ツールドモンブラン(TMB)1周 宿泊施設編① Hôtel Le Prarion(ホテル・ル・プラリオン)!

ヨーロッパアルプスの山々の中でもモンブラン(Mont Blanc, 4810m)は日本人にもその名前は知らない人はいないというほど有名です。この西ヨーロッパ最高峰のモンブランを主峰としてグランドジョラスなどの4000m級の山がこのエリアに塊のように存在しており、その山群の周りを1周する約170kmのロングトレイルが「Tour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)」です。

その特徴としてほぼ毎日峠越えがあり、アップダウンの累積標高差が10000mを越えるなど体力的な条件が求められますが、その分絶景を眺めることができる場所には事欠きません。

さて今年は「Tour du Mont Blanc (TMB: ツール・ドゥ・モンブラン)」1周トレッキングをテント泊と山小屋泊を混ぜて楽しんでみました。

今回はTMB1周トレッキング 山小屋(ホテル)編① Hôtel Le Prarion(ホテル・ル・プラリオン)の様子をレポートします。

一個前のレポート(2日目後半その2)はこちら

西ヨーロッパ最高峰のモンブラン(4810m)を主峰とする4000m級の山塊を1周する約170kmのロングトレイル「Tour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)」。今回テント泊を織り交ぜてTMB1周のトレッキングを行いました。2日目後半その2のレポートです。

一個後のレポート(3日目前半)はこちら

西ヨーロッパ最高峰のモンブラン(4810m)を主峰とする4000m級の山塊を1周する約170kmのロングトレイル「Tour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)」。今回テント泊を織り交ぜてTMB1周のトレッキングを行いました。3日目前半のレポートです。

今回のトレイル情報

まず、TMBはどこにある?

フルスクリーン表示

上の地図上赤のピンが西ヨーロッパ最高峰のモンブラン(Mont Blanc, 4480m)です。その周囲にはグランドジョラスなどの4000m級の山塊があり、その周りをぐるっと一周するトレイルがTMB(上の地図のブルーのライン)です。

参考として、スイスジュネーブ空港・チューリッヒ空港、ドイツフランクフルト空港、フランスパリシャルルドゴール空港水色のピンを打ってみました。

TMBに最も近いスイスジュネーブ空港からTMB(シャモニ・モンブランの街)へのアクセスについては以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

ヨーロッパアルプスを堪能する2大人気ロングトレイルTMBとHaute route。それらの基点となるのが、フランスのChamonix(シャモニー)です。今回はそのシャモニー(Chamonix)へアクセスと、ジュネーブ空港から簡単 ・便利なALPY BUSの解説を行います。

次に、TMBの概要について

TMB(Tour du Mont Blanc、ツール・ドゥ・モンブラン)フランス・イタリア・スイスの3国にまたがる約170㎞のロングトレイルです。

フルスクリーン表示

TMBの西側半分がフランス内(ブルーのライン)にあり、TMBの南側がイタリア内(グリーンのライン)、TMBの北東側がスイス国内(赤のライン)にあります。

フランス側のシャモニーやレズ―シュからのスタートが一般的ですが、TMBをどこからスタートするか、時計回り・反時計回りにどちらに周るかは完全に自由です。

TMBの楽しみ方・計画の立て方・攻略の仕方について、トレッキング以外にも観光で楽しむシャモニーの街等、以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

モンブラン(4810m)を主峰とする4000m級の山塊を1周するロングトレイルTour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)。今回はテント泊と山小屋泊を交ぜて楽しみました。今回はこのTMB1周トレッキングのまとめその①を行います。
モンブラン(4810m)を主峰とする4000m級の山塊を1周するロングトレイルTour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)。今回はテント泊と山小屋泊を交ぜて楽しみました。今回はこのTMB1周トレッキングのまとめその②を行います。
モンブラン(4810m)を主峰とする4000m級の山塊を1周するロングトレイルTour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)。今回はテント泊と山小屋泊を交ぜて楽しみました。今回はこのTMB1周トレッキングのまとめその③を行います。
モンブラン(4810m)を主峰とする4000m級の山塊を1周するロングトレイルTour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)。本ページは実際にTMB1周トレッキング中に、またはプランニングの際に調べる・利用する可能性が高い情報をまとめた便利帳です。

Hôtel Le Prarion(ホテル・ル・プラリオン)レポート

筆者がHôtel Le Prarion(ホテル・ル・プラリオン)に到着した日(TMB一周2日目)は下の様な行程でした。

Lac de cheserys → La Flégère → Planpraz(トレッキング)、Planpraz⇔Le Brévent(ロープウェイ)、Planpraz→Chamonix(ロープウェイ)、Chamonix→Le Prarion (バスとロープウェイ)

昨晩のLac de cheserys(シェズリー湖)のほとりでのワイルドキャンプでちょっと疲れましたので、今晩は屋内でゆっくりしたい気持ちです。

どうせ泊まるなら展望のよい山の上の山小屋が良いと思い、

そこで当日電話をしてみたら運よく予約が取れた「Hôtel Le Prarion(ホテル・ル・プラリオン)」。

Hôtel Le Prarion(ホテル・ル・プラリオン)の公式ウェブサイトはこちら

(ホテルのウェブサイトのContactに電話番号が載っています。筆者はその番号に電話しました。)

Chamonix Sudバス停から「シャモニーバス1番」に乗って「Les Houches-Le Prarionバス停」までやってきました。

では、Le Prarionバス停からロープウェイに乗ってLe Prarion登り始める時点から話を始めます。

Les Houches-Le Prarionバス停に到着しました。写真中央にロープウェイのラインが見えています。向かって右の山がLe Prarion(1969m)です。

ちなみに、TMB本道はLes Houches(レズ―シュ)からCol de Voza(ヴォザ峠、ヴォザのコル)まで登って、コル越えの後、向こう側のモンジョワ谷に下っていくルートです。

Le PrarionはTMB本道からは少し外れますが、Les Houches(レズ―シュ)からロープウェイで行けて、その後Col de Vozaへは下っていくことで到達することができます。

Le prarionの特徴として、

・Chamonixから南西に約10kmの場所にあり、Chamonixから眺める山塊が全く違う外見になる。

・TMB本道から外れるため比較的空いている

・高標高にある展望のよい山小屋(ホテル)のHôtel Le Prarion(ホテル・ル・プラリオン)がある

ということがあげられます。

ではロープウェイに乗ってLe Prarionの山上に向かいます。

ロープウェイに乗り込みます。Le PrarionはTMB本道から少し西に外れるためか他のハイカーはほとんどおらず、営業終了間際ということもあって利用客は終始筆者のみでした。

Le Prarionロープウェイ終着点です。Les Houcheとの標高差は約900mあります。

ロープウェイ終点から降りると、もうHôtel Le Prarion(ホテル・ル・プラリオン)が左前方に見えています。ではまっすぐ進んでみましょう。

標識の通り、「Hôtel Le Prarion」までは5分です。一番下の標識が示す「Le Prarion」25分というのは山のLe Prarion(1969m)を指します。せっかくなので、ホテルにチェックインした後にLe Pratrionの頂上にも行ってみることにします。

ホテルのレセプション等がある入口は右側の坂道を上がって行った先にあります。

Hôtel Le Prarionに到着しました。中に入るとすぐ、宿のご主人も一発で筆者を先程の電話の人間と分かってくれ、滞りなくチェックインを済ますことができました。

ホテル部屋タイプはダブル・ツインのベッドルームが基本で、今日は空いてるからどの部屋でもいいよ、料金は一緒だから!というご主人の粋な計らいで角部屋の日当たり・眺めの良い部屋に泊まることにしました。

シャワートイレはどのホテル部屋にもついていますが、いくつかの部屋にはバスタブが備わっていましたトイレは水洗で、シャワーの水勢も問題なく、何よりも素晴らしいのは山上の宿泊施設ながら水道水は飲用可(しかもおいしい)であることです。

バスタブ付きの部屋を希望する場合は、電話予約の際にその旨を伝えて空きがあれば予約可能のようです。

非常に清潔に維持されたバス・トイレの横の部屋にはハンガーや登山道具を置いておくスペースがあります。

隣の部屋は誰も泊まっていないみたいだったので少し中を見学させてもらいました。この部屋は角部屋ではなくバルコニーがある部屋です

バスタブがないタイプの部屋は、このようなシャワー・トイレの配置になっていました。

客室だけでなく、室内娯楽ルームのような大きな共用広間もありました。天気が悪い日は子供たちが暇をつぶせそうなおもちゃもたくさん置いてありました。

なお、今回は写真をとれませんでしたが、ドミトリータイプの部屋もありました。

バスタブでシャワーを浴びながら洗濯物を済ませて外に出てみることにします。

Hôtel Le Prarionのカフェテラスです。今日歩いてきたトレイル中、ずっとモンブランやその周囲の針峰群を左手正面に見てきましたが、TMBの南西に位置するプラリオンからはまた違った角度から眺めることができます。ここからはDôme du GoûterAiguille du Goûterがとても近く見えます。

Hôtel Le Prarionのカフェテラスも非常に綺麗に維持されています。今日は晴れた8月の中旬ですが、やはりTMB本道から外れるからかハイカーは非常に少ないです。

メニューが外にかけられていて親切です。値段はスイスの山小屋の平均的な値段です。

カフェテラスの端まで行けばさらにパノラマが楽しめます。左のこんもりしたPointe de Lapaz、その奥にはLe Bréventがあり、正面下奥に伸びているのが「シャモニー谷」です。

Hôtel Le Prarionの外を散策してみることにします。ホテルより南側の見晴らしの良い場所に行ってみます。

ここはスキーコースになっていて見晴らしがとても良いです。シャモニー谷の様子も綺麗に見えます。かつ写真の右半分の景色も役者達のオンパレードです。拡大を下に示します。

Mont Lachat、そしてMont Lachat方面に向かう列車、そのまま視線を上に持っていけばAiguille du Goûter(3863m)、Glacier de Bionnassay(氷河)、はさんで右にAiguille de Bionnassay (4052m)など壮観です。雲で隠れてしまって見えない部分も多いので後で夕焼けの写真で再度解説します。

ホテルの食堂部分です。大きな暖炉に眺めのよい窓側の座席等、非常に綺麗に維持されています。

ホテルで夕食をオーダーしても良かったのですが、手持ちのパスタを消費して荷物を少しでも軽くしたいという思いがあり、今日はホテル前のカフェテラスで自炊して夕食を済ませました。

そのあと、ホテルで地ビールをオーダーして少しまったりします。ビール等の支払いはチェックアウト時にまとめて支払います。

時刻は20時30分過ぎ、今日の日の入りは21時ジャストか少し前の予測ですので、夕焼けを見にカメラを持ってホテルの外に出ることにしました。

ホテルのスタッフに「メインエントランスの鍵は閉めてしまうけど、筆者のために食堂横のドアの鍵は開けておくから夜帰ってきたら教えてね」と言われます。

天気予報は今晩雨という日でしたが、21時の時点でまだ雨が降り始めることなく、綺麗な夕焼けを眺めることができました。

運が良いことに、雲がありませんでしたので、ピンクに染まったDômes du Goûter、Glacier de Bionnassay(氷河)、Aiguille de Bionnassayのリッジもしっかり見ることができました。なお、右奥にはDômes de Miage(3673m)も見えています。少し下に図解しておきます。

綺麗なピンク色に染まった山々に見とれてしまいます。

角度的に、シャモニー谷からは見ることのできない山々の夕焼けの景色です。シャモニー谷の街々は次第に暗くなり始めてきました。

しばらくすると小雨が降り出しました。今夜は夜空・星の撮影は諦めざるを得ないようです。

昨日からの疲れもありますので、せっかくなのでバスタブにお湯を張って入浴、その後しっかり朝まで寝ることにしました。

次のレポートではTMB1周3日目前半をレポートします。

次のレポート(3日目前半)はこちら

西ヨーロッパ最高峰のモンブラン(4810m)を主峰とする4000m級の山塊を1周する約170kmのロングトレイル「Tour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)」。今回テント泊を織り交ぜてTMB1周のトレッキングを行いました。3日目前半のレポートです。

最後に

いかがでしたか?ツールドモンブラン(TMB)1周 宿泊施設編① Hôtel Le Prarion(ホテル・ル・プラリオン)!。運よく当日部屋予約が電話でとれたホテル・ル・プラリオン。TMBからほんの少し外れるだけで混雑から避けることができ、さらに展望も素晴らしい場所です。ヴォザ峠へのアクセスもプラリオンからは下りですので筆者個人としてはTMBに組み込むにはおススメの場所と感じました。TMB1周はまだまだ序盤、以降の山小屋(ホテル)特集もお楽しみに!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする