オーロラ観光 フィンランド サーリセルカでの宿泊先の選び方解説!

フィンランドの北部、北極圏内のエリアもオーロラ観光で人気のエリアです。フィンランドの北部、北極圏内のエリアもオーロラ観光で人気のエリアです。サーリセルカはスキーリゾートでかつオーロラが見ることができ、夏期はウルホ・ケッコネン国立公園トレイルのベースとして人気の場所です。

今回はそんなサーリセルカでの宿泊先の選び方を解説します。

サーリセルカへのアクセスはこちらにまとめていますのでご覧ください。

フィンランドの北部、北極圏内のエリアもオーロラ観光で人気のエリアです。サーリセルカはスキーリゾートでかつオーロラが見ることができ、夏期はウルホ・ケッコネン国立公園トレイルのベースとして人気の場所です。今回はサーリセルカへのアクセスについてまとめます。

サーリセルカの地図

サーリセルカの地図に色分けしたピンを打ってみました。さすがスキーリゾートだけあってリゾートホテルも多いですし、長期滞在も可能なアパート・フラットも多くあります。

ブルーのピンホテル

紫色のピン:お店(お土産・スーパーマーケット・アウトドア用品店)

なお、今回はサーリセルカの中心通りにほど近い宿泊先に絞ってブルーのピンを打っています。これ以外にも素敵なホテルがありますが中心からは少し離れて車が必要だったりしますので今回は外しました。

Holiday Club Saariselkä(ホリデイ クラブ サーリセルカ)

【ホテル受付棟外観】

【ホテル受付棟部分内観①】

【ホテル受付棟部分内観①】

Holiday Club Saariselkä(ホリデイ クラブ サーリセルカ)はちょうどサーリセルカ中心に位置しておりスーパーマーケット(Kuukkeli Supermarket)に行くにも不便のない立地の良い場所です。メインの建物の横にサウナ、ホットタブ、屋内スイミングプールを備えたスパを併設しています。一番の特徴は「スパホテル」、「Holiday house and apartments」と「Villas Apartments」3種類の宿泊手段がある点です。「Holiday house and apartments」はキッチン・サウナ付きの離れの別荘、「Villas Apartments」はキッチン・サウナ付きの高級マンション的なニュアンスです。施設全般的に4つ星扱いですが、宿泊選択肢が多くホテルリエコンリンナやホテルトゥントゥリに比べるとよりカジュアルな雰囲気で値段もそこまで高くありません。

ホリデイ クラブ サーリセルカ:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

ホリデイ クラブ サーリセルカ:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら(予約も可能)

ホリデイ クラブ サーリセルカのウェブサイトはこちら

ホリデイ クラブ サーリセルカのHoliday houseの例「Riekonraito」

ホリデイ クラブ サーリセルカの「Holiday house」にはいろんな種類があります。「Riekonraito」はそのうちの1つのアパートメントの名前です。キッチン・シャワー・サウナが備わっており1階部分でベッドルーム1つ、ロフト部分でベッドルーム一1つがあります。これ以外にもホリディクラブサーリセルカはたくさんのアパートメントを管理していますのでウエブサイトをご覧ください。

ホリデイ クラブ サーリセルカ:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

ホリデイ クラブ サーリセルカ アパートメンツ:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら(予約も可能)

ホリデイ クラブ サーリセルカのウェブサイトはこちら

ホリデイ クラブ サーリセルカの「Villas Apartments」

【Saariselkä Villasの外観】

【Kelotähtiの外観】

ホリデイ クラブ サーリセルカの「Villas Apartments」には「Saariselkä Villas」と「Kelotähti」の2つの建物があり、それぞれ隣接しています。ホリディクラブのメインの建物からホテルリエコンリンナの方に下っていた場所にあります。キッチン・シャワー・リビング等全てが備わった高級マンションのような感じで滞在可能です。もちろん値段もそれなりにしますのでそのつもりで行く人々にはこれ以上ないゴージャスなリゾート宿泊施設です。部屋の内部に関してはホリディクラブのウェブサイトから確認することができます。(予約もできます)

ホリデイ クラブ サーリセルカ:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

ホリデイ クラブ サーリセルカのウェブサイトはこちら

Saariselkä Inn Majatalo Panimo(サーリセルカ イン マヤタロ パニモ)

【正面 外観】

【PUB部分】

Saariselkä Inn Majatalo Panimo(サーリセルカ イン マヤタロ パニモ)もちょうどサーリセルカ中心に位置しておりスーパーマーケットに行くにも不便のない立地の良い場所です。道路を挟んで反対側にホリディクラブサーリセルカがあります。通常の客室とサウナ付きのアパートメント(キッチンはなし)の設定があります。サーリセルカのなかでは比較的低めの値段設定ですが、ホテルのウェブサイトで部屋の装備品の中に未だにヘアドライヤーの記載がないのが少し気になるところではあります。

サーリセルカ イン マヤタロ パニモ:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

サーリセルカ イン マヤタロ パニモ:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら(予約も可能)

サーリセルカ イン マヤタロ パニモ のウエブサイトはこちら

Apartments Kuukkeli Tokka(アパートメンツ クーケッリ トッカ)

Apartments Kuukkeli Tokka(アパートメンツ クーケッリ トッカ)はサーリセルカ イン マヤタロ パニモの東側にある坂道を下に降りていったところにあります。サーリセルカの中では中心からやや南に位置し、坂道を気にしなければKuukkeliスーパーマーケットまでそこまで遠くはありません。このあたりは他のアパートメントのログハウスも多く建っていますが商業施設はありませんので静かなエリアです。Accommodation Kuukkeliグループがサーリセルカ内で多くのアパートメントを管理する宿泊施設の内の一つです。

Accommodation Kuukkeliグループのウェブサイトはこちら

Apartments Kuukkeli (アパートメンツ クーケッリ)

Apartments Kuukkeli(アパートメンツ クーケッリ)は表通りに面したKuukkeliスーパーマーケットのちょうど裏に位置します。アパートメントですのでキッチンなど一通りそろっており長期滞在に十分な装備です。近くにボウリング場やアウトドアショップ、Kuukkeliスーパーの前はバス停でもあり、良い立地条件です。その反面オーロラ鑑賞ポイントに行こうと思えばそれなりに歩くことが必要です。なお、この施設もAccommodation Kuukkeliグループがサーリセルカ内で多くのアパートメントを管理する宿泊施設の内の一つです。

Accommodation Kuukkeliグループのウェブサイトはこちら

Majatalo Kuukkeli Teerenpesä(マヤタロ クーケリ テーレンペサ)

Majatalo Kuukkeli Teerenpesä(マヤタロ クーケリ テーレンペサ)は別名Lodge Kuukeli Teerenpesäと言われます。雰囲気のあるログハウスの宿泊施設です。サーリセルカの中心にありますのでホリデイクラブにほど近く、Kuukkeliスーパーマーケットにも遠くはありません。なお、この施設もAccommodation Kuukkeliグループがサーリセルカ内で多くのアパートメントを管理する宿泊施設の内の一つです。

Lodge Kuukkeli Teerenpesä:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

Lodge Kuukkeli Teerenpesä:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら(予約も可能)

Accommodation Kuukkeliグループのウェブサイトはこちら

Apartment Teerenpesue

Apartment TeerenpesueはホリディクラブとKuukkeliスーパーマーケットのちょうど真ん中に位置し、サーリセルカの中心にあります。アパートメントですのでキッチンなど一通りそろっており長期滞在に十分な装備です。基本2階建てになり、キッチン、サウナ、シャワールーム、2つのベッドルームがあり家族にも便利なつくりです。なお、この施設もAccommodation Kuukkeliグループがサーリセルカ内で多くのアパートメントを管理する宿泊施設の内の一つです。

Accommodation Kuukkeliグループのウェブサイトはこちら

Lapland Hotels Riekonlinna (ラップランド ホテルズ リエコンリンナ)

【本館の外観】

【ホテル受付】

Lapland Hotels Riekonlinna (ラップランド ホテルズ リエコンリンナ)はまさにスキーリゾートホテルにふさわしいハイグレードホテルです。サーリセルカ中心からは北東の端に位置しますがそのぶん光害のないオーロラ観察場所に徒歩でも行きやすいというメリットがあります。キッチン・専用サウナが備わったアパートメントタイプとキッチンなしの通常客室があり、ハイグレードで洗練されている分4つ星ホテルで価格設定も高めです。ツアー会社やホテルの営業努力で宣伝が上手くいっているのか、日本での情報が限られているのか日本人に人気の宿泊場所の一つです。日本語でのオーロラハンティング等のアクティビティツアー受付(デスク)もあります。

ラップランド ホテル リエコンリンナ:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

ラップランド ホテル リエコンリンナ:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら(予約も可能)

Santa’s Hotel Tunturi(サンタズ ホテル トゥントゥリ)

【ホテル受付棟外観】

【ホテル入受付棟部分内観①】

【ホテル受付棟部分内観②】

【ホテル受付棟部分内観③】

【Gielas棟 外観】

Santa’s Hotel Tunturi(サンタズ ホテル トゥントゥリ)もまさにスキーリゾートホテルにふさわしいハイグレードホテルです。サーリセルカ中心からは東の端に位置し、ホテル リエコンリンナからは少し坂道を降りてきた所にあります。光害のないオーロラ観察場所に多少坂道ですが徒歩で行ける距離です。キッチン・専用サウナが備わったアパートメントタイプとキッチンなしの通常客室等あり部屋の種類が豊富でスタンダード・スイート等の区別を含むと全9種類あります。ホテル リエコンリンナと同様ハイグレードで洗練されている分4つ星ホテルで価格設定も高めです。しかし部屋タイプによってはそこまで高額ではないのも特徴です。ツアー会社やホテルの営業努力で宣伝が上手くいっているのか、日本での情報が限られているのか日本人に人気の宿泊場所の一つです。日本語でのオーロラハンティング等のアクティビティツアー受付(デスク)もあります。ちなみにサンタズホテルグループはフィンランド内のリゾート地で多くのホテルを展開しています。

Santa’s Hotel Tunturi:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

Santa’s Htel Tunturi:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら(予約も可能)

最後に

いかがでしたか? サーリセルカがリゾートとしての雰囲気、スーパーマーケットの品揃え、長期滞在が可能なアパートメントが豊富なこと等を踏まえるとサーリセルカが昔から根強く人気があるのもよくわかります。どのホテル・アパートメントも受付で昼間アクティビティの問い合わせ・申し込みをすることができますし、今はウェブからもほとんどすべてのアクティビティが簡単に予約できますのでツア―デスクを備えた高級ホテルに宿泊する必要はありません(ツアーデスクは利用するだけでも問題ありません)。筆者のおすすめですが、ここはせっかくなのでアパートメントタイプで別荘感覚を満喫して過ごすのはいかがでしょうか? なお、中心部から徒歩で行けるオーロラ観察ポイントはサーリセルカ北東のエリアで北側が開けた部分なら光害なく観察できる可能性が高いと思います。オーロラ観光でサーリセルカに宿泊の際はこれらのポイントを踏まえてプランニングしてみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする