オーロラ観光のベースに! ノルウェー トロムソ ホテルの選び方!解説

さあオーロラ観光の真打ち登場です。世界最北の総合大学があり、北極圏のパリとも言われるノルウェー トロムソ。まさにオーロラオーバルの真下にあり頭上に展開されるオーロラを楽しむことができます。今回はトロムソ街中心部でのホテルの選び方について解説します。

ノルウェー トロムソの位置

上のマップ上、オレンジのピンがトロムソです。

比較として、ブルーのピンを打ってみました。ブルーのピンは北欧4国各国の首都の空港です。

トロムソへのアクセスについて以下にまとめていますのでどうぞご覧ください。

さあオーロラ観光の真打ち登場です。世界最北の総合大学があり、北極圏のパリとも言われるノルウェー トロムソ。まさにオーロラオーバルの真下にあり頭上に展開されるオーロラを楽しむことができます。今回はトロムソと、街中心部へのアクセスについて徹底解説します。

トロムソ ホテルマップ

ブルーのピン:ホテル

グリーンのピン:ホステル・ドミトリー

上のマップの最上部グレーのバー左端のアイコンをクリックすると、それぞれのピンの詳細表示をご覧になることができます。

トロムソでのホテル選びのコツですが、

トロムソの街はトロムソ島という島にあります。これは海の近くが標高が低く、海から離れると標高が高くなっていくことを意味します。

上のマップの通り、少し高級なホテルは海岸沿いにあって眺めもよく、バス停からも上り下りがほとんどありません。海から離れるとやはり街中心のバス停からは少し登り坂を上る必要がでてきます。Tromsø Cathedralを中心としてその周りにある「Quality Hotel Saga」、「Enter Amalie Hotel」、「Radisson Blu Hotel Tromsø」、「Scandic Ishavshotel」、「Scandic Grand Tromsø」が立地的に便利として把握しておくとホテル選びのいい指標になります。

宿泊費を安くあげるならば、ドミトリータイプのホステルのチョイスになると思います。

ドミトリータイプのホステルは2つ。「Enter Backpack Hotel」「Tromso Activities Hostel」です。特に「Enter Backpack Hotel」へは結構な登り坂を登る必要があります。「Tromso Activities Hostel」は街の一番北寄りにあり街中心地までは20分は歩くことを想定しておいたほうが良いです。特に冬のオーロラ観光でトロムソを訪れる際は多くの若者(バックパッカー達)がホステルに泊まって活気があります。それはそれでいいのですが、一人旅で自分はそこまで若くないよ、という人にはこれらのホステルはお勧めしません。多少値段が高くなっても街中心のホテルをお勧めします。

トロムソの街の観光スポットについては以下にまとめていますので是非ご覧ください。

さあオーロラ観光の真打ち登場です。世界最北の総合大学があり、北極圏のパリとも言われるノルウェー トロムソ。まさにオーロラオーバルの真下にあり頭上に展開されるオーロラを楽しむことができます。今回はトロムソ街中心部の様子について徹底解説します。

今回のホテルの考え方ですが、

1.Storgataより海側のホテル群

2.Storgataより山側のホテル群

3.ホステル・ドミトリー (中心から結構離れる)

の3つに分けて順に解説していきます。

ではまず、1.Storgataより海側のホテル群を解説します。

Scandic Ishavshotel

【ホテル 外観】

海岸線に突き出て建っている立地面ではかなり好条件のホテルです。多くの部屋が海向きで、夜はトロムソ橋と対岸のStorsteinenを眺めることができます。Scandicホテルは他にStorgataに「Scandic Grand」がありますが、それよりは高めの値段設定です。4つ星ホテルでハイグレードなサービスを提供し、空港バスもホテルの真ん前に発着します。

Scandic Ishavshotel:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

Scandic Ishavshotel:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら

Scandic Ishavshotel:Expedia(エクスペディア)での紹介はこちら

Clarion Collection Hotel Aurora

【ホテル 外観】

街中心に近く、海岸を見渡せる部屋ならばトロムソ橋、対岸のStorsteinenも見ることができてとても良い眺めになります。値段設定は若干高めの部類に入ります。4つ星ホテルでハイグレードなサービスを提供するホテルです。

他にClarionグループはトロムソに、「Clarion Collection Hotel With」というホテルを同じ敷地内に持っており、「Clarion Hotel The Edge」というホテルをショッピングモール「Nerstranda」の向かいに持っています。

Clarion Collection Hotel Aurora:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

Clarion Collection Hotel Aurora:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら

Clarion Collection Hotel Aurora:Expedia(エクスペディア)での紹介はこちら

Radisson Blu Hotel Tromsø

【ホテル外観】

街中心にも近く非常に良い立地です。ヨーロッパ内にある他のラディソンブルーと同様ハイグレードなサービスと洗練された雰囲気はさすがです。値段も高めではありますが、まさしくハズレがないホテルです。アクティビティツアーもここから出発のツアーが多くあります。

Radisson Blu Hotel Tromsø:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

Radisson Blu Hotel Tromsø:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら

Radisson Blu Hotel Tromsø:Expedia(エクスペディア)での紹介はこちら

Quality Hotel Saga

【ホテル 外観】

街中心に近く非常に良い立地条件でかつ、値段は抑え目のホテルです。写真の左端にも見えていますが、北ノルウェー美術館がすぐそこにあり、これは空港行きの40番バス、42番バス、トロムソ博物館行きの34番バスのバス停がそこにあることを意味します。ホテル自体の向かいにはTromsø Cathedralがあり、それはStorgataが近いということを意味します。つまり立地条件と値段を考えると非常にコストパフォーマンスの高いホテルです。

筆者はこのホテルを常宿としており、もう一つこのホテルのお気に入りの点があります。それは15時30分~17時30分の間、コーヒー・紅茶がセルフでいくらでもいただけることに加えて、セルフでワッフルを作って食べ放題な点です。(あまり他人に教えたくないのですがこのページを見てる人だけに言っちゃいます。)

セルフのワッフルメーカーと材料が置いてあります。バターやジャムも用意されています。

ノルウェーの物価はとても高いので、コーヒーだけでなく、おやつにワッフルが無料で好きなだけ食べられるのは嬉しい特典です。

Quality Hotel Saga:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

Quality Hotel Saga:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら

Quality Hotel Saga:Expedia(エクスペディア)での紹介はこちら

Enter Amalie Hotel

【ホテル 外観】

街中心に近く、値段も比較的安く提供されているホテルです。観光案内所「Visit Tromsø」と北ノルウェー美術館、アムンゼン像が目の前にあり、さらに素晴らしいのは空港に向かう40番バス、42番バス、トロムソ博物館に向かう34番バスがホテルから通りを渡ってすぐのバス停に泊まります(40、42、34はPolariaにも停まります。) 立地面と値段を考えるとかなりコストパフォーマンスの良いホテルです。

Enter Amalie Hotel:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

Enter Amalie Hotel:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら

Enter Amalie Hotel:Expedia(エクスペディア)での紹介はこちら

Scandic Grand Tromsø

【ホテル 外観】

厳密にはStorgataより海側ではなく、Storgataに接して山側に建っていますが、今回は便宜上前者のグループに分類しました。スカンジナビアにあるScandic Hotelsはどこも外れなく良いサービスを展開しており、このホテルも各種レビューでも評価の良いホテルです。ホテルを出てすぐがStorgataで、空港バスも近くに発着します。

Scandic Grand Tromsø:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

Scandic Grand Tromsø:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら

Scandic Grand Tromsø:Expedia(エクスペディア)での紹介はこちら

Skansen Hotel Tromso

【ホテル 外観】

一応Storgataより海側にあるので、ここで紹介します。ホテル自体は街の北側にあって中心地からは離れています。中心地までは歩いて20分といったところでしょうか。ただ、The Polar Museumやトロムソ橋にはほど近いですので、その点では他のホテルよりアドバンテージがあります。値段も他の3つ星ホテルより抑え目ですので、バスの利用をうまくするなどでお得に活用可能なホテルです。

Skansen Hotel Tromso:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら

Skansen Hotel Tromso:Expedia(エクスペディア)での紹介はこちら

では、次に2.Storgataより山側のホテル群について解説します。

Thon Hotel Tromsø・Thon Hotel Polar

【ホテル 外観】

Storgataより一本山側の通り「Grønnegata」にはこのThonホテルグループのホテル2つと次に説明するEnter Cityホテルが隣り合って建っています。空港バスもこのホテル密集地帯にしっかり停まりますので安心です。これらすべて3つ星ホテルで値段もよく似ており、各種レビューでも評判のいいホテルです。空き具合や値段、レビューを見てチョイスして間違いはないと思います。

Thon Hotel Tromsø:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

Thon Hotel Tromsø:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら

Thon Hotel Tromsø:Expedia(エクスペディア)での紹介はこちら

Thon Hotel Polar:Expedia(エクスペディア)での紹介はこちら

 Enter City Hotel

【ホテル 外観】

Enter Cityホテルのreceptionは写真の場所から少しThonホテル側に歩いたところにあります。このあたりはThonホテル、Scandic Grandホテルもありますのでカフェやレストランも多くあります。

Enter City Hotel:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

Enter City Hotel:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら

Enter City Hotel:Expedia(エクスペディア)での紹介はこちら

Smarthotel Tromsø

【ホテル 外観】

SmarthotelはStorgataより一本山側の通り「Grønnegata」よりもさらに1本山側の通り「Vestregata」に建っています。街中心からはそれなりに登ってくることにはなるのですが、スーツケースの旅行客にも許容範囲だと思います。比較的新しいホテルで部屋も斬新なデザイン(多少狭い)だったりしますが清潔で綺麗な内部です。

Smarthotel Tromsø:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

Smarthotel Tromsø:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら

Smarthotel Tromsø:Expedia(エクスペディア)での紹介はこちら

Comfort Hotel Xpress Tromsø

【ホテル 外観】

Comfortホテルは街の南側に寄っていて少し街中心から離れますが、ショッピングモール「Nerstranda」やマックビール直営のビアホール「Ølhallen」にほど近く、さらにはPolariaにも徒歩でそんなに時間がかからないという、ある意味違った立地の良さがあります。そして値段も抑え目という好条件です。

Comfort Hotel Xpress Tromsø:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

Comfort Hotel Xpress Tromsø:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら

Comfort Hotel Xpress Tromsø:Expedia(エクスペディア)での紹介はこちら

Viking Hotel Tromso

【ホテル 外観】

先に説明したComfortホテルと同じく街の南側に寄っていて中心部からは離れていますが、ここもショッピングモール「Nerstranda」やマックビール直営のビアホール「Ølhallen」にほど近く、さらにはPolariaにも徒歩でそんなに時間がかからないという、ある意味違った立地の良さがあります。やはり中心部の3つ星ホテルに比べると値段は抑え目です。

Viking Hotel Tromso:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

Viking Hotel Tromso:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら

Viking Hotel Tromso:Expedia(エクスペディア)での紹介はこちら

最後に3.ホステル・ドミトリー (中心から結構離れる) について解説します。

Enter Backpack Hotel

【ホステル 外観】

バックパッカーと名の通り、ドミトリータイプのホステルです。値段は勿論かなり抑えられてよいのですが(500~600NOK/晩)、街中心から結構登り坂を登る必要がありますので、そこをどう捉えるかです。Scandic Grand Hotelの前の通りから歩いて向かうと直線距離的に近く感じますが、直線的にショートカットするとなるとかなり急な階段を登ることになりますので、スーツケースの場合は、大回りして車道を歩く必要があります。

しかし、登る分、ホステルからの眺めはよいです。

Enter Backpack Hotel:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

Enter Backpack Hotel:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら

Enter Backpack Hotel:Expedia(エクスペディア)での紹介はこちら

Tromso Activities Hostel

【ホステル 外観】

ツインルーム(約1000NOK)もありますが、基本ドミトリータイプのホステルで、値段は低めに抑えられています(500~600NOK)。一応Storgataより海側にあるといえばあるのですが、ホステルは街の北よりにあって街中心からは離れています。街中心までは歩いて20分ぐらいを見積もる必要があります。

Tromso Activities Hostel:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら

Tromso Activities Hostel:Expedia(エクスペディア)での紹介はこちら

最後に

いかがでしたか?トロムソのホテルの選び方徹底解説。スーパーマーケットに近い方が自分の好みなのか、特定の観光スポットに近いほうが自分の好みなのか、海岸線の綺麗な夜景を見たいのかなど、立地条件はホテル選びの上で皆重視するポイントです。筆者のおススメは初めてのトロムソならばやはり中心部(Tromsø Cathedral付近)で考えることです。トロムソに宿泊の際はこれらのポイントを踏まえてプランニングしてみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする