絶景トレイルの超定番!ツールドモンブラン(TMB)1周トレッキング!レポート⑦

ヨーロッパアルプスの山々の中でもモンブラン(Mont Blanc, 4810m)は日本人にもその名前は知らない人はいないというほど有名です。この西ヨーロッパ最高峰のモンブランを主峰としてグランドジョラスなどの4000m級の山がこのエリアに塊のように存在しており、その山群の周りを1周する約170kmのロングトレイルが「Tour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)」です。

その特徴としてほぼ毎日峠越えがあり、アップダウンの累積標高差が10000mを越えるなど体力的な条件が求められますが、その分絶景を眺めることができる場所には事欠きません。

さて今年は「Tour du Mont Blanc (TMB: ツール・ドゥ・モンブラン)」を1周するトレッキング、そしてテント泊と山小屋泊を織り交ぜて楽しんでみました。

本ページではこの絶景トレイルの超定番「Tour du Mont Blanc (TMB: ツール・ドゥ・モンブラン)」1周のトレッキングレポートその⑦(3日目後半)を行います。

一個前のレポート(3日目前半)はこちら

西ヨーロッパ最高峰のモンブラン(4810m)を主峰とする4000m級の山塊を1周する約170kmのロングトレイル「Tour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)」。今回テント泊を織り交ぜてTMB1周のトレッキングを行いました。3日目前半のレポートです。

一個後のレポート(4日目前半)はこちら

西ヨーロッパ最高峰のモンブラン(4810m)を主峰とする4000m級の山塊を1周する約170kmのロングトレイル「Tour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)」。今回テント泊を織り交ぜてTMB1周のトレッキングを行いました。4日目前半のレポートです。

今回のトレイル情報

まず、TMBはどこにある?

フルスクリーン表示

上の地図上赤のピンが西ヨーロッパ最高峰のモンブラン(Mont Blanc, 4480m)です。その周囲にはグランドジョラスなどの4000m級の山塊があり、その周りをぐるっと一周するトレイルがTMB(上の地図のブルーのライン)です。

参考として、スイスジュネーブ空港・チューリッヒ空港、ドイツフランクフルト空港、フランスパリシャルルドゴール空港水色のピンを打ってみました。

TMBに最も近いスイスジュネーブ空港からTMB(シャモニ・モンブランの街)へのアクセスについては以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

ヨーロッパアルプスを堪能する2大人気ロングトレイルTMBとHaute route。それらの基点となるのが、フランスのChamonix(シャモニー)です。今回はそのシャモニー(Chamonix)へアクセスと、ジュネーブ空港から簡単 ・便利なALPY BUSの解説を行います。

次に、TMBの概要について

TMB(Tour du Mont Blanc、ツール・ドゥ・モンブラン)フランス・イタリア・スイスの3国にまたがる約170㎞のロングトレイルです。

フルスクリーン表示

TMBの西側半分がフランス内(ブルーのライン)にあり、TMBの南側がイタリア内(グリーンのライン)、TMBの北東側がスイス国内(赤のライン)にあります。

フランス側のシャモニーやレズ―シュからのスタートが一般的ですが、TMBをどこからスタートするか、時計回り・反時計回りにどちらに周るかは完全に自由です。

TMBの楽しみ方・計画の立て方・攻略の仕方について、トレッキング以外にも観光で楽しむシャモニーの街等、以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

モンブラン(4810m)を主峰とする4000m級の山塊を1周するロングトレイルTour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)。今回はテント泊と山小屋泊を交ぜて楽しみました。今回はこのTMB1周トレッキングのまとめその①を行います。
モンブラン(4810m)を主峰とする4000m級の山塊を1周するロングトレイルTour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)。今回はテント泊と山小屋泊を交ぜて楽しみました。今回はこのTMB1周トレッキングのまとめその②を行います。
モンブラン(4810m)を主峰とする4000m級の山塊を1周するロングトレイルTour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)。今回はテント泊と山小屋泊を交ぜて楽しみました。今回はこのTMB1周トレッキングのまとめその③を行います。
モンブラン(4810m)を主峰とする4000m級の山塊を1周するロングトレイルTour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)。本ページは実際にTMB1周トレッキング中に、またはプランニングの際に調べる・利用する可能性が高い情報をまとめた便利帳です。

トレッキングレポート

<前回までのあらすじ>

「Tré-le-champ」からスタートした筆者のTMB1周、初日はTré-le-champからLac de cheserysまで登り、シェズリー湖畔で野営、ワイルドキャンプで一晩を過ごしました。

2日目はLac de cheserys → La Flégère → Planpraz までトレッキングを行い、Le Bréventに立ち寄った後、Chamonix → Les Houches → Le Prarionという行程で、綺麗な夕焼けを楽しんだ後、Hôtel Le Prarionで一晩を過ごしました。

そして今日3日目、Hôtel Le Prarionからモンジョワ谷の底部まで降りてきて、「La Gruvaz」の駐車場まで歩いてきました。

本ページでは3日目後半の模様をレポートをしていきます。

「La Gruvaz」の駐車場に到着した時点から話を再開します。

「La Gruvaz」の駐車場に到着です。ホテル・ル・プラリオンを出て約3時間、ちょうど時間も昼の12時なので、一旦ここで大休憩することにしました。

「La Gruvaz」の駐車場にある標識です。Les Contamines-montjoie (レ・コンタミンヌーモンジョワ)まで1時間10分、その先のCamping du Pontetまではまだ数キロの距離があります。この場所が、今日の行程の半分くらいの場所ということもあり休憩です。

しばし休憩の後、今からLes Contamines-montjoie (レ・コンタミンヌーモンジョワ)方面に向かってトレッキング再開です。筆者が進むのはこの森の中に入っていく細いトレイルです。これがTMB本道です。この場所にはこれとは別にミアージュ小屋に進むトレイルもありますので間違えないように注意しましょう。

こんな場所でもマウンテンバイクとすれ違います。トレイルトレッキングも人気ですが、ヨーロッパアルプスエリアではほとんどのトレイルでマウンテンバイクも多くの人が楽しんでいます。

しばらく歩いていると「Tresse」という集落に到着します。標識を確認してみましょう。

TMB本道の標識に従って、Le QuyLes contamines Montjoieという風に今後歩いていきます。

Tresseの集落を過ぎたらすぐ車道(Route des Contamines, D902号線)を渡ってそのまま直進です。

そのままトレイルはLe Quyの集落に入っていきます。

ここからTMB本道は右に曲がりながら登っていきます。

すると、2又に分かれる道になりますが、TMB本道はここで左を選択します。一応標識を拡大して見ておきましょう。

Les contamines Montjoieまで50分とありますね。標識にTMBのマークも付けてくれているので親切です。

しばらく平坦なトレイルを歩いて行きます。とてものどかな雰囲気の場所です。

ここでトレイルが二手に分かれますが、TMB本道は左側の下っていくトレイルになります。念のため標識を確認しておきます。

Les contamines Montjoieまで35分とありますね。どんどん進んでいきましょう。

しばらく下っているとバス停が見えてきました。Les Hoches(レ・ゾッシュ)のバス停です。(シャモニー谷のLes Houchesはレズ―シュと発音して、また別の場所ですので注意。

ロバとともにトレイルを進む親子もいます。

この先道が2又に分かれていますが、TMB本道は左を選択します。モンジョワ谷のまさに底部を歩き続けています。

先程の左を選択してしばらくでモンジョワ谷を底部を流れる川(Le Bonnant)を渡ります。

川(Le Bonnant)を渡ってすぐがこの場所になります。ここで車道は左に曲がって行きますが、TMB本道は砂利道の右を選択します。ちょっと標識を見ておきましょう。

Les contamines Centerまで25分、そしてキャンプサイトがあるLe Pontetが標識に遂に登場しました。Le Pontetまでは55分とあります。

砂利道を登っているとこの分岐になります。ここでTMBは右のトレイルを選択します。

このあたりからボディーブローのようにジワジワ効いてくる長い上りが続きます。

登りは続いていますが、そのうちトレイルは舗装路になっていきます。

ここで車道(D902号線)と合流です。このまま車道横の歩道を歩いて進んでいきますが、ここからLes contamines Centerまでの区間がずっと上りで、意外と結構疲れる区間です。

Les contamines(レ・コンタミンヌ)の中心部に入ってきました。宿泊施設・スーパー・レストラン・銀行・スポーツ用品店、大体の店が揃っている素敵な雰囲気のこじんまりした町です。

ツーリストインフォメーション前の噴水がある広場で休憩することにしました。バックパックを置いて向かいにあるスーパーに冷たいオレンジーナを買いに行きます。

向かいにあったスーパーです。この日も日差しが非常に強く暑い日でした。ついついアイスも買ってしまいました。

Les contamines(レ・コンタミンヌ)の町にはこのスーパーの他に、スーパ―なら「SPAR」や「Carrefour」がありました。スポーツ用品店は「intersport」を始め、SKI専門店やレンタル店など多種ありました。ゆっくりできるならば一泊してみたい町です。

休憩もそこそこにして、また歩き始めます。そのままD902号線を歩いているとこの場所になります。ちょっと標識を拡大してみましょう。

車でCamping Le Pontetに向かうならこのまま車道キープです。筆者のようにトレイルトレッキングで行くならば次の写真。

横断歩道を渡った先にトレイルがあります。そのトレイルがTMB本道です。そして標識があります。見てみましょう。

Le Pontet (Camping du Pontet)まで25分です。あともう少し頑張って歩きましょう。

派手な警告板が立っている橋でモンジョワ谷を底を流れる川(Le Bonnant)を渡ります。

橋を渡った後はしばらく川沿いに歩く平坦なトレイルです。

ここで車道を横切って、さらに川(Le Bonnant)をまた渡ります。お気づきのようにモンジョワ谷の底を流れる川(Le Bonnant)の左右の川辺を右に行ったり左に行ったりしながら南下しています。

川を渡ってきたらこの川沿いの小道を進んでいきます。

そしてまた車道に合流しますので、車道を歩いていきます。

テントを担いだ他のハイカー達の数が増えてきました。

Le Ponteはキャンプサイトだけでなく、大人も子供も楽しめる公園として大人気のようです。公園内の敷地に入ってきました。Fish and Chips、美味しそうです。しかしここで寄り道している場合でもありません。

足漕ぎボートや何か子供たちが喜びそうな遊び道具がたくさん設けられていました。

標識に従ってキャンプサイトに向かうのですが、いかんせん公園がとても広くてどこにキャンプサイトがあるのかちょっとわからなくなる時があります。もし迷ったら公園の外の車道に行ったん出てしまえばキャンプサイトの入り口が門になっていますのでわかりやすいと思います。

キャンプサイトの入り口にある看板です。

やっとレセプションにたどり着きました。テント一つ、一人で一泊と伝えて料金を支払います。ステッカーや番号札等特にもらうことはありません。支払ってそれで終了です。基本フランス語のエリアなので、最初こちらが英語で話し出した瞬間、スタッフの「ここはフランスなのに、なんで英語を話すの?」という微妙な表情を感じるのは気のせいでしょうか。。

キャンプサイトの入り口近くの芝生の場所がTMBで歩いてきた人のためのテント場になっています。写真の看板が目印です。

テント設営が終わったのが15時、天気予報では夕方から雷雨です。少しずつ曇ってきました。まだ日の光があるうちに洗濯してテントの上に置いておきます。いつもは曲線美が自慢の真っ赤なテントですが、今日は上に洗濯物だらけです。

16時30分過ぎにはテン場に続々とTMBのハイカー達のテントが設営され、みんな芝生の上でくつろいでいます。ワンポールテントというUL強者から、筆者のようなULの対極を行くヘビー級テント、そしてMSRのテントも相変わらず人気です。ハイカー同士での会話はだいたい天気についてが主になります。

Camping Le Pontetについては以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

モンブラン(4810m)を主峰とする4000m級の山塊を1周するロングトレイルTour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)。今回はテント泊と山小屋泊を交ぜて楽しみました。今回はCamping Le Pontetの特集を行います。

そうこうしている内に雨が降り出しました。

そのまま豪雨、雷鳴というコースで一晩中続くことになり、この日は上の写真が最後になりました。

さて、明日無事出発できるのか?!

次のレポートではTMB1周4日目前半をレポートします。

次のレポート(4日目前半)はこちら

西ヨーロッパ最高峰のモンブラン(4810m)を主峰とする4000m級の山塊を1周する約170kmのロングトレイル「Tour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)」。今回テント泊を織り交ぜてTMB1周のトレッキングを行いました。4日目前半のレポートです。

最後に

いかがでしたか?絶景トレイルの超定番!ツールドモンブラン(TMB)1周トレッキング!レポート⑦。TMB1周開始3日目の後半の模様をレポートしました。展望も素晴らしい場所だったル・プラリオンからからモンジョワ谷に下ってきて、マイナーなアップダウンを繰り返しながら、意外と長いCamping du Pontetまでの道のりでした。天気予報は今日夕方から大雨です。そして明日は山越えです。とにかく怪我のないように注意しながらTMB1周を続けることが大事です!次のレポートをお楽しみに!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする