物価が高いレイキャビク!手頃な値段で手軽に食べたい時の味方!徹底ガイド!

ヨーロッパ最大の氷河を持ち同時に火山活動も世界有数のアイスランド。まさに「氷と火」の大自然が織りなす絶景は私たちに自然の雄大さ・不思議さ・美しさを感じさせてくれます。冬はオーロラ、夏は白夜の状態、そして代表的なロングトレイルのロイガーヴェーグル、その他氷河ツアーや氷のトンネル、火山、ゴールデンサークル等、観光客を魅了して止みません。そして首都レイキャビクは物価が超高いことも有名です。今回はレイキャビクで食事する際、手頃な値段で手軽に食べるならこれだ!を徹底解説行います。

アイスランド レイキャビク の位置

上の地図上オレンジのピンがアイスランドのケプラヴィーク国際空港(KEF)です。

参考として、北欧4国の主要国際空港をブルーのピンで打ってみました。

北緯64-66度に位置しており、夏至6月21前後は白夜になります。その間真夜中でも沈まない太陽をみることができ、暗くなりません。

アイスランドの首都レイキャビクへのアクセス

アイスランド ケプラヴィーク国際空港へのアクセス

アイスランド ケプラヴィーク国際空港へのアクセスについて以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

ヨーロッパ最大の氷河を持ち同時に火山活動も世界有数のアイスランド。まさに「氷と火」の大自然が織りなす絶景は私たちに自然の雄大さ・不思議さ・美しさを感じさせてくれます。今回はこのアイスランドの首都レイキャビクへの起点となるケプラヴィーク空港の徹底解説を行います。

アイスランド 空港⇔レイキャビク市内へのアクセス

アイスランド 空港⇔レイキャビク市内へのアクセスについては以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

大自然が織りなす絶景を楽しめるアイスランド。今回は、昨年にレポートした「アイスランド! 空港からレイキャビク市内へはFLYBUS/FLYBUS+が便利!」の記事を内容量大幅充実・パワーアップさせて2018年版に改訂しましたので徹底解説していきます。

レイキャビクでのホテルの選び方

上にレイキャビクの街を示してみました。筆者が考えるレイキャビク宿泊先を選ぶポイントは、宿泊先の立地条件です。

なお、上のマップでは以下のように色分けして分類しています。

・ブルーのピン:ホテル

・オレンジのピン:ホステル

・グリーンのピン:キャンプサイト

ここでは大きく4つに分類してみます。その分け方は以下の4つです。

①レイキャビクの街東部(上のマップのラインより東)

ヨーロッパ最大の氷河を持ち同時に火山活動も世界有数のアイスランド。まさに「氷と火」の大自然が織りなす絶景は私たちに自然の雄大さ・不思議さ・美しさを感じさせてくれます。今回はこのアイスランドの首都レイキャビクでのホテルの選び方 街東部編!徹底解説!を行います。

②レイキャビクの街中央東部(上のマップのラインの間)

ヨーロッパ最大の氷河を持ち同時に火山活動も世界有数のアイスランド。まさに「氷と火」の大自然が織りなす絶景は私たちに自然の雄大さ・不思議さ・美しさを感じさせてくれます。今回はこのアイスランドの首都レイキャビクでのホテルの選び方 街中央東部編!徹底解説!を行います。

③レイキャビクの街中央部(上のマップのラインの間)

ヨーロッパ最大の氷河を持ち同時に火山活動も世界有数のアイスランド。まさに「氷と火」の大自然が織りなす絶景は私たちに自然の雄大さ・不思議さ・美しさを感じさせてくれます。今回はこのアイスランドの首都レイキャビクでのホテルの選び方 街中央部編!徹底解説!を行います。

④レイキャビクの街西部(上のマップのラインより西)

ヨーロッパ最大の氷河を持ち同時に火山活動も世界有数のアイスランド。まさに「氷と火」の大自然が織りなす絶景は私たちに自然の雄大さ・不思議さ・美しさを感じさせてくれます。今回はこのアイスランドの首都レイキャビクでのホテルの選び方 街西部編!徹底解説!を行います。

レイキャビクのホテルの選び方まとめは以下にもまとめていますので、ぜひご覧ください。

ヨーロッパ最大の氷河を持ち同時に火山活動も世界有数のアイスランド。まさに「氷と火」の大自然が織りなす絶景は私たちに自然の雄大さ・不思議さ・美しさを感じさせてくれます。今回はこのアイスランドの首都レイキャビクでのホテルの選び方 徹底解説!を行います。

レイキャビクでお手軽価格・気軽に食べるならこれだ!

お待たせしました。さあ、本題に入りましょう。

物価の超高いレイキャビクですので、毎日毎晩レストランでコースディナーやステーキや魚料理を食べるとお財布にもお腹にもなかなか辛くなってきます。

そういう時に、お手軽価格・気軽に食べることができる料理・雰囲気のよいファーストフードを今回は徹底紹介します。

Bæjarins beztu pylsur “Bæjarins beztu”

英訳すると(English: The best hot dog in town)で街で一番のホットドッグ屋です。イギリスの新聞Guardian紙で2006年にヨーロッパで一番のホットドッグ屋に選出されました。大半のアイスランド人が食べているともいわれるホットドッグ屋で1937年から営業されています。アメリカの元大統領のビル・クリントンやその他の著名人も立ち寄って食べたということで記念写真も飾られています。

大体行列になっていますが、回転は超速いのですぐ順番が回ってきます。ホットドッグ自体はシンプルでパンにソーセージが挟まって、ケチャップとマスタードが掛かっているというものです。ちょっと小腹を満たしたいときに本当に重宝する出店です。値段も安いので一人で2~3本購入する人も多くいます。

非常にシンプルなのですがスナック感覚でおいしいです。

Bæjarins beztuの公式ウェブサイトはこちら

Hamborgarabúlla Tómasar

レイキャビク西側にあるIcelandair Hotelの横に立っているハンバーガーレストランです。では行ってみましょう。

横断歩道を渡ります。店の入り口は通りからぐるっと裏手に回った場所にあります。

所せましとメニューが書かれています。アイスランド語で書かれているので、ノリのよい店員に英語の説明を聞きます。もしくは、英語のメニューもレジテーブルにありますのでそれをみてハンバーガーの内容を注文します。

基本ハンバーガー名を告げたら、肉の重量、付け合わせのポテト、ポテトのソースの内容、飲み物などを聞かれますので、答えましょう。

所せましと書かれているメニューです。店員もとてもフレンドリーです。

メニューを拡大してみます。ファーストフードで安めといえど、レイキャビクでは値段はやはりこれくらいはします。

店内の様子です。気軽に食べれるカジュアルな雰囲気です。

シンプルなセットを注文してみました。ポテトの量はたっぷりあります。

Icelandic Fish and Chips

火山博物館、The Volcano Houseの横に隣接してある雰囲気のよいレストランです。

カジュアルな雰囲気で、店に入るとまず人数を言えば席に案内してもらえます。

カジュアルなレストランで安めですが、レイキャビクの物価がお分かりいただけるかと思います。

本日の魚が何がいいのが入っているかが壁に描かれています。今回はCod(タラ)のフライをいただくことにしました。

魚のフライ単品はこんな感じなります。これと同時にポテトやサラダなどを一緒にオーダーすることができます。美味です。

NONNABITI

なんといっても特徴は夜の2時まで営業しているという、サンドイッチ屋です。テイクアウトはもちろん、意外と広い店内でゆっくり食べることもできてオススメです。

サブウェイのようなシステムで基本サンドウィッチを選んで色々オーダーを進めていきます。

かなりの種類(20種類以上)のサンドウィッチを選ぶことができます。しかも結構サイズが大きいです。

レジの向かいにメニューがありますのでそれを見てから注文でもよいですね。

ファーストフードといえど、レイキャビクでは結構な値段です。

テイクアウトの時はこの紙袋に入れて渡してもらえます。

サイズも大きく、中身も飛び出すほどたくさんありますので、テーブルのあるところでフォークがあったほうがいいかもしれません。もちろんおいしいです。

その他

火山博物館、The Volcano Houseの向かいにラーメン屋もあります。アイスランドで人気のラーメン屋です。

最後に

いかがでしたか?今回、レイキャビクで食事する際、手頃な値段で手軽に食べるならこれだ!を徹底解説行いました。アイスランドは、大自然が織りなす絶景をめぐるトレッキングコース、レンタカー・ツアーバスも豊富で、冬にはオーロラ、さらにゲイシールなどの観光客に大人気の場所もあり、いつ訪れても尽きない魅力があります。レイキャビク市内の宿泊を起点としてそれらを楽しむことができます。本ページが素敵なアイスランドの旅の手助けになるなれば幸いです。是非機会があればアイスランドを訪れてみてください。

 
スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする