オーロラ・アクティビティも豊富! ノルウェー キルケネスへのアクセス 徹底解説!

ノルウェーの北東部、超北東部に位置するロシアとの国境がある街、キルケネス。高確率でオーロラを観察でき、「スノーホテル」や「King Crab Safari」などアクティビティも豊富なおススメの場所です。今回はこのキルケネスへのアクセスについて解説します。

ノルウェーの極北東部 キルケネス ロシア国境からロシアを覗く!

ノルウェーの超北東部に位置するロシア国境がある街、キルケネス。オーロラだけでなくアクティビティも豊富です。そして日本人にとってはVISAが必要なロシア、今回はノルウェー・ロシア国境に行ってロシアを覗いてきましたので実際の写真を交えてレポートします。

ヨーロッパ最北端の岬!ノルウェー 冬の昼も夜もノールカップ !アクセス徹底解説

ヨーロッパ最北端の岬、ノールカップ (Nordkapp)。冬はブルドーザー型のトラックを先頭に隊列を組んで現地に向かう方法のみです。今回冬の昼のノールカップと、懲りずに同日夜のノールカップにも行ってみました。今回は具体的なアクセス方法をレポートしていきます。

ノルウェー スヴァ―ルバル諸島 氷の洞窟探検で極地の自然の驚異を感じよ!

北極点からわずか1300㎞。1000人以上の人が定住する地としては世界最北の町、ノルウェー スヴァ―ルバル諸島のロングイェールビーン。冬の間に出現する氷の洞窟に今回は訪れました。極地の自然の神秘と驚異を感じることができる体験を実際の写真をもとに解説します。

とことん世界最北を極める! ノルウェー スヴァールバル諸島 ホテルの選び方!解説

いろんなものに「世界最北の~」の名が付くノルウェー スヴァールバル諸島。そして人が定住する地としては世界最北の町「Lonyearbyen(ロングイェールビーン)」に今回は訪れました。今回はロングイェールビーンの町のホテルの選び方について解説します。

オーロラ観光の真打登場! ノルウェー トロムソ 街の観光スポット徹底解説!

さあオーロラ観光の真打ち登場です。世界最北の総合大学があり、北極圏のパリとも言われるノルウェー トロムソ。まさにオーロラオーバルの真下にあり頭上に展開されるオーロラを楽しむことができます。今回はトロムソ街中心部の様子について徹底解説します。

ノルウェー トロムソ 自然から歴史まで内容が濃い!トロムソ博物館!

世界最北の総合大学トロムソ大学の一部にもなっているトロムソ博物館(Tromsø Museum)。地質学、動物学、植物学、考古学にジャンル分けされた展示に加え、サーミの人々の歴史の展示もあり、非常に内容の濃い博物館です。今回は実際の写真と解説を交えて紹介します。

ノルウェー ホニングスボーグ 絶品!タラの舌のから揚げを食べたことがあるか!?

ヨーロッパ最北端の岬ノールカップ観光の拠点となるホニングスボーグの街、筆者おすすめレストラン「Corner」。ここの名物は「タラの舌のから揚げ」で、これがまた絶品!。ノールカップ観光だけでなく、Cornerでの食事も素晴らしいひと時になること間違いなしです。

ノルウェー ホニングスボーグ ノールカップ博物館で最北の街の歴史を知る!

ヨーロッパ最北端の岬ノールカップの拠点となるホニングスボーグのノールカップ博物館。大昔から中世、第二次世界大戦におけるフィンマルクエリアの歴史を詳しく展示・説明しています。今回はこのノールカップ博物館を実際の写真と解説を交えて紹介します。

ノールカップの拠点!ノルウェー ホニングスボーグ ホテル・観光・食事・スーパーの解説!

ヨーロッパ最北端の岬、ノールカップ (Nordkapp)のベースとなる街ホニングスボーグ。ノールカップは勿論、ホニングスボーグの街も事前に知っておくと便利なことがいっぱいあります。今回は特に冬の観光・ホテル・スーパの場所について解説します。

ヨーロッパ最北端の岬!ノルウェー 冬の昼も夜もノールカップ !施設の徹底解説

ヨーロッパ最北端の岬、ノールカップ (Nordkapp)。冬はブルドーザー型のトラックを先頭に隊列を組んで現地に向かう方法のみです。冬はオーロラ、夏は沈まない真夜中の太陽を見ることができ、施設内部は充実しているという、この魅力的な場所の徹底紹介をしていきます。

ノールカップの拠点!ノルウェー ホニングスボーグへのアクセス 徹底解説!

ヨーロッパ最北端の岬、ノールカップ拠点となるノルウェー ホニングスボーグ。オーロラを高確率に見ることができるフィンマルクエリアに位置します。今回はノールカップ到達のファーストステップとなるこのホニングスボーグへのアクセスについて解説します。

何を機内持ち込み?何を預け入れる?オーロラ撮影旅行の際のバッグの件!

海外トレッキングやオーロラ撮影の際はカメラ2台以上、三脚1台以上を携えて現地に向かうことが多く、さらに現地での機動性を考慮すると機内持ち込みのバッグの選び方が重要になってきます。今回は、度重なる飛行機の搭乗で筆者のお決まりパターンになっている方法をレポートします。

みんなどうしてる?海外トレッキングに行く時の機内持ち込みバッグの件!

海外トレッキングやオーロラ撮影の際はカメラ2台以上、三脚1台以上を携えて現地に向かうことが多く、さらに現地での機動性を考慮すると機内持ち込みのバッグの選び方が重要になってきます。今回は、度重なる飛行機の搭乗で筆者のお決まりパターンになっている方法をレポートします。

北欧・ヨーロッパ周遊のスマホ プリペイドSimはComviqが簡単便利!

ヨーロッパ・北欧の周遊・トレッキングに必須のスマホでのトレイル・GPS確認ですが、現地でプリペイドSIMカードを購入することで、日本から持ち込んだ使い慣れたスマホを使用することができます。スウェーデンで最も購入しやすいComviqのプリペイドSIMカードを例に説明します。

ストックホルム 空港⇔街のアクセス 時間と値段から考える最適解は!?

スウェーデンの最大の都市であり、北欧を代表する世界都市、「水の都」ストックホルム。物価の超高い北欧ですので、時間と値段のバランスを考えて公共交通機関を選択するのがお得な旅の方法です。今回はアーランダ空港⇔街中心部へのアクセスについて徹底解説します。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①