大迫力の絶景トレイル!Haute Route (オートルート)トレッキングレポート①

ヨーロッパアルプスの山々の中でもモンブラン(Mont Blanc, 4810m)マッターホルン(Matterhorn、4478m)は日本人にもその名前は知らない人はいないというほど有名です。この世界が誇るヨーロッパの2大名峰の間をつなぐロングトレイルが「Haute route(オートルート)」です。

Haute routeもその特徴としてTMB同様ほぼ毎日峠越えがあり、毎日1500m~2000mのアップダウンの標高差があります。そのため絶景を見るポイントには事欠きません。

さて今年は「Tour du Mont Blanc (TMB: ツール・ドゥ・モンブラン)」をトレッキングで1周した後に、そのままChamonixからLe Châbleに移動し、Le ChâbleからスタートでこのHaute routeのトレッキングを楽しんでみました。なお、最終目的地はツェルマットです。

本ページでは絶景ロングトレイルの新定番「Haute route (オートルート)」、ツェルマットまでのトレッキングレポートその①(1日目前半)を行います。

一個後のレポート(1日目後半)はこちら

モンブラン(4810m)のお膝元フランス・シャモニーからマッターホルン(4478m)のお膝元スイス・ツェルマットをつなぐ絶景ロングトレイルの新定番「Haute route (オートルート)」。今回はこのHaute routeのトレッキング1日目後半のレポートを行います。

今回のトレイル情報

まず、Haute routeはどこにある?

フルスクリーン表示

モンブラン(Mont Blanc, 4810m)マッターホルン(Matterhorn、4478m)という世界に誇るこのヨーロッパの2大名峰の間をつなぐロングトレイル(総距離150㎞超)が「Haute route(オートルート)」です。

位置関係がわかるように参考として、スイスジュネーブ空港・チューリッヒ空港、フランスパリシャルルドゴール空港水色のピンを打ってみました。

スイスジュネーブ空港からTMB(シャモニ・モンブランの街)へのアクセスについては以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

ヨーロッパアルプスを堪能する2大人気ロングトレイルTMBとHaute route。それらの基点となるのが、フランスのChamonix(シャモニー)です。今回はそのシャモニー(Chamonix)へアクセスと、ジュネーブ空港から簡単 ・便利なALPY BUSの解説を行います。

スイスでの近・中距離移動の際の電車の乗車券購入方法について以下にまとめましたので是非ご覧ください。

4000m超級の山々、大迫力の氷河、美しい湖など、大自然が織りなす景色には事欠かない国、スイス。公共交通機関の発達により観光が快適簡単になっています。今回はそのスイスの観光を支える大黒柱「スイス鉄道・ポストバス」の乗車チケットを自動券売機で購入する方法の徹底解説を行います。

次に、Haute routeの概要について

フルスクリーン表示

Haute route(オートルート)フランス・シャモニーからスイス・ツェルマットまでのトレイルの総距離としては約150㎞以上となります。

Haute routeを通して歩く人とっては、シャモニーやル・シャーブルからツェルマットに向かって歩き、ツェルマットが終点になるような行程がメジャーです。しかしどちら向きに歩くかは完全に自由です。実際歩いた印象としては、通しで歩くひとはツェルマット向きで歩いている人が9割シャモニー向きに歩いている人が1割です。

そして

・Chamonix(シャモニー)⇔Champex(シャンペ)の区間はTMB(Tour du Mont Blanc)のトレイルと重複していること(上のマップ、ピンクの部分)。

・Champex→Sembrancher→Le Châbleの区間が比較的標高の低い谷底をずっと歩くことになること

このことから、

スイスの「Le Châble(ル・シャーブル)」や「Verbier(ヴェルビエ)」をHaute routeの始点もしくは終点にするケースも多いです。

そしてHoute routeの終盤についてですが、Europewegが整えられたためこのトレイルを最後に歩くのが最近は人気となっています。またBrig – Visp – Zermatt間の登山列車も谷底を走行していますので、列車を利用しても独特な面白い風景を眺めることができます。

Haute routeについて、計画の立てかたについて以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

モンブラン(4810m)のお膝元フランス・シャモニーからマッターホルン(4478m)のお膝元スイス・ツェルマットをつなぐ絶景ロングトレイルの新定番「Haute route (オートルート)」。今回はこのHaute routeのトレッキングまとめその①を行います。
モンブラン(4810m)のお膝元フランス・シャモニーからマッターホルン(4478m)のお膝元スイス・ツェルマットをつなぐ絶景ロングトレイルの新定番「Haute route (オートルート)」。今回はこのHaute routeのトレッキングまとめその②を行います。
モンブラン(4810m)のお膝元フランス・シャモニーからマッターホルン(4478m)のお膝元スイス・ツェルマットをつなぐ絶景ロングトレイルの新定番「Haute route (オートルート)」。今回はこのHaute routeのトレッキングまとめその③を行います。
モンブラン(4810m)のお膝元フランス・シャモニーからマッターホルン(4478m)のお膝元スイス・ツェルマットをつなぐ絶景ロングトレイルの新定番「Haute route (オートルート)」。実際トレッキング中・プランニング中に利用する可能性が高い情報をまとめた便利帳です。

トレッキングレポート

前日は天気が悪いながらもヴェルビエの街散策とPierre Avoi(ピエール・アヴォワ360)へのトレッキングを楽しみました。今日はいきなりクライマックスという感じのスタートです。ル・シャーブルからロープウェイを乗り継いでまずMont-Fort(モンフォール)最高点の展望台まで行きます。それからLa Chauxまでロープウェイで下ってきて、La Chuaxからのんびりトレッキングを楽しむことしました。

前日のヴェルビエの街散策の模様とPierre Avoi(ピエール・アヴォワ360)へのトレッキングについては以下にまとめましたのでご覧ください。

モンブランのお膝元フランス・シャモニーからマッターホルンのお膝元スイス・ツェルマットをつなぐ絶景ロングトレイルの新定番「Haute route (オートルート)」。その中で滞在したい街として人気のLe Châble (ル・シャーブル)とVerbier(ヴェルビエ)の特集です。
モンブランのお膝元フランス・シャモニーからマッターホルンのお膝元スイス・ツェルマットをつなぐ絶景ロングトレイルの新定番「Haute route (オートルート)」。今回は人気のVerbier(ヴェルビエ)エリアにある高標高の展望台の一つPierre Avoi 360の特集です。

本日の行程の予定ですが、以下になります。

Le Châble(ル・シャーブル)→Verbier(ヴェルビエ)→Les Ruinettes→La Chaux(ラ・ショー) →Les Gentianes→Mont-Fort 

Mont-Fort→Les Gentianes→La Chaux、La ChauxからトレッキングでCabane du Mont Fortへ、Cabane du Mont Fortで宿泊

では、実際の写真を交えてレポートを始めていきましょう。

Le Châble(ル・シャーブル)からヴェルビエ行きのロープウェイがまず一つ目のロープウェイです。

ヴェルビエでそのまま次のロープウェイに乗り換えます。次はLes Ruinettesに向かいます。

振り返るとヴェルビエの街が小さくなってしまうぐらい登ってきています。

Les Ruinettesで次のロープウェイに乗り換えですが、Les Ruinettesで一旦外にでて景色を眺めてみることにしました。筆者のようなハイカーだけでなく、マウンテンバイクやパラグライダーを背負った乗客もたくさんいます。

Les Ruinettesのロープウェイ乗り場の外観です。天気も良かったこともありダウンヒルを楽しむ沢山のマウンテンバイクを見かけました。

Les Ruinettesのロープウェイ乗り場を出て右手に非常に展望のよいレストランがあります。パラグライダーを背負った人が皆そのまま下っていきます。

肝心の山々の詳細の風景はMont-Fort展望台でのお楽しみにしておきます。

Les Ruinettesのロープウェイ乗り場内に戻ってきました。エスカレーターで上の階に上がると次のロープウェイ乗り場です。

次のロープウェイの乗り場です。上にリフトとロープウェイの標識があります。どうなっているのでしょう?

なるほどそういうことですね。ロープウェイ(キャビンリフト)とチェアリフトが1:3の割合でやってきます。

筆者のような大きなバックパックを背負ったハイカーはキャビンリフト、前のチェアリフトには地元の散歩客のような軽装の人が乗っています。写真は中間駅を経由する際のものです。

中間駅を通過すると下りになります。後のお楽しみにしておこうと思っていましたが、正面にバッチリ見えていますね。中央奥で一番遠いですが真っ白の高い山がグランコンバン(Grand Combin de Grafeneire, 4314m)です。その右前にはPetit Combin (3663m)もバッチリ見えています。なお、一番手前に黒く見えている山はBec des Rosses (3223m)です。

下に見えていた雲に突入して以降、見えていた山々はまた見えなくなりました。

La Chauxに到着しました。筆者の乗ったキャビンリフトは写真右奥の山の上から下ってきました。

次のロープウェイ乗り場へはちょっと歩きます。

レストランを右手に見てしばらく歩くと次のロープウェイ乗り場が見えてきます。筆者が湯っくり歩いていたらロープウェイ乗り場のスタッフが後1分で出発しますよーと筆者や他のハイカーに向けて呼びかけています。ちょっと急ぎます。

筆者や他のハイカーが急いで乗りこんだ後すぐにロープウェイが発車しました。Le Châble(ル・シャーブル)やVerbier(ヴェルビエ)に宿泊しておくと、ほぼすべての交通機関(ロープウェイやバス等)が乗り放題になるパスを発行してもらえるので、こういった時に非常に便利です。

このLa Chauxからのロープウェイから登山道がはっきり見えます。

このロープウェイからはCabane du Mont Fort小屋もハッキリ見えます。

そして振り返るとなんと、TMBの主役を担う山達が一気に見渡せます

左からGrandes Jorasses(グランドジョラス,4208m)、Mont Dolent(3819m)、Mont Blanc (モンブラン、4810m)、Tour Noir (3836m)、Aiguille Verte(ヴェルト針峰、4122m)、Aiguille du Tour(トゥール針峰、3540m)がハッキリと見えています。

Mont-Fort展望台からも良く見えるのですがこの角度も良く分かる角度ですので一度アップにしておきます。

これらのTMBの主役達をまとめてこの角度で見ることができるのは感動ものです。下に図解しておきます。

TMB中では絶対に見れないこの山塊の角度です。

Les Gentianesに到着しました。見えている氷河はGlacier de Tortinです。天気も良く氷河で反射される太陽光がとても眩しいです。

Mont-Fort展望台への最後のロープウェイの乗り場に向かって歩きます。標高は現在2900mです。

この氷河の上にMont-Fort展望台があります。それにしても眩しいー!

氷河の上をロープウェイがどんどん登っていきます。

振り返るとこれまたなかなかの絶景です。しばらく氷河の上になります。

Mont Fortの展望台に到着しました。すでにグランコンバンやプティコンバンが見えていますね。それらの眺望は後のお楽しみにして、先にさらに上に登る場所があるのでそちらに行っておきます。

ロープウェイ乗り場をでて左手に見えているピークがMont Fortの頂上(3328m)です。ちょうどいい所にトイレがありましたので、トイレを済ませてから登ります。

大きい段差はありますが、それほど難しい登りでもなく簡単に頂上に行くことができます。

頂上では多くの人が記念撮影を楽しんでいました。手前にグランコンバン、奥にグランドジョラスとモンブランという贅沢なロケーションです。

手前左がグランコンバン、そして右奥にグランドジョラスとモンブラン。下に見えている建物はロープウェイ乗り場です。

展望台部分には沢山のベンチとテーブル、小さいながらカフェテリアもあります。

楽しみにしていた展望台からの眺め、ぐるりと見渡してみた写真は次のレポートで!

次のレポート「Haute route(オートルート)トレッキング1日目後半」に続く!

次のレポート(1日目後半)はこちら

モンブラン(4810m)のお膝元フランス・シャモニーからマッターホルン(4478m)のお膝元スイス・ツェルマットをつなぐ絶景ロングトレイルの新定番「Haute route (オートルート)」。今回はこのHaute routeのトレッキング1日目後半のレポートを行います。

最後に

いかがでしたか?大迫力の絶景トレイル!Haute Route (オートルート)トレッキングレポート①。Haute routeトレッキング1日目の前半の模様をレポートしました。天気もよく幸先良いスタートとなりましたが、今後どうなるのか?天気や状況次第では突然の予定変更を考える柔軟さも高標高のロングトレイルではその必要があります。まずは怪我のないように注意しながらHaute route(オートルート)をツェルマットに向かってスタートです!次のレポートをお楽しみに!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする