キャンプ好きにはたまらない国!大自然の絶景を巡る!アイスランド1周レポート ①

ヨーロッパ最大の氷河を持ち同時に火山活動も世界有数のアイスランド。まさに「氷と火」の島という表現がふさわしい自然の絶景の宝庫のこの島は、いつ訪れても私たちに自然の雄大さ・不思議さ・美しさを肌で感じさせてくれます。

今回アイスランド国道1号線(リングロード)をメインドライブルートとし大自然が織りなす絶景を楽しみながらアイスランド1周してきましたのでレポートします。

1つ後のレポートはこちら

「氷と火」の島という表現がふさわしい自然の絶景の宝庫、アイスランド。今回アイスランド国道1号線をメインルートとして、テント泊で大自然を楽しみながらアイスランド1周を行いました。本記事ではアイスランド1周その2をレポートします。

アイスランド1周 1日目

ケプラビーク国際空港 ⇒ サクギル(Thakgil)キャンプ場


マップの便利な使い方:

iPhoneなどのモバイル

ブログ上で見る

  1. 特別なことはありません。そのままブログ内でオレンジのピンをクリックすると詳細情報を見れますし、拡大してルートも見れます。

ご自身のGoogleマップで見て、GPS(ご自身の居場所)を連動表示させたい

  1. ブログ内でオレンジのピンをクリック ⇒「Googleマップで見る」をクリック ⇒ Googleマップ上の詳細情報画面になりますので、そこで「保存」(場所の保存を意味します)をクリック。
  2. 「保存」してスター付きにしておくことで、ご自身のGoogleマップ上でこのマイマップ「Iceland Map DAY2 by enjoytravelingsolo.com」を使用する時も、タップして場所の詳細情報が見ることができて便利です。
  3. その後は、Google mapメニュー⇒マイプレイス⇒マイマップ⇒「Iceland Map DAY2 by enjoytravelingsolo.com」で、いつでもマップを見ることができます。

PC

ブログ上で見る

  1. 特別なことはありません。そのままブログ内でオレンジのピンをクリックすると情報を見れますし、拡大してルートも見れます。モバイルの時と違って左上のマークをクリックして出てくるリストでも各場所の詳細情報が見れます。

ご自身のgoogle mapで見る:モバイルの時と同じ手順をお勧めします。

なにはともあれ、まずレンタカー

今回の旅は1人ではなく、3人で行いました。待ち合わせはケプラビーク国際空港。筆者はストックホルムからSASでコペンハーゲン経由、ドイツ在住のYご夫妻はLCCを利用してダイレクトでアイスランドまでやってきました。

なお、事前にインターネットでレンタカー予約を済ませ、空港からのシャトルバスでレンタカー会社に向かう形が一般的です。アイスランドはレンタカーでの観光が盛んなため、数多くのレンタカー会社が空港そばに営業所を設けています。

営業所に入ったら整理券を取って待ちます。順番がきたら各カウンターでスタッフによる車両保険や付属品等の説明があります。

今回借りた車はSUZUKI VITARA 4WD。ヨーロッパ内では日本車はその丈夫さやメンテナンスフリーな点で日本国外で高い評価を受けています。比較的コンパクトな車体にも関わらず、後部座席1個を倒して90リットル級のスーツケース3つを収納することが可能でした。

日本と同様走行開始前にすでにある傷のチェックが済ませて、さあ出発です。

今回3人だったので収納スペースはバッチリでしたが、大きなスーツケースで4人はキツイかもしれません。

なにはともあれ、次は買い出し

今回のアイスランド一周はすべてキャンプ場でテント泊の予定です。1にも2にもまずは食料と水の確保が必要です。アイスランド旅行者の味方、ディスカウントストアのBONUSに直行しました。

ケプラビーク空港からまず41号線でレイキャビク方面に向かうと数分で左手にガソリンスタンドとBONUSが見えてきます。この場所にはBONUSだけではなくKronan(スーパーマーケット)やSubway(サンドウィッチショップ)もある。地名はFitjarという場所です。

上記のスーパーで水も食料も安く購入できるのですが、BonusKronanにはガス缶は売っていません。近くのガソリンスタンドに販売されているのはcolemanのガス缶でした。その後、結局Selfossのスポーツ店でPRIMUSのガス缶を買いましたが、結論からいうとcolemanのガス缶でもPRIMUSのバーナーは実際問題なく装着でき、ガス漏れ等もなく互換性ありで使用できました。

Seljalandsfoss (セリャラントスフォス)

ケプラビーク空港を出て3時間半程度、車で東へ進むと左側に大きな滝が見えてきました。セリャラントスホスに到着です。最大落差約65m、滝の裏側がくぼんでいて、滝の裏側に回ることができます。大きい落差と強い風のために、滝の近くは雨が降っているかのごとくひっきりなしに水滴が頭上から落ちてきます。防水のウェアを着て存分に大自然を楽しみましょう。

基本的にアイスランドはどこでもレインウェア必携です。

滝の裏に歩いて回れる。カメラを持っていくなら防水をしっかりと。

Skogafoss (スコゥガフォス)

セリャラントスホスから車で25分程度の距離にスコゥガフォスがあります。幅25メートル、落差約60mのアイスランド内でも最大級の滝です。この滝はセリャラントスホスのように裏側に回りこむことはできませんが、向かって右側から滝の頂上にアプローチできる登り坂があります。またSkogafossはアイスランドの圧倒的スケールの大自然の絶景を楽しむことができるLaugavegur(ロイガーヴェーグル)の延長線上でもあります。

大量の水が一気に落ちるため常に轟音が響きわたっています。

すぐ登れそうに見えて、意外とキツイ登りです。

スコゥガフォスの頂上から落ちていく水流を眺めると、足がすくむ思いがします。

Reynisfjara black sand beach (レイニスフィヤラ ブラックサンドビーチ)

さらにスコゥガフォスから車で25分程度走るとVik(ヴィーク)という街の南側にあるブラックサンドビーチに到着します。レイニスフィヤラは海岸の名前です。黒砂の海岸の成り立ちは玄武岩質の溶岩が流されてきたことに由来しています。ここではどうしてこうなった!?と思ってしまう程の見事な柱状節理を見ることができます。

見事な柱状節理です

洞窟になっている箇所もあり、下からも眺めることができます。

名前の通り黒砂のビーチと、海にそびえる奇岩を見る眺めることができます。夏期は特に観光客も多く、多くはレイキャビク市内からバスツアーでやってきます。

本日のキャンプ場、Thakgil (サクギル)キャンプ場へ

Vikの街を過ぎて約5㎞進んでから1号線から左折して北上する道に入ってThakgil (サクギル)キャンプ場に向かいます。地図では大した距離ではありませんが、体感的にはなかなか着きません。それどころか絶叫ジェットコースター並みの急な登り下りが続きます。一号線から外れるこの道路はもちろん舗装されていません。運転好きにはたまらないオフロードを進むこと40分、待望のキャンプ場が見えた瞬間は車内3人で歓喜の叫びを上げていました。

大自然のオフロードコースを進んで行きます。

SUZUKIのVITARAよく走ってくれます。安心の日本車です。

黒い大きな河川のように見える部分が過去に氷河だった場所になります。

何ですか君?と言わんばかりの羊です。ここでは羊優先です。

時には車と競争するかの如く。羊が車と並んでしばらく走って楽しんでいました。

Thakgil (サクギル)キャンプ場に到着

ケプラビーク空港を出発してから色々立ち寄って6時間、19時にサクギルキャンプ場に到着しました。アイスランドの夏のこの時期(7月最終週)、19時はまだまだ明るいです。

写真は19時に撮影したもので、この日は夜の11時まで十分明るい状況でした。

Receptionのある小屋で「車1台、テント2つ、3人」と伝えて、料金(計4000円程度)を支払います。食事・シャワーの後テントで横になったときは23時でしたが、まだ外は明るい状況でした。

Thakgil (サクギル)キャンプ場の良かった点

  • 何といっても景色。一言で山に囲まれたキャンプ場といっても、他とは全然違います。
  • キャンプ場としてはまだ新しく、施設(シャワー・トイレ・洗い物場)が綺麗。
  • キャンプ場そばに洞窟があり、中での食事(自炊)はムード満点。
  • キャンプ場までの道のりが大変な分、来ているキャンパーは慣れている人が多い。静か。

Thakgil (サクギル)キャンプ場のもう1つだった点

  • シャワーが不安定。夜は水だったが、朝トライするとお湯だった。助かりました。
  • 1号線からの道のりが大変。しかしアイスランド1周を考えている人がそんなことを気にしたらダメ。

次のレポートはこちら

「氷と火」の島という表現がふさわしい自然の絶景の宝庫、アイスランド。今回アイスランド国道1号線をメインルートとして、テント泊で大自然を楽しみながらアイスランド1周を行いました。本記事ではアイスランド1周その2をレポートします。

アイスランド1周 まとめ情報はこちら

アイスランド1周 準備・ルート検討についてはこちらにまとめています。

「氷と火」の島という表現がふさわしい自然の絶景の宝庫、アイスランド。今回アイスランド国道1号線をメインルートとして、大自然を楽しみながらアイスランド1周を行いました。本記事ではアイスランド1周のまとめとしてルート検討・準備編についてレポートします。

アイスランド1周 宿泊・環境・食事事情についてはこちらにまとめています。

「氷と火」の島という表現がふさわしい自然の絶景の宝庫、アイスランド。今回アイスランド国道1号線をメインルートとして、大自然を楽しみながらアイスランド1周を行いました。本記事ではアイスランド1周のまとめとして宿泊・持ち物・食事・他についてレポートします。
スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする