フランス シャモニー ココは外せない!Augille du Midi(エギーユ・デュ・ミディ)展望台!前編

ヨーロッパアルプスの山々の中でもモンブラン(Mont Blanc, 4810m)は日本人にもその名前は知らない人はいないというほど有名です。この西ヨーロッパ最高峰のモンブランを主峰としてグランドジョラスなどの4000m超級の山がこのエリアに塊のように存在しており、その山群の周りを1周する約170kmのロングトレイルが「Tour du Mont Blanc (TMB、ツール・ドゥ・モンブラン)」です。

そして、

マッターホルン(Matterhorn、4478m)も世界的にその名前は知らない人はいないというほど有名で、その姿はヨーロッパアルプスの中でも群を抜いて雄大で多くの人を魅了し続けています。この世界が誇るヨーロッパの2大名峰の間をつなぐロングトレイル(約150㎞以上)が「Haute route(オートルート)」です。

TMBもHaute routeもその特徴としてほぼ毎日峠越えがあり、毎日1500m~2000mのアップダウンの標高差があります。そのため絶景を見るポイントには事欠きません。

この2大人気ロングトレイルの起点(基点)となるのが、フランスのChamonix(シャモニー)の街です。

今回はそのシャモニー(Chamonix)の街から簡単にアクセスできる、屈指の絶景を誇るAugille du Midi(エギーユ・デュ・ミディ)展望台についての特集(前編)です。

Augille du Midi(エギーユ・デュ・ミディ)展望台についての特集(後編)はこちら

ヨーロッパアルプスを堪能する2大人気ロングトレイルTMBとHaute route。その基点となるのがフランスのChamonix(シャモニー)です。シャモニーから簡単にアクセスでき屈指の絶景を楽しめるAugille du Midi(エギーユ・デュ・ミディ)展望台の解説(後編)を行います。

シャモニー(Chamonix)はどこにある?

フルスクリーン表示

レッドのピンがChamonix Mont Blanc駅です。参考にジュネーブ空港、チューリッヒ空港、ミラノマルペンサ空港、パリシャルルドゴール空港、フランクフルトアムマイン空港をブルーのピンで打ってみました。

シャモニー(Chamonix)へのアクセス

シャモニー(Chamonix)の街はフランスになりますが、距離的・交通の便の面から、シャモニー(Chamonix)へのアクセスはスイスのジュネーブ空港からが向かう方法がメジャーです。

シャモニー(Chamonix-Mont-Blanc)へのアクセス方法について以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

ヨーロッパアルプスを堪能する2大人気ロングトレイルTMBとHaute route。それらの基点となるのが、フランスのChamonix(シャモニー)です。今回はそのシャモニー(Chamonix)へアクセスと、ジュネーブ空港から簡単 ・便利なALPY BUSの解説を行います。

シャモニーの街のポイント

筆者が考えるシャモニーの街を歩く際におさえておくべきポイントを下に示します。

  • ブルーのピンChamonix Mont-Blanc 駅(フランス国鉄SNCF)
  • グリーンのピンChamonix SUD バス停
  • パープルのピン:Chamonix Centre バス停
  • イエローのピン:Aiguille du Midiへのロープウェイ乗り場
  • オレンジのピン:Tourist Information Center
  • ブラウンのピン:Le Bréventへのロープウェイ乗り場
  • 紫のライン:Avenue Michel Croz (ミッシェル・クロ通り)
  • 青のライン:Rue Joseph Vallot (ジョセフ・ヴァロ通り)
  • 緑のライン:Rue du Dr Paccard(ドクターパカール通り)
  • ピンクのライン:Avenue de l’Aiguille du Midi (エギーユデュミディ通り)

以上の場所は、シャモニーを訪れたらおそらく必ず通る、もしくは利用する場所になりますので位置関係を把握しておくと移動がスムーズです。

シャモニーの街についてはこちらに詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

ヨーロッパアルプスを堪能する2大人気ロングトレイルTMBとHaute route。それらの基点(起点)となるのが、フランスのChamonix(シャモニー)です。今回はそのシャモニー(Chamonix)の街の徹底解説を行います。

Aiguille du Midi(エギーユ・デュ・ミディ)展望台

シャモニーの街からロープウェイを乗り継いでAiguille du Midi展望台に到着します。乗り継ぎは簡単で、とくにトレッキング等は必要ありません。ではシャモニーの街のロープウェイ乗り場から話を始めて行きましょう。

Aiguille du Midiへのロープウェイ乗り場

天気のいい日は午前中から多くの人が並びます。向かって右にチケットカウンターがありますので、まずチケットを購入します。購入時にチケットと整理番号を渡されます。

左がロープウェイのチケット、右が整理番号がついたプラスティックカードです。筆者の整理券番号は63番でした。

建物の中には、大きな液晶モニターで「今は58番の整理番号カードを持っている人が並ぶ時間です」と表示されています。1番ごとに5~10分要していますので、自分の整理番号の順番がやってくるまで適当にブラブラすることができます。

ロープウェイ乗り場の建物内にお土産ショップがあります。時間があるのでちょっと入ってみます。

絵葉書、カップ、ポスター、マグネット等幅広くお土産が販売されています。

奥はカフェテリアになっていました。待ち時間が長くても十分時間をつぶせそうです。

筆者の整理券番号の63番の札を持っている客が並ぶ時間になりました。筆者も列に並びます。

モニターの表示からも、1番あたり5分~10分で順番が回ってくることが分かります。

中に入って数分待っているとロープウェイが下ってきました。

大きなロープウェイですが満員乗車です。

ロープウェイの中からの眺めです。Aiguille du Goûter (3863m)、 Pointe Bayeux(4258m)がずっと見えていて、Mont Blanc(4810m)が奥に見えてきています。左にある手前黒っぽい山がAiguille du midiです。その頂上に展望台があります。

Plan de l’Aiguille(2317m)でシャモニーからのロープウェイを降りて、次のAiguille du Midiに向かうロープウェイに乗り換えます。

 

右がAiguille du midi(3843m)です。その左には奥にAiguille du Plan(3673m)、手前に出てきている針峰がAiguille des Pèlerins – Secteur du Plan(3318m)です。大迫力の針峰群で、観光客は皆写真に夢中です。

上からロープウェイが下ってきました。皆写真を撮るのをやめてロープウェイに乗る準備を始めます。

このロープウェイも先程のロープウェイと同じ位の大きさで、満員乗車です。

そしてこのロープウェイは標高2317mから標高3777mまで一気に登ります。Aiguille du Goûter (3863m)、 Pointe Bayeux(4258m)が随分近くなってきました。

標高3777mのAiguille du Midiのロープウェイ駅に到着しました。ロープウェイを降りてそのまま道なりに進んでいきます。

しばらく歩くと屋外に出てスパッと視界が開けます。見上げると標高3842mのAiguille du Midiがまさに前にそびえ立っていて、その頂上に展望台の建物が立っています。よくもまああんなところにあんなものを建てたなぁと感心せざるを得ません。

その場所から右を見るとモンブラン(4810m)の頂上がバッチリ見えています。シャモニーの街から見ると多くの人がDôme du Goûter(4304m)、Pointe Bayeux(4258m)を見てモンブランを見たと勘違い・満足してしまいますが、モンブランの頂上(4810m)はシャモニーの街からのアングルでは、だいぶ奥まった場所にあります。

では、目の前にそびえ立つ展望台に行く前に、先にロープウェイ乗り場の建物の上にある展望台に行って見ることにします。

階段で上がっていく途中に東方向を眺めた景色です。

左を見るとイタリアサイドにグランドジョラスやフランスサイドにAiguille Verte(ヴェルト針峰)などの大迫力の針峰が沢山見えています。遠くスイス方面(写真中央奥)にGrand Combin de Grafeneire(グランコンバン、4314m)が見えています。

そして雪の部分をよく見てみると多くのアルピニスト・登山者がこちらに向かって登ってきているのがわかります。

標高3800mになりますので、標高の高い所に慣れていない場合はゆっくり行動するようにしましょう。

階段を登りながら眺める東側の景色、何回見ても素晴らしいです。

階段を登り切るとそこはテラス席のあるカフェテリアになっています。標高3800m超にあるカフェテリアということで多くの人が記念に何か食べたり写真を撮ったり賑わっています。

そして目の前にはそびえ立つ標高3842mのAiguille du Midiとその上に建てられた展望台です。このテラスで少し休憩、眺めを堪能してからあちらに向かうことにします。

カフェテラスより少し上に階段で上がったところが展望台になっています。展望台に上がってみて各方面を眺めてみることにします。

まずこの展望台から南西向き眺めると、右からDôme du Goûter(4304m)、Mont Blanc(モンブラン、4810m)、Mont Maudit(4465m)、Mont Blanc du Tacul(4248m)がドーンと見えています。

展望台から北西方向を眺めると、Le Brévent(ル・ブレヴァン、2525m)、Refuge de Bellachat (べラシャ小屋)、Pointe de Lapaz(2313m)、下にはLes Houches(レズ―シュ)の街が見えています。

展望台から北西、先ほどの写真よりやや右に視点をずらすと、Le Brévent(ル・ブレヴァン、2525m)、Refuge de Bellachat (べラシャ小屋)に加えて、右にLe Clocher de Planpraz(2412m)、Aiguille de la Charlanon(2549m)、Aiguille Pourrie(2511m)を眺めています。

さら視線を右にずらして北方向を眺めるとこのような風景です。下はシャモニーの街、遠く
Argentière(アルジャンティエール)の街まで眺めることができます。Aiguille de la Charlanon(2549m)、Aiguille Pourrie(2511m)、その他、Aiguille du Belvédère(2965m)等かなりの数の針峰が塊になっています。

展望台から東側がこの眺めになります。先程の展望台に上がってくる前に撮った写真と同じアングルにあります。

ロープウェイ乗り場の建物階上の展望台を楽しみましたので、これからAiguille du Midi頂上建つ展望台に向かうことにします。上はどうなっているのでしょう。

ロープウェイ乗り場の建物階上の展望台から階段を降りてきました。この渡り廊下を向こう側渡ります。この部分も眺めが素晴らしく多くの人が記念撮影をしています。

続きは以下のページで、

Augille du Midi(エギーユ・デュ・ミディ)展望台についての特集(後編)はこちら

ヨーロッパアルプスを堪能する2大人気ロングトレイルTMBとHaute route。その基点となるのがフランスのChamonix(シャモニー)です。シャモニーから簡単にアクセスでき屈指の絶景を楽しめるAugille du Midi(エギーユ・デュ・ミディ)展望台の解説(後編)を行います。

最後に

いかがでしたか?「フランス シャモニー ココは外せない!Augille du Midi(エギーユ・デュ・ミディ)展望台!前編」。今回は屈指の絶景を誇るAugille du Midi(エギーユ・デュ・ミディ)展望台のレポート前編を解説しました。ロングトレイルトレッキング、また観光でも絶景を楽しめるシャモニーの街。Aiguille du Midi展望台はシャモニーからのアクセスも簡単でこのエリアのメインの展望台の一つです。その分訪れる人も多く混みあいますが十分行く価値がある場所だと思います。シャモニー観光の際は天気が良ければこの展望台を是非訪れてみてくださいね!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする