【超簡単図解】ツェルマット観光でおさえておくべき3本のライン

登山愛好家なら知らない人はいないアルピニストの聖地、マッターホルン (Matterhorn)。そのマッターホルンの麓にある村がツェルマット (Zermatt)です。発達した登山鉄道やロープウェイのおかげで山の絶景が比較的容易に堪能できること、古い町並みと調和した洗練されたホテル・レストラン・各ショップが充実していることで、夏も冬も多くの観光客を惹きつけてやみません。

スイスの他の山同様、ツェルマットでも上りは登山鉄道やロープウェイを利用し、さらに展望台で山の絶景を楽しみ、そして下りはハイキングで帰ってくるという楽しみ方ができます。なお、ツェルマットから高い標高にある各展望台にアクセスする方法は大きく分けて「3本のライン」です。

今回は実際の写真も交えてこの「3本のライン」について概要を説明します。

(1本ずつのラインについては別記事で説明します。)

まずマッターホルンについて知っておこう

ヨーロッパアルプスの名峰の中でも突出した人気を誇るマッターホルン。四角錐型の独立峰で、スイスとイタリアの国境上にそびえたっており、4478mの最高地点はイタリア領内になります。

シュバルツゼ―から頂上までの登攀ルート(ヘンルリ稜)で今では多くの登頂者がおり、ヘンルリ稜の麓にはヘンルリ小屋があります。

上の写真で正面に見えている(向かってヘンルリ稜の左側)が「東壁」で、風の影響でいつも山頂からこの東壁にかけて旗雲がたなびいているように見えます。(上の写真は無風状態の写真になります)

上の写真で、向かってヘンルリ稜の右側が「北壁」で、急峻でかついつも暗い。マッターホルン北壁は真夏でも氷が張り付き、制するのに非常に困難な氷壁として有名です。

そしてこのマッターホルンの麓にある村がツェルマット (Zermatt)です。登山鉄道やロープウェイを利用してこのマッターホルンの絶景を眺めることができる各展望台・ハイキングルートにアクセスすることができます。

ちなみにアウトドアブランド「The North Face」の由来になっているのはヨーロッパアルプスの難壁中の難壁であるアイガーの北壁(ザノースフェイス)と言われていますが、山の最も寒く、最も征服が困難なルートのことを一般にThe North Faceと呼びそれにちなんでつけた社名であるとのことです。なお、同ブランドの3本のラインは、世界三大北壁の「スイスのアイガー北壁」と「マッターホルン北壁」、「フランスのグランジョラス北壁」を意味しています。

ツェルマットの村についても知っておこう

上は駅前広場の写真。左側にブリーグ(Brig)からのMGB鉄道(Matterhorn Gotthard Bahn)のツェルマット駅(Zermatt Bahnhof)があります。馬の奥にゴルナーグラート(Gornergrat)登山鉄道駅が見えます(白に黄色の看板)。

そしてツェルマットにはガソリン車がなく、まさしく排気ガスに汚染されていない村です。ここでは物品の運搬からタクシー業務まで馬車・電気自動車で統一されています。

上の写真はメインストリートの「バーンホフ通り(Bahnhofstrasse)」。

この先すぐの交差で左に曲がるとスイスお馴染みのスーパーマーケット「ミグロ(Migros)」があります。

花を飾った古いシャレー・レストラン等を眺めながらバーンホフ通りを進むと、左に高級ホテル「グランドホテル ツェルマッターホフ(Zermatterhof)」そして正面に教会があるドルフ広場(Dolf Platz)に着きます。

ここで左折し左手に墓地を見て下って行くとマッターフィスパ川(Matter Vispa)にかかる橋になります。そこで右手にマッターホルンを眺めることができます。写真は風の影響で東壁に旗雲がたなびいたマッターホルンで、これもまたマッターホルンらしい風景です。

ツェルマットでおさえておくべき3本のラインはこれだ!

(著作権の問題があり既成のマップを載せることを避けました。自作で拙くてすいません!)

では、向かって左から説明します。

紫色で示したライン

①ツェルマット⇒スネガ(Sunnegga) [地下ケーブルカー]

②スネガ⇒ブラウヘルト(Blauherd) [6人乗りロープウェイ]

③ブラウヘルト⇒ロートホルン(Rothorn) [多人数乗りロープウェイ]

の3つで構成されるラインです。

大人一人の夏季料金の例(7月1日~8月31日、片道/往復) (2017年11月時点)

・Zermatt – Sunnegga : 17.50 CHF/ 26.50 CHF

・Zermatt – Blauherd : 33.00 CHF/ 53.00 CHF

・Zermatt – Rothorn : 48.50 CHF/ 73.50 CHF

・Sunnegga – Blauherd : 16.50 CHF/ 26.50 CHF

・Sunnegga – Rothorn : 31.00 CHF/ 49.50 CHF

・Blauherd – Rothorn : 15.50 CHF/ 24.00 CHF

備考1:~8.99歳は無料、9歳~15.99歳までは半額です。

備考2:スイストラベルパス、スイス半額カードを使用すれば半額になります。

詳細はこちら(Zermatt Bergbahnen)

赤色で示したライン

ツェルマット⇒ゴルナーグラート [登山鉄道]

の単一の交通機関で構成されるラインです。

大人一人の夏季料金の例(7月1日~8月31日、片道/往復) (2017年11月時点)

Zermatt – Gornergrat : 57.00 CHF/ 114.00 CHF

Zermatt – Rotenboden : 51.00 CHF/ 102.00 CHF

Zermatt – Riffelberg : 36.00 CHF/ 72.00 CHF

Zermatt – Riffealp : 25.00 CHF/ 50.00 CHF

Riffealp – Gornergrat : 38.00 CHF/ 76.00 CHF

Riffealp – Rotenboden : 29.00 CHF/ 58.00 CHF

Riffealp – Riffeberg : 20.00 CHF/ 40.00 CHF

Riffeberg – Gornergrat : 27.00 CHF/ 54.00 CHF

Riffeberg – Rotenboden : 15.00 CHF/ 30.00 CHF

備考1:~8.99歳は無料、9歳~15.99歳までは半額です。

備考2:スイストラベルパス、スイス半額カードを使用すれば半額になります。

詳細はこちら(gornergrat bahn)

ゴルナーグラートのチケット割引規定についてはこちら

青色で示したライン

①ツェルマット⇒(フーリ⇒シュワルツゼー)⇒トロッケナーシュテーク(Trockener Steg)[6人乗りロープウェイ]

②トロッケナーシュテーク⇒マッターホルングレッシャーパラダイス[大型ロープウェイ]

の2つで構成されるラインです。

大人一人の夏季料金の例(7月1日~8月31日、片道/往復) (2017年11月時点)

Zermatt – Furi : 12.00 CHF/ 18.50 CHF

Zermatt – Schwarzsee : 35.00 CHF/ 55.00 CHF

Zermatt – Trockener Steg : 47.50 CHF/ 72.50 CHF

Zermatt – Matterhorn glacier paradise : 71.50 CHF/ 110 CHF

Furi – Schwarzsee : 24.00 CHF/ 39.50 CHF

Furi – Trockner Steg : 40.50 CHF/ 61.50 CHF

Furi – Matterhorn glacier paradise : 60.50 CHF/ 92.50 CHF

Schwarzsee – Trockener Steg : 20.00 CHF/ 31.00 CHF

Schwarzsee – Matterhorn glacier paradise : — / 72.50 CHF (往復のみの設定) 

備考1:~8.99歳は無料、9歳~15.99歳までは半額です。

備考2:スイストラベルパス、スイス半額カードを使用すれば半額になります。

備考3:ZermattからMatterhorn glacier paradiseまで行き、帰りはMatterhorn glacier paradise⇒Schwarzseeで降りるとしても、購入するのは「Zermatt⇔Matterhorn glacier paradise往復チケット(110CHF)」になります。

備考4 : 青のライン外になりますが、Furi – Riffelberg : 24.00 CHF/ 38.50 CHFというロープウェイもあります。

詳細はこちら(gornergrat bahn)

ツェルマット交通機関乗車のTIPS

・IDとなるものを必ず携帯しておきましょう。(パスポートを持っていたらパスポートがベスト)

・チケット購入の窓口で、スイス半額パスもしくはスイストラベルパスの提示とパスポートの提示を求められます。

・多くの場合、乗車値から目的地までの一括購入がチケットとしては安くなります。(途中まで乗って、またそこから買い足しするとTOTALのチケット費用は高価になります)

最後に

いかがでしたか?マッターホルンの絶景を堪能する上で、ツェルマットを起点にしている交通機関をすべて網羅するとごちゃごちゃしてとっつきにくいところを、本記事では大きく3本のラインに分類して簡単に図解で説明してみました。ツェルマット観光ならまず、この主要な交通機関をおさえてそれからアレンジするとプランが立てやすいと思います。是非ツェルマット観光の参考にしていただければと思います。また、各ライン・展望台・ハイキングコースについて実際の写真を交え記事を今後アップしていきますのでどうぞお楽しみに。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする