壮大なスケールの紅葉に感動!秋のクングスレーデン トレッキング!5日目 前編

クングスレーデン(スウェーデン語:Kungsleden、英語:King’s Trail、日本語訳:王様の散歩道)は全長440kmにわたるスウェーデン北部に位置する北極圏内のロングトレイルです。最も多くのハイカーに歩かれているルートはクングスレーデン北部(アビスコ~ケブネカイセ)で、夏の期間は白夜でもあり多くのハイカーが訪れます。しかし、北極圏内のこの場所は毎年9月の中旬には冬の兆しが出始め、ほぼすべての山小屋がCloseとなります。今回、山小屋がCloseとなった後の9月最終週の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間かけてトレッキングを行いました。

本記事では、「ハイク5日目 前編 チェクチャからアレスヤーレへ」をレポートします。

1つ前のレポートはこちら

山小屋がCloseとなった後の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間のトレイルハイクしました。本記事では、「ハイク4日目 後編 チェクチャ小屋」をレポートします。

1つ後のレポートはこちら

山小屋がCloseとなった後の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間のトレイルハイクしました。本記事では、「ハイク5日目 後編 アレスヤーレ小屋とテント場」をレポートします。

ハイク5日目 チェクチャ から アレスヤーレ へ

  • 開始:Tjäktja(チェクチャ) (11時00分)
  • 到着:Alesjaure(アレスヤーレ) (15時30分)
  • 距離:13㎞

今日は快晴、出発

緊急避難小屋に泊まったおかげで、今朝はテント撤収作業をする必要がありません。朝小屋の掃除をしたあと、一緒だったスウェーデン人夫婦を見送り、川から水を汲み少しくつろぐこととにしました。今日は今のところ雲一つない快晴です。忘れ物がないか最終確認の後、アレスヤーレに向けて出発です。

アレスヤーレ方面に向かって歩き始めます。見渡すところ雲一つありません。

対岸にチェクチャ小屋が見えます。水場に降りていく道もうっすら確認できます。

昨日チェクチャ峠を越えてから、道はかなり歩きやすくなった印象です。登りがほとんどありません。

太陽の向きと歩く方向の組み合わせが偶然、自分の影を綺麗に映し出していました。

平坦で歩きやすい道が続きます。快晴も相まって清々しい気分です。

比較的広い渡渉が出現します。踏み台とする石を慎重に選びます。防水のブーツなら川底を普通に歩いても問題ありません。

平坦な道をどんどん進んでゆきます。今日は見通しが素晴らしいです。

少し登りになりますが、今までに比べるとなんてことはありません。

緩やかな上りが終わると、気持ちいいほどのまっすぐ平坦な道になります。

右に連なる3つの山を見て歩くこのあたりは、少しアップダウンがあります。空と紅葉のコントラストがとても綺麗です。

右の3連山を見ながらしばらく歩いていくと吊り橋が現れます。クングスレーデンの吊り橋は上下の揺れがスリリングで楽しいです。

吊り橋を渡った後は、左手に川を見ながら歩くことになります。

Meditationsplatsは直訳すると「瞑想場所」です。スウェーデンの外交官、作家、国連事務総長だったDag Hammarskjöld(1905-61)にちなんで、北部クングスレーデンにはトレイル沿いに短い文章が彫刻された石とともに7つの瞑想場所があります。

進行方向右、果てしない紅葉のカーペットが広がっています。

進行方向左、こちらの景色も雄大です。

今日は広めの渡渉が多く、滑らないように注意です。

やっと建物が見えてきました。いつもの通り歩くスピードが自然と速くなります。

小屋の方角ばかり見て歩いていましたが、その逆サイドも綺麗な紅葉があることに気づきました。

小屋が近くなってきました。速く歩きたい気持ちもありますが、赤色が綺麗なこのあたりも満喫したい気持ちもあります。

吊り橋を渡った先にあるのがアレスヤーレ小屋です。今日は総じて平坦な道でした。

吊り橋のたもとにある標識です。サルカから25㎞、チェクチャから13㎞、今まで歩いて来た道です。吊り橋を渡った先、短いが比較的急な登りを登り切ったところにアレスヤーレ小屋があります。

1つ前のレポートはこちら

山小屋がCloseとなった後の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間のトレイルハイクしました。本記事では、「ハイク4日目 後編 チェクチャ小屋」をレポートします。

1つ後のレポートはこちら

山小屋がCloseとなった後の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間のトレイルハイクしました。本記事では、「ハイク5日目 後編 アレスヤーレ小屋とテント場」をレポートします。

トレイルハイクレポート

Enjoy traveling soloの秋のクングスレーデン トレイルハイク 全リポートです。

山小屋がCloseとなった後の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間のトレイルハイクしました。本記事では、「ハイク前々日 ストックホルム→キルナ」「ハイク前日 キルナ泊」をレポートします。
山小屋がCloseとなった後の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間のトレイルハイクしました。本記事では、「ハイク1日目 前編 キルナ→ニッカルオクタ→ケブネカイセマウンテンステーション」をレポートします。
山小屋がCloseとなった後の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間のトレイルハイクしました。本記事では、「ハイク1日目 後編 ケブネカイセマウンテンステーション」をレポートします。
山小屋がCloseとなった後の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間のトレイルハイクしました。本記事では、「ハイク2日目 ケブネカイセマウンテンステーションからシンギへ」をレポートします。
山小屋がCloseとなった後の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間のトレイルハイクしました。本記事では、「ハイク3日目 シンギからサルカへ」をレポートします。
山小屋がCloseとなった後の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間のトレイルハイクしました。本記事では、「ハイク4日目 前編 サルカからチェクチャへ」をレポートします。
山小屋がCloseとなった後の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間のトレイルハイクしました。本記事では、「ハイク4日目 後編 チェクチャ小屋」をレポートします。
山小屋がCloseとなった後の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間のトレイルハイクしました。本記事では、「ハイク5日目 前編 チェクチャからアレスヤーレへ」をレポートします。
山小屋がCloseとなった後の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間のトレイルハイクしました。本記事では、「ハイク5日目 後編 アレスヤーレ小屋とテント場」をレポートします。
山小屋がCloseとなった後の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間のトレイルハイクしました。本記事では、「ハイク6日目 前編 アレスヤーレからアビスコヤーレ①」をレポートします。
山小屋がCloseとなった後の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間のトレイルハイクしました。本記事では、「ハイク6日目 中編アレスヤーレからアビスコヤーレ②」をレポートします。
山小屋がCloseとなった後の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間のトレイルハイクしました。本記事では、「ハイク6日目 後編アビスコヤーレからアビスコツーリストステーション」をレポートします。
山小屋がCloseとなった後の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間のトレイルハイクしました。本記事では、「ハイク終了翌日アビスコツーリストステーションからストックホルムへ」をレポートします。

秋のクングスレーデン まとめ

準備・ルート検討についてはこちらにまとめています。

山小屋がCloseとなった後の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間のトレイルハイクしました。本記事では秋特有の事情を踏まえた北部クングスレーデンへの準備・ルート検討をレポートします。

環境条件・装備についてはこちらにまとめています。

山小屋がCloseとなった後の秋の北部クングスレーデン(ニッカルオクタからアビスコSTFまでの110km)を6日間のトレイルハイクしました。本記事では秋特有の事情を踏まえ北部クングスレーデンの環境、装備のまとめをレポートします。
スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする