アイスランドの宿泊 安い・快適なら断然ホステル!ダウンタウン ハイ ホステル編!

ヨーロッパ最大の氷河を持ち同時に火山活動も世界有数のアイスランド。まさに「氷と火」の大自然が織りなす絶景は私たちに自然の雄大さ・不思議さ・美しさを感じさせてくれます。冬はオーロラ、夏は白夜の状態、そして代表的なロングトレイルのロイガーヴェーグル、その他氷河ツアーや氷のトンネル、火山、ゴールデンサークル等、観光客を魅了して止みません。今回はこのアイスランドの首都レイキャビクにある大人気ホステルのうちの一つ「レイキャビク ダウンタウン ハイホステル」を徹底解説します。

Reykjavik Downtown HI Hostel
以下のサイトでの宿泊施設の紹介(レビュー・施設情報)を見てみる。(予約も可能)
Booking.com Expedia  TripAdvisor

アイスランド レイキャビク の位置

上の地図上オレンジのピンがアイスランドのケプラヴィーク国際空港(KEF)です。

参考として、北欧4国の主要国際空港をブルーのピンで打ってみました。

北緯64-66度に位置しており、夏至6月21前後は白夜になります。その間真夜中でも沈まない太陽をみることができ、暗くなりません。

アイスランドの首都レイキャビクへのアクセス

アイスランド ケプラヴィーク国際空港へのアクセス

アイスランド ケプラヴィーク国際空港へのアクセスについて以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

ヨーロッパ最大の氷河を持ち同時に火山活動も世界有数のアイスランド。まさに「氷と火」の大自然が織りなす絶景は私たちに自然の雄大さ・不思議さ・美しさを感じさせてくれます。今回はこのアイスランドの首都レイキャビクへの起点となるケプラヴィーク空港の徹底解説を行います。

アイスランド 空港⇔レイキャビク市内へのアクセス

アイスランド 空港⇔レイキャビク市内へのアクセスについては以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

大自然が織りなす絶景を楽しめるアイスランド。今回は、昨年にレポートした「アイスランド! 空港からレイキャビク市内へはFLYBUS/FLYBUS+が便利!」の記事を内容量大幅充実・パワーアップさせて2018年版に改訂しましたので徹底解説していきます。

レイキャビクでのホテルの選び方

上にレイキャビクの街を示してみました。筆者が考えるレイキャビク宿泊先を選ぶポイントは、宿泊先の立地条件です。

ここでは大きく4つに分類してみます。その分け方は以下の4つです。

①レイキャビクの街東部(上のマップのラインより東)

②レイキャビクの街中央東部(上のマップのラインの間)

③レイキャビクの街中央部(上のマップのラインの間)

④レイキャビクの街西部(上のマップのラインより西)

なお、上のマップでは以下のように色分けして分類しています。

ブルーのピン:ホテル

オレンジのピン:ホステル

グリーンのピン:キャンプサイト

ケプラビーク国際空港からレイキャビクのほぼすべての宿泊施設へはFly Busなどのバスサービスを利用することでアクセスが可能です。ですので空港⇔宿泊施設(行き・帰り)に関してはどの場所に宿泊しても実際は大きな問題になりません。

実際旅行者が宿泊して気にする点は、レイキャビクの街中心からの距離、ということになると思います。

筆者はレイキャビクの街東部の宿泊場所に泊まることが多いですが、レイキャビクの観光場所が集まっている中心部まで歩くことに特に苦になったことはありません。また、レンタカーを借りる旅行者にとっては中心部の宿泊施設に泊まるよりはむしろ東部などの外れた場所のほうが駐車しやすいなどの利点があります。

レイキャビクの街中にある観光場所(例:ハットルグリムス教会、ロイガヴェーグル通りのにぎわっている部分等)は主に街中央部にあります。

また、チョルトニン湖や市役所はレイキャビク街西部にあり、この西部の海側にはアイスランドの旅で必須のディスカウントストアBonus、Netto、Kronanが一気に集まっており、同時にアウトドアショップのEllingsenもあるというショッピングエリアがあります(このショッピングエリアへは徒歩でも苦にはなりませんが、天候不順があれば車があると楽な距離です)

アイスランド レイキャビクでのホテル選びついては以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

ヨーロッパ最大の氷河を持ち同時に火山活動も世界有数のアイスランド。まさに「氷と火」の大自然が織りなす絶景は私たちに自然の雄大さ・不思議さ・美しさを感じさせてくれます。今回はこのアイスランドの首都レイキャビクでのホテルの選び方 徹底解説!を行います。

レイキャビク ダウンタウン ハイホステル

さあ、お待たせしました。では本題の「レイキャビク ダウンタウン ハイホステル」の紹介をしていきます。「レイキャビク ダウンタウン ハイホステル」はレイキャビクの街西部の端に位置していて、観光場所の中心地にほど近い立地です。

人気ホステルの「レイキャビク ダウンタウン ハイホステル(Reykjavik Downtown HI Hostel)」。レイキャビクの各観光場所に近いとても良い立地です。入り口は2つあり、向かって左がカフェとレセプション、右が宿泊棟です。では左の入り口から入ってみましょう。

レイキャビク ダウンタウン ハイホステルのカフェ部分を通り抜けると、受付・レセプションです。アイスランドのどこのホステルもそうですが、とてもフレンドリーなスタッフが対応してくれます。

カフェの部分から2段階段を降りるとレセプションです。レセプションの周りに各種現地ツアーのパンフレットがたくさん置いてあります。

レセプションの右側はカフェの注文場所にもなっています。簡単なケーキや各種飲み物を作ってくれます。

レセプション横にある各種現地ツアーのパンフレットです。かなりの数を揃えています。

朝食時は、このカフェ部分が朝食会場になります。他のホステルと同様シンプルな構成です。豪華な朝食にこだわる人はホステルはオススメしません。値段が2~3倍になりますが、ホテルをお勧めします。

宿泊棟

では宿泊棟の方に行ってみましょう。カフェを出てもう一つ側のドアを開けて入ります。

狭い廊下を階段で登っていきます。他のホステルと同様共有キッチンがありますが、ダウンタウンハイホステルはすぐ横の別棟にあります。今回は割愛します。

人気のダウンタウンハイホステルですが、一つ問題点を挙げるとするならばエレベーターがないことです。個室利用は4階の部屋になりますので、バックパックなら問題ないのですが、スーツケースは持って上がるのに一苦労かもしれません。各階段の踊り場には不要な洗顔フォーム、シャンプー、髭剃りクリームが寄付してある場所、使用済みのベッドリネンを入れるボックスなどが配置してあります。

各部屋につながる共有廊下部分です。コンロはありませんが、食器を洗える水道があります。各個室、シャワールームがこの場所からアクセスできます。

個室ルームです。ツインベッドですので1名1室利用、2名1室利用が可能です。部屋には大きなクローゼットもあります。

共有シャワールームです。ダウンタウンハイホステルは個室利用の場合でもこの共有シャワールームを利用することになります。非常に清潔に保たれています。

その他

ホステルならではの掲示板には、各方面に行くバスの案内と、カーシェアリングの名前を書く用紙が張り付けてあります。「明日、○○に行くけど誰か行きたい人!」という感じで掲示板に書いてありますので、名前を書き込んで安く個人のレンタカーで現地に向かうことも可能です。これはヨーロッパ・北欧のホステルでも多く見かける掲示版です。参加の安全性に関しては自己責任ですので、注意は必要です。またアイスランドにある35のハイホステルの紹介も見ているだけでワクワクするポスターです。

Tips

レイキャビク ダウンタウンハイホステルのそばにはレストラン、バーがたくさんあり飲食にはこまりません。歩いて行けるスーパーマーケットとなるとロイガヴェーグル通りにあるBONUSがディスカウントストアとしては一番近いものになります。車でアイスランドを1周するなどでレンタカーを借りている人には、車で数分も走ればBONUSやKRONANがありますのでそちらを利用するのも便利です。

アイスランド 1周やトレッキングの前に!アウトドアショップ・ディスカウント店!解説については以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

まさに「氷と火」の大自然が織りなす絶景は私たちに自然の雄大さ・不思議さ・美しさを感じさせてくれるアイスランド。今回はアイスランド1周やロイガヴェーグルトレッキングの前に知っておきたいレイキャビクでのアウトドアショップ・ディスカウントストアの解説を行います。

物価が超高いレイキャビクでの手頃な値段で手軽に食べたい時の味方!徹底ガイド!については以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

まさに「氷と火」の大自然が織りなす絶景は私たちに自然の雄大さ・不思議さ・美しさを感じさせてくれるアイスランド。首都レイキャビクは物価が超高いことも有名です。今回はレイキャビクで食事する際、手頃な値段で手軽に食べるならこれだ!を徹底解説行います。

最後に

いかがでしたか?今回、アイスランド レイキャビクの大人気ホステルのうちの一つ「レイキャビク ダウンタウン ハイホステル」 徹底解説!を行いました。アイスランドは、大自然が織りなす絶景をめぐるトレッキングコース、レンタカー・ツアーバスも豊富で、冬にはオーロラ、さらにゲイシールなどの観光客に大人気の場所もあり、いつ訪れても尽きない魅力があります。レイキャビク市内の宿泊を起点としてそれらを楽しむことができます。本ページが素敵なアイスランドの旅の手助けになるなれば幸いです。是非機会があればアイスランドを訪れてみてください。

Reykjavik Downtown HI Hostel
以下のサイトでの宿泊施設の紹介(レビュー・施設情報)を見てみる。(予約も可能)
Booking.com Expedia  TripAdvisor
 
スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする