた日はトレッキング・ワイルドキャンプ、雨の日は街・博物館巡りという方法で楽しんでみました。

この魅力いっぱいのロフォーテン諸島を存分に楽しむためには、晴れた日はトレッキング・ワイルドキャンプ、雨の日は街・博物館巡りという方法が筆者としてはおススメです。

本記事ではノルウェー ロフォーテン諸島のトレイルの中でも絶景が楽しめるトレイルの一つ、Festvågtindへのトレッキングをレポートします。

ロフォーテン諸島での観光・宿泊・トレッキング・キャンプ等について以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はロフォーテン諸島の観光・宿泊・トレッキングのまとめを徹底解説します。

今回のトレイルトレッキング情報

まず、ロフォーテン諸島はどこにある?

上の地図上オレンジのピンがノルウェーロフォーテン諸島の中央にあるレクネス空港(LKN)です。

参考として、北欧4国の主要国際空港をブルーのピンで打ってみました。

北緯68度前後に位置しており、5月最終週(毎年5月26日前後)から7月中旬(毎年7月17日前後)まで白夜になります。真夜中でも沈まない太陽をみることができ、暗くなりません。

ノルウェー ロフォーテン諸島へのアクセスについては以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はこのロフォーテン諸島へのアクセスについて解説します。

次に、Festvågtindの場所

Festvågtindはロフォーテン諸島の中で北東端のAustvågøya(アウストヴォーグ島)の南端に位置します。

Austvågøya(アウストヴォーグ島)にはロフォーテン諸島最大の街スボルヴェル
(Svolvær)や、風光明媚な漁業の村ヘニングスヴェル(Henningsvær)があり、トレイル以外にも博物館なども多く観光が楽しめる場所です。FestvågtindはちょうどHenningsværの対岸に位置するような感じになります。

トレッキングルートと所要時間

今回トレッキングトレイルは黄色のマーカーの部分になります。

Finnholmen Brygge → Festvågtindの登山口(3.6km、徒歩50分) 

Festvågtind登山口(11:30) → 山頂到着(13:10) → 山頂滞在約1時間 → 山頂から下り始め(14:10) → 中腹の池(15:20) → 中腹の眺めの良い所で滞在約1時間 → Festvågtind登山口(17:00)

Festvågtindの登山口 → Finnholmen Brygge(3.6km、徒歩50分) 

で、トレッキングは実質登りで1時間40分、下りは途中池や眺めの良い所を寄り道して1時間50分、片道距離で約1.2㎞、高低差で約480mという行程になります。

なお、今回の「トレイルトレッキングTips」はページ最後に解説させていただきます。

トレッキングレポート

前日、前々日と朝から晩まで嵐のような大雨でした。

前日、前泊地のKabelvåg(カベルヴォーグ)をチェックアウト後、VestvågøyにあるViking Museumを訪れた、Henningsvær(ヘニングスヴェル)にやってきました。

なお、今回の旅の交通手段はすべてローカルバスです。ここロフォーテンはローカルバスの連携がうまくできていて、多少の待ち時間は発生しますがバスを乗り継ぐことで各地を渡り歩くことができます。

前日Henningsvær(ヘニングスヴェル)に到着時もやはり嵐のような大雨でしたが、今日は朝からなんとか晴れています。

ということで、Henningsvær(ヘニングスヴェル)での宿泊地「Finnholmen Brygge」からFestvågtindの登山口に向かって歩いて行くことにしました(3.6㎞、徒歩50分)。

まさにHenningsværの代表的景色です。正面奥左の山がFestvågtindです。今日、今から登る山です。

HenningsværからFestvågtindへはいくつかの橋を渡っていくことになります。Festvågtindはバッチリ見えているのですが、周囲の雲が気になるところです。

橋を渡りながらHenningsvær方向を振り返って見ます。小さな島がいくつも集合して村を形成しています。

Festvågtind方向を見ると厚い雲がかかっています。干しダラを干すための大きな木組みが手前に見えます。

一つの橋を渡るともう一つの橋が出てきます。山頂上空の雲が晴れてきています。

最後の橋を渡りました。しばらく歩くとFestvågtind登山口が、右側に見えてきます。

右側に見えている小道がFestvågtind登山口です。ここからトレッキング開始です。

開始後すぐ、岩場が始まります。

ロフォーテンで久しぶりにみる矢印マークです。

今からひたすら登って行く斜面です。Festvågtind頂上はは左のピークです。

しばらく登って振り返るとすでに綺麗な景色です。左に見えているピークにはFestvågtind登頂後に立ち寄ることにします。

天気も良くなってきました。どんどん登っていきます。

パッと雲が切れて太陽の光が差し込んだ時の景色が本当に綺麗です。

トレイル中盤から傾斜は急になっていきます。時々手を使って登ったほうがいいような段差もあります。

隣の山がはっきり見えてきました。

登るにつれて、トレイル脇の雪が増えてきました。もう少しでこの斜面を登り切ります。

左側の斜面から登ってきました。先着の人々と挨拶をしてすれ違います。

Festvågtind頂上へは最後の登りがあります。尾根でかつ、雪もあって滑りやすくなっているので注意して登っていきます。

Festvågtind頂上へは意外と距離があります。足元に注意して進みます。

さあ、目の前の最後の登りを終えたらFestvågtind頂上です。

登り切りました。Festvågtind頂上からHenningsværの島々を眺めます。絶景です。

歩いてきた道を振り返ります。綺麗な景色です。

しばらく景色に見とれていると、向こう側から雨雲がこっちに向かってくるのが肉眼でもはっきりわかりました。急いでダウンとレインジャケットを着用し、ザックカバーを掛けます。

雲に包まれると、瞬く間にあたりは降雪で真っ白になっていきます、視界もほとんど効きません。ここロフォーテンは風も強く、雨雲がやってくるとわかったらすぐに行動する必要があります。この雲が去るまで体を冷やさないように岩陰で身を潜めることにしました。

20分ほど岩陰に身を潜めて、降雪が去るのを待ちました。次第にまた晴れ間が出てきました。ロフォーテンのトレッキングは10分単位でコロコロ天気が変わります。

VestvågøyのStamsund方面を眺めています。

山々のピークが海に浮かんだ景色はロフォーテンならではの景色です。

名残惜しいですが、また降雪にならない内に下山開始することにしました。

次は、Festvågtind中腹にある池に向かって下っていきます。

池の向こう側からHenningsværを眺めてみようと思います。

池の端にあるコンクリート部分を歩いて向こう岸に渡ります。

トレイルがここで途切れて終わっています。Henningsværが見えることは見えるのですが、なんか違うなぁ、天気のせいかなぁと考えること数分。

トレイルはないのですが、下に降りて行ってみることにしました。

天気はもう一つ良くなかったのですが、綺麗にHenningsværが見れたので良しとしましょう。

また怪しい雲がこちらに近づいてきていますので今回はこれで下山していくこととします。

大分降りてきました。最後岩場を通過するとトレイル終了です。

車道に戻ってきました。今回のFestvågtindのトレッキングは実質登りで1時間40分、下りは途中池や眺めの良い所を寄り道して1時間50分、片道距離で約1.2㎞、高低差で約480mという行程でした。

なお、Henningsværへの帰りも嵐のようなにわか雨にしっかり降られました。。

本当にロフォーテンの天気は良く変化します。

Tips

・ロフォーテンでのトレイルトレッキング前に必ずyr.noで天気予報チェック。yr.noは3時間毎の天気予報を出しており、ノルウェー北部にはめっぽう強いです。

・白夜の期間は、天気予報次第では午後出発も戦略的には十分ありです。Henningsværから登山口まで徒歩圏内ですので、行き帰りにローカルバス時刻表を考える必要がありません。そもそも登山口周囲にバス停はありません。Henningsvær内ならばどこに宿泊してもFestvågtindへのアクセス特に苦労はしませんが、例えば「Lofoten Arctic Hotel Henningsvær」はHenningsværの入り口にありFestvågtindへのアクセスという面では良好な立地になります。

・ロフォーテンのトレイルトレッキング全般に言えることですが、時に凄まじいにわか雨・雪、突風が吹き荒れますのでザックカバー、防水のレインジャケット・レインパンツは必須です。

・これもロフォーテンのトレイル全般に言えることですが、トレイルの方向を示すマークはないので、GPSの効くスマートフォンはほぼ必須。驚くほど正確に世界中のトレイルを網羅している「maps.meアプリ」の使用が非常に有用。

今回トレイルのその他の写真

中腹から望むFestvågtind

中腹から望むHenningsværの島々

最後に

いかがでしたか?ノルウェー ロフォーテン諸島 トレッキング Festvågtind編をレポートしました。Festvågtind頂上からは海側を見るとHenningsværの素敵な島々からなる景色、海と反対側を見ると「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるフィヨルドの絶景を眺めることができます。距離もそこまで長くなく比較的登りやすいトレッキングルートです(頂上付近は険しいので注意)。Henningsværから徒歩圏内で登山口に到達できますのでアクセスも悪くありません。Festvågtindはロフォーテンの数ある中でも筆者のおススメトレッキングルートの一つです。ロフォーテン諸島に行かれる場合はFestvågtindのトレッキングも検討してみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする