フランス TMB・Haute routeの起点! シャモニーの街 徹底解説!

ヨーロッパアルプスの山々の中でもモンブラン(Mont Blanc, 4810m)は日本人にもその名前は知らない人はいないというほど有名です。この西ヨーロッパ最高峰のモンブランを主峰としてグランドジョラスなどの4000m超級の山がこのエリアに塊のように存在しており、その山群の周りを1周する約170kmのロングトレイルが「Tour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)」です。

そして、

マッターホルン(Matterhorn、4478m)も世界的にその名前は知らない人はいないというほど有名で、その姿はヨーロッパアルプスの中でも群を抜いて雄大で多くの人を魅了し続けています。この世界が誇るヨーロッパの2大名峰の間をつなぐロングトレイル(約150㎞以上)が「Haute route(オートルート)」です。

TMBもHaute routeもその特徴としてほぼ毎日峠越えがあり、毎日1500m~2000mのアップダウンの標高差があります。そのため絶景を見るポイントには事欠きません。

この2大人気ロングトレイルの起点(基点)となるのが、フランスのChamonix(シャモニー)の街です。

今回はそのシャモニー(Chamonix)の街の徹底解説を行います。

シャモニー(Chamonix)はどこにある?

フルスクリーン表示

レッドのピンがChamonix Mont Blanc駅です。参考にジュネーブ空港、チューリッヒ空港、ミラノマルペンサ空港、パリシャルルドゴール空港、フランクフルトアムマイン空港をブルーのピンで打ってみました。

シャモニー(Chamonix)へのアクセス

シャモニー(Chamonix)の街はフランスになりますが、距離的・交通の便の面から、シャモニー(Chamonix)へのアクセスはスイスのジュネーブ空港からが向かう方法がメジャーです。

シャモニー(Chamonix-Mont-Blanc)へのアクセス方法について以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

ヨーロッパアルプスを堪能する2大人気ロングトレイルTMBとHaute route。それらの基点となるのが、フランスのChamonix(シャモニー)です。今回はそのシャモニー(Chamonix)へアクセスと、ジュネーブ空港から簡単 ・便利なALPY BUSの解説を行います。

シャモニーの街のポイント

筆者が考えるシャモニーの街を歩く際におさえておくべきポイントを下に示します。

  • ブルーのピンChamonix Mont-Blanc 駅(フランス国鉄SNCF)
  • グリーンのピンChamonix SUD バス停
  • パープルのピン:Chamonix Centre バス停
  • イエローのピン:Aiguille du Midiへのロープウェイ乗り場
  • オレンジのピン:Tourist Information Center
  • ブラウンのピン:Le Bréventへのロープウェイ乗り場
  • 紫のライン:Avenue Michel Croz (ミッシェル・クロ通り)
  • 青のライン:Rue Joseph Vallot (ジョセフ・ヴァロ通り)
  • 緑のライン:Rue du Dr Paccard(ドクターパカール通り)
  • ピンクのライン:Avenue de l’Aiguille du Midi (エギーユデュミディ通り)

以上の場所は、シャモニーを訪れたらおそらく必ず通る、もしくは利用する場所になりますので位置関係を把握しておくと移動がスムーズです。

交通機関でおさえておくポイント

シャモニーの街で最低限交通機関でおさえておくポイントは3つあります。それは以下の3つです。

  • Chamonix Mont-Blanc 駅(フランス国鉄SNCF)
  • Chamonix SUD バス停
  • Chamonix Centre バス停

ではそれぞれを解説していきます。

Chamonix Mont-Blanc 駅(フランス国鉄SNCF)

フランス国鉄SNCF(Société Nationale des Chemins de fer Français)が運行しています。

フランスのSt.Gervais-Chamonix-スイスのMartignyの約55kmの区間を走行する「Mont-Blanc Express」のまさに中心的役割がある駅がこの「Chamonix Mont-Blanc駅」です。

Chamonix Mont-Blanc駅に張ってあるMartigny→Chamonix→St.Gervais向きの列車の時刻表を一例で示します。スイス-フランス国境のVallorcine~Les Bossons間の列車の本数は約30分おき、と比較的頻繁に運行されています。そしてこの区間のSNCFはChamonixの宿泊施設に泊まると無料で利用できます(宿泊先でフリーパスチケットを貰えます)。

SNCFのウェブサイトはこちらから

Chamonix SUD バス停

Chamonix centreバス停と同じくChamonixの街の中心にある重要なバス停です。

Chamonix Busのレギュラー路線は以下の5つです。

  • 1番バス:Les Houches – Les Praz Flegere
  • 2番バス:Le Tour – Les Bossons
  • 3番バス:Chamonix – Servoz
  • 5番バス:La Prarion – Argentière 間の夜間バス
  • 6番バス:Servoz shuttle

Chamonix Busに関しては以下のウエブサイトで路線図も詳しく示されています。

特に時刻表がPDFですべて網羅されていてわかりやすく便利です。

Chamonix Busのウエブサイト

Chamonix Busのインフォメーションセンター兼チケットカウンターがあります。

Chamonix Sudバス停はChamonix bus以外にもジュネーブ空港やその他の場所からの長距離バスにとってのバスターミナル的な役割もあります。

Chamonix Centre バス停

バス停の名前的にはChamonix中心という意味ですが、今はChamonixの街のバスターミナル的役割はChamonix SUDバス停になっています。Chamionix Centreバス停はは場所的にはシャモニーの中心に一番近く、多くのホテルが近くにあります。Rue du Dr Paccard(ドクターパカール通り)に歩いてすぐで、Tourist Information Centerにも歩いて5分以内の場所にあります。

最低この「通り」をおさえておく! 

シャモニーを観光する上で以下の4つの「通り」を把握しておくと移動がスムーズです。

    • 紫のライン:Avenue Michel Croz (ミッシェル・クロ通り)
    • 青のライン:Rue Joseph Vallot (ジョセフ・ヴァロ通り)
    • 緑のライン:Rue du Dr Paccard(ドクターパカール通り)
    • ピンクのライン:Avenue de l’Aiguille du Midi (エギーユデュミディ通り)

Avenue Michel Croz (ミッシェル・クロ通り)

SNCFのChamonix Mont-Blanc駅からまっすぐ西にのびる、人通りの多い通りです。この通りには主にレストラン・カフェテリア、スーパーがあります。日本食レストランも1軒あります。

Rue Joseph Vallot (ジョセフ・ヴァロ通り)

Avenue Michel Croz (ミッシェル・クロ通り)とCLOCK OF CHAMONIXで交差して北にのびる通りです。この通りにはスーパ―マーケット、レストラン、アウトドアブランドショップが並んでいます。日本食レストランも1軒あります。

Rue du Dr Paccard(ドクターパカール通り)

写真の場所は郵便局があるバルマ広場になりますが、ここから南にのびる通りがRue du Dr Paccard(ドクターパカール通り)です。Chamonixの街の中でも最も多くの人の往来があり、有名アウトドアブランドショップが連続してずっと軒を並べています。

Avenue de l’Aiguille du Midi (エギーユデュミディ通り)

Aiguille du Midiへのロープウェイ乗り場に向けて南東向きにのびる通りです。アウトドア用品ショップやレストランがいくつかあります。

以上、

最低の4つの通りの位置関係を把握しておくと買い物や各ロープウェイ乗り場へのアクセスに便利です。

シャモニーが起点のロープウェイ乗り場2つ!

素晴らしい眺めの高標高の展望台へのロープウエイ乗り場がシャモニー中心部に2つあります。

  • ブルーのピンChamonix Mont-Blanc 駅(フランス国鉄SNCF)
  • グリーンのピンChamonix SUD バス停
  • パープルのピン:Chamonix Centre バス停
  • イエローのピン:Aiguille du Midiへのロープウェイ乗り場
  • オレンジのピン:Tourist Information Center
  • ブラウンのピン:Le Bréventへのロープウェイ乗り場

Aiguille du Midiへのロープウェイ乗り場

天気のいい日は午前中から多くの人が並びます。向かって右にチケットカウンターがありますので、まずチケットを購入します。購入時にチケットと整理番号を渡されます。

左がロープウェイのチケット、右が整理番号がついたプラスティックカードです。

建物の中を見ると液晶モニターに「現在は58番の整理番号カードを持っている人が並ぶ時間」と表示されています。1番ごとに5~10分要していますので、自分の整理番号の順番がやってくるまで適当にブラブラすることができます。

Aiguille du Midi展望台については以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

ヨーロッパアルプスを堪能する2大人気ロングトレイルTMBとHaute route。その基点となるのがフランスのChamonix(シャモニー)です。シャモニーから簡単にアクセスでき屈指の絶景を楽しめるAugille du Midi(エギーユ・デュ・ミディ)展望台の解説(前編)を行います。
ヨーロッパアルプスを堪能する2大人気ロングトレイルTMBとHaute route。その基点となるのがフランスのChamonix(シャモニー)です。シャモニーから簡単にアクセスでき屈指の絶景を楽しめるAugille du Midi(エギーユ・デュ・ミディ)展望台の解説(後編)を行います。

Le Bréventへのロープウェイ乗り場

Mont-Blancやその周囲の針峰群、遠くグランドジョラスまで見ることもできるLe Bréventの展望台へ向かうロープウェイの乗り場です。ロープウェイは途中Planprazを経由していきます。

Le Bréventの展望台やPlanprazについて記載している筆者のTMBトレッキングレポートは以下になります。是非ご覧ください。

西ヨーロッパ最高峰のモンブラン(4810m)を主峰とする4000m級の山塊を1周する約170kmのロングトレイル「Tour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)」。今回テント泊を織り交ぜてTMB1周のトレッキングを行いました。2日目後半のレポートです。

Tourist Information Center (Office de Tourisme)

TMBをはじめとするロングトレイルトレッキングは勿論、観光、ホテルの予約、各地へのアクセスなどの多様な問い合わせに対応するツーリストインフォメーションです。今はいくつかの山小屋でネット経由で予約・照会ができるようになりましたが、まだ多くは直接電話で予約をする必要があります。そのため、このツーリストインフォメーションでスタッフにお願いしてTMBの宿を確保していく人も多いようです。

ツーリストインフォメーションセンターの中は洗練された内装です。英語に対応してくれていますので安心です。

Chamonixグッズも中で販売されています。

筆者もTMB2日目でプラリオンのアクセスについて尋ねに利用しましたが、スタッフは非常に丁寧で素晴らしい対応でした。

なお、Église Saint-Michel (of Chamonix-Mont-Blanc)というカトリック教会がツーリストインフォメーションの向かいにあります。まさに背後に見えているのがLe Brévent(2525m)です。

1100年頃からの歴史があり、1700年以降数回の破壊や再建、修復を今まで経て今の形に至るとのことです。

シャモニーの厳選アウトドア用品ショップ

数日間にわたるロングトレイル、日帰りトレッキングなどの起点になるシャモニー。幅広い品揃えのアウトドアショップがいくつかあります。トレッキング好きの人なら見るだけでも楽しい場所です。各ブランドの製品を幅広くそろえている総合アウトドアショップ、有名アウトドアブランドの専門ショップなどがシャモニーには豊富にあります。

シャモニーの厳選アウトドアショップについて以下に詳しくまとめましたので是非ご覧ください。

ヨーロッパアルプスを堪能する2大人気ロングトレイルTMBとHaute route。それらの基点(起点)となるのが、フランスのChamonix(シャモニー)です。今回はそのシャモニー(Chamonix)の街にあるアウトドアショップを厳選して徹底解説を行います。

最後に

いかがでしたか?「フランス TMB・Haute routeの起点! シャモニーの街 徹底解説!」。今回はシャモニーの街の公共交通機関のポイント、ロープウェイ乗り場、最低限覚えておくと便利な「通り」を解説しました。ロングトレイルトレッキング前の買い出しや、観光でのお買い物も楽しめるシャモニーの街。限られた時間で効率良く周るためのエッセンスとして本ページの内容を把握しておくと便利な事間違いなし!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする