これぞオーロラのメッカ!ノルウェー トロムソへのアクセス徹底解説!

さあオーロラ観光の真打ち登場です。世界最北の総合大学があり、北極圏のパリとも言われるノルウェー トロムソ。まさにオーロラオーバルの真下にあり頭上に展開されるオーロラを楽しむことができます。今回はトロムソと、街中心部へのアクセスについて徹底解説します。

ノルウェー オスロ空港(OSL)-トロムソ空港(TOS)

ノルウェー オスロ空港(OSL)-トロムソ空港(TOS)間はSASとLCCのNorwgian Air Shuttle直行便を運航しています。フライト時間は1時間50分~1時間55分で、SASNorwegianもともにほぼ毎日1日4~5便飛ばしています(季節によって変わります)。そしてスウェーデンのアーランダ空港からもSASが曜日によってはトロムソ空港まで直通便を飛ばしています。

ノルウェー オスロ空港 出発

ノルウェー オスロ空港はSAS、Norwegianがメインの空港です。日本からのアクセスになるとヨーロッパのどこかのハブ空港(コペンハーゲン、フランクフルト、チューリッヒ等)を経由して到着することになると思います。

12月、1月はいつ来てもトロムソは真っ暗ですので日夜関係ありませんが、その厳しい気候を考えると夜遅くにトロムソ到着は避けたいところです。

オーロラ観光でトロムソを訪れる場合、到着したその日の夜もオーロラ観察アクティビティに参加するのがチャンスを無駄なく使えるいい方法だと思います。

となると、

もし日本から来られる場合、

オスロ泊(日程的に余裕があればオスロ観光を組み込んでも良)をしてから、遅くともトロムソに16時までに到着の便を利用するのが個人的にはおススメです。

(または、どこかのEUのハブ空港のある都市で一泊して朝のうちにオスロにさえ来ておけば、同日夕方までにトロムソに到着することが可能です。)

オスロ空港そばで一泊するなら

オスロ空港から歩いて行けるほど近いホテルは2つあります。上の写真は到着出口を出て目の前にある看板です。左に行けば「Park Inn」ホテル、右に行けば「Radisson Blu」ホテルです。筆者のおすすめは値段的に少し安くなる「Park Inn」ホテルです。どちらもホテルまで通路がありますので雪に降られることなくホテルに行くことができます。

オスロ空港の特徴

ノルウェーはシェンゲン協定国ですがEUではないということで、少し他のEUの空港と違った雰囲気があります。この写真は保安検査上を通過してすぐの場所です。写真奥D・E・Fが国際線のゲートになります。ドイツやスウェーデンなどの同じシェンゲン内の国へ飛ぶ時もここを通過する必要があります。なお、オスロ空港からキルケネスやトロムソに行く際は国内線になりますので搭乗はAターミナルになります。

ノルウェーにはいたるところにノルディックスキーの練習場があります。ノルウェーの人々もノルディックスキーが大好きです。この日も空港のテレビでノルディックスキーの世界大会の様子が生中継されていました。みんな釘付けです。

ノルウェー国内線はターミナルAです。スカンジナビア4国(フィンランド・スウェーデン・デンマーク・ノルウェー)の中でもオスロ空港の広さは最大級ですので搭乗に遅れないように気をつけましょう。

トロムソ空港 到着

自分の足で降機し空港施設まで歩きます。暖かい機内から降りたら、いきなり-20℃の世界です。降りる前に防寒具をしっかり装備しておきましょう。

トロムソ空港は北部ノルウェーの中で一番大きな空港になりますので、多くのゲートがあります。降機して施設まで歩いて中に入るときもありますし、施設2階部分にゲートブリッジがかかっていて屋外に出る必要のない時があります。

EXITかBaggage Claimの表示に従って歩くとターンテーブルの場所まで簡単にたどり着きます。

荷物をピックアップしたら右手に見えているEXITに向かいたい気持ちはわかります。しかし、ここで重要ポイントです。トロムソの公共バスを利用するならば、写真左に見えているコンビニ「point」でバスカードを買う必要があります。

また、空港ー街のシャトルバスが公共バスとは別に運航しています。このシャトルバスを利用する場合はEXIT左横にある乗車券販売機で購入、もしくは運転手から直接クレジットカードで購入します。

以下にトロムソ空港 ⇔ トロムソの街のアクセスをまとめます。

トロムソ空港 ⇔ トロムソの街 アクセス

まとめますと公共交通手段としては、

1. トロムソの公共バス利用

2. トロムソ空港ー街のシャトルバス利用

3. タクシー

になります。公共交通手段以外にはレンタカーという手があります。

1.トロムソの公共バス利用

トロムソの公共バス利用について以下に詳しくまとめましたので是非ご覧ください。

さあオーロラ観光の真打ち登場です。世界最北の総合大学があり、北極圏のパリとも言われるノルウェー トロムソ。まさにオーロラオーバルの真下にあり頭上に展開されるオーロラを楽しむことができます。今回はトロムソ空港⇔街中心部へのアクセスについて徹底解説します。
世界最北の総合大学があり、北極圏のパリとも言われるノルウェー トロムソ。まさにオーロラオーバルの真下にあり頭上に展開されるオーロラを楽しむことができます。今回はトロムソ街中心部の観光にとても便利な公共バスの利用方法について徹底解説します。

2. トロムソ空港ー街のシャトルバス利用

荷物をピックアップしてそのままEXITに向かうと、出口左側に階段があってそのそばに空港ー街シャトルバスの券売機があります。

空港のEXITを出ると、本当の外に出るためにもう一段階空間があります。右側がタクシー乗り場です。左側に出ると空港ー街のシャトルバス乗り場です。

904番バスは空港ートロムソの街中心(Sentrum)に行くシャトルバスです。なお、同じ空港発シャトルバスでもトロムソ大学病院行きのシャトルバスもあります。バスに乗り込む前に行先を注意して見てから乗るようにしましょう。

スーツケースなどの大きな荷物はセルフで車体下部に入れて、車両前方から乗り込みます。乗車前に券売機で購入している場合はレシート兼乗車チケットを運転手に見せます。

シャトルバスは各フライトの発着時間に合わせて、空港に発着します。ですので、特に慌てる必要はありません。ターンテーブルから荷物をピックアップして特に空港内を寄り道することなければ問題なくシャトルバスに乗ることができると思います。

なお、トロムソ空港には各レンタカー会社の窓口もあります。

トロムソ空港 出発

次はトロムソ空港の出発側を解説します。トロムソ街中心から空港へは、シャトルバス、公共バス、タクシーの3つの方法で来ることができます。

シャトルバス・タクシーは空港で入口の真ん前に停車しますが、公共バスは徒歩5分程度の距離の場所に停車します。トロムソの公共バスを利用時の空港ー街のアクセスのポイントについては以下に詳しくまとめましたので是非ご覧ください。

さあオーロラ観光の真打ち登場です。世界最北の総合大学があり、北極圏のパリとも言われるノルウェー トロムソ。まさにオーロラオーバルの真下にあり頭上に展開されるオーロラを楽しむことができます。今回はトロムソ空港⇔街中心部へのアクセスについて徹底解説します。

空港の出発側です。チェックインマシンがありますので荷物をチェックインする必要がなければ、機械で発券後、そのまま2階に上がれば保安検査場に行けます。

保安検査場を通過すると、各搭乗ゲートが横一列に並んでいる中に、3~4種類のレストランとコンビニなどがあります。トロムソ発ノルウェー国内便(オスロやボードー行き等)は基本的に保安検査場を通過して左側のゲート群から出発します。

保安検査場を出て右側のゲート16~20番は1階になります。トロムソ発ノルウェー国外行きの便は通常20番ゲートから出発します。

20番ゲートは、待合の前にパスポートコントロールを通過する必要があります。トロムソ発ストックホルムアーランダ空港行きや、スヴァールバルのロングイェールビーン空港に行く時はここを通ることになります。

スヴァールバルに行く際に撮影した写真です。フライト出発1時間前ぐらいからパスポートコントロールのスタッフがチェックを開始します。

パスポートコントロールを通過後の20番ゲートの待合です。売店もありますし、時間帯によっては免税店も開いています。

オスロ – トロムソ アクセス Q & A

Q:オスロ空港やトロムソ空港にはラウンジはありますか?

A:オスロ空港はスカンジナビア4国の中でも主要な大きな空港で、航空系・カード系のラウンジがあります。スターアライアンスのラウンジは国内線(ノルウェー国内線)、国際線ともに1つずつあります。なお、トロムソ空港は北部ノルウェーの中で基幹となる空港でもあり小さいながらもスターアライアンス系(SAS)のラウンジが保安検査場過ぎて右側の端にあります。

パン系とコーヒー、その他のソフトドリンクのみ置いてある簡易ラウンジです。

Q:トロムソ空港からのバス・タクシーに乗るとき英語でOKですか?
A:英語でOKです。ローカルの人々が必ず英語を話すとは限りませんが、ノルウェー内で観光に関係する場所(ホテル・タクシー・アクティビティー)は英語で全く問題ありません。
 
 
 

最後に

いかがでしたか?ノルウェー オスロ空港⇒トロムソ空港⇒トロムソ街中心のアクセスについて今回解説しました。世界最北の総合大学があり、北極圏のパリとも言われるノルウェー トロムソ。まさにオーロラオーバルの真下にあり頭上に展開されるオーロラを楽しむことができます。なお、筆者のおすすめは値段も一番安くなる公共バスの利用ですが、もし3人~4人のグループで1台のタクシーに乗り切れるならばタクシーの方が一人当たりの値段は若干安くなります。トロムソを訪れる際は本ページを是非参考にして旅のプランニングをしてみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする