プランニングも旅の楽しみの一つ!筆者がよく利用するウェブサイト!

今やインターネットで国外の情報も簡単に入手でき、スマートフォンやタブレットで現地のwifi、SIMカードを使用してその場で検索・各種予約ができます。インターネットの発達のおかげで海外一人旅が本当に簡単になりました。またスマートフォンの優れたGPS機能のおかげで、もうガイドブックや地図が不要になりました。今はどの街でも海外旅行者はスマートフォン片手に颯爽と歩いています。スマートフォンが世に出る前と今では、街ゆく海外旅行者のスタイルが完全に変わりました。

プランニングも旅も楽しみの一つです。今回は筆者がプランニング時によく利用しているウエブサイトの紹介を行います。基本的にすべて無料です。

ルート検討・検索

Rome2rio

(Rome2rioの検索画面一例、ストックホルム→イナリ) 

これが何とも面白いサイトです。適当にfromとtoを記入するだけでも十分遊べます。表示例がすべて完璧というわけではありませんが、一気に数種類の目的への行き方が出てくると感動します。

GOOD:目的地までのルートの網羅はほぼ完璧。

NOT SO GOOD:複数の交通機関を乗り継いで行くルートの場合は具体的な乗り継ぎ時間等を自分で調べる必要があります。

弱点はありますが目的地までのルートの網羅が一瞬で出てくるだけでも十分利用価値のあるサイトです。

気象予報

yr.no

ノルウェー発の天気予報サイトです。スカンジナビアに強いだけでなく、世界中の気象機関と情報を共有していて、実は日本の天気予報についてもかなり詳しく正確です。オーロラを見るときの現地の天気予測にも使用しています。当日~3日間の6時間毎の詳細な天気予報が見れることと、10日後までの6時間毎の天気予報をチェックできるので旅のプランニング際の第一チェックサイトです。

Accuweather

Yr.noが以前ほど正確ではなくなった昨今(それでもいまだに精度は良い方)、以前から比較的安定した予報精度を保っているのがAccuweatherです。数日後の天気の予測をする場合は色々な天気予報サイトの結果を併せて総合的に判断した方がよさそうです。

Weather-forecast.com

北欧全域を一度に見れる天気図がとても便利です。オーロラ目的で北極圏への旅を計画する際は必ずこのサイトをチェックしています。経時的にどのように天気が変わるかもサイト上で簡単にチェックできますので数日後の天気を予測するにも非常に有用なサイトです。

World weather online

ここも広域を一度に見れる天気図、雨雲レーダーの図が便利です。具体的な時間付きで経時的にどのように雨雲が動くかもスローモーションの動画で見れますので、天気予測にも非常に便利です。2週後までの1時間毎の天気予報は圧巻です(もちろん日が経つにつれて予報は変わっていきます)

FINNISH METEOROGICAL INSTITUTE

フィンランドの特化してとても詳しい天気予報です。特化している分、予測精度はかなり高いです。フィンランドにオーロラ目的で旅を計画する場合はかならずこのサイトでチェックして条件の良い所を探して行先を決めています。

オーロラ予報

Aurora Forecast (Geophysical Institute)

見ているだけで楽しいオーロラ予報のサイトです。アラスカ、スカンジナビア、南極、北極圏、カナダのオーロラ予報をしています。あくまで予報ですが、28日先のオーロラ予報まで網羅しているため、オーロラを見る目的の旅行を計画する際は必ずチェックしています。

Aurora Forecast (TINAC Inc.)

スマートフォンやタブレットに入れているアプリの1つです。現地のホテル等でオーロラの強くなりそうな時間を予測する時に使用しています。アプリ名はAurora Fcstと表示されます。このアプリの有難い機能としては空にしめる雲の面積の割合まで予測してくれている点です。

My Aurora Forecast & Alerts

これもスマートフォンやタブレットに入れているアプリの1つです。上のアプリと同様にホテル等でオーロラの強くなりそうな時間、どれくらいの間の時間帯見れそうか等を予測するのに使用しています。

交通機関

飛行機: skyscanner

安くチケットを検索するなら定番中の定番です。skyscannerで極たまに漏れるルートやエアラインがあり、最近はgoogleで検索を追加しています(例1:出発地 目的地、例2:出発地 目的地 LCC)。検索結果のリンクから購入することは最近は少なく、Skyscannerでチェックしてから各航空会社のウェブサイトで購入することが多いです。

飛行機:Expedia

skyscannerで極たまに漏れるルートや乗り継ぎパターンがあり、その際にExpediaでチェックしています。航空チケット予約に関してもExpediaは非常に使いやすいです。

飛行機: 各航空会社のHP

意外と直接航空会社のHPから予約するのが一番安くなる場合も結構あります。skyscannerやgoogleで検索後、航空会社HPで一番安くチケットを販売していることが分かれば航空会社のウェブサイトで購入することにしています。

SAS(Scandinavian Airlines System)

現地でも「サス」で通じます。スカンジナビア内の旅行なら外すことのできないメインの航空会社です。スターアライアンスグループに属していますので日本でいえばANAとの提携があります。日本からスウェーデンへは直通は今はありません。成田空港からコペンハーゲンカストラップ空港間が直通です。

Norwegian Air Shuttle

若干クオリティが落ちた印象があるノルウェジアンですが、LCCの中でいまだに高いサービスクオリティを維持しています。ノルウェー内はSASもカバーしていない航路があったり、北欧の少しマイナーな所に行く際の強い味方です。LCC扱いであり、SASよりも値段設定は安めです。

Wideroe

北部ノルウェーに特化したヴィデロ―航空は筆者のお気にいりです。ボンバルディア機でホッピングフライトを繰り返すことと、冬はかなり高確率で機内からオーロラが見えることがとてもユニークな点です。

Finnair

フィンランドをベースにするフィンエアーです。日本の主要空港からヘルシンキまでのダイレクトフライトがあるため日本人にもよく知られています。日本から北欧までの最短距離を飛行します。ストックホルムアーランダ空港、オスロ空港で日本人に出会うことが少ないのですが、ヘルシンキバンタ―空港はこの利便性の良さから多くの日本人を見かけます。北欧のハブ空港はSASがコペンハーゲンならFinnairはヘルシンキです。

船: Direct Ferries

世界各国2600本を超えるルート、700か所を超える港のフェリーの検索・予約ができます。英語、日本語をはじめ様々な言語で利用できます。大体のフェリー会社が英語に対応しており各フェリー会社のHPを利用するのも有効です。

北欧

列車: SJ (スウェーデン)

スウェーデン国鉄の列車検索・予約サイトです。シンプルですが分かりやすくて使いやすいです。英語に対応しているので安心です。

バス・地下鉄:SL(スウェーデン)

ストックホルムのバス・地下鉄のマップ、発車時刻検索サイトです。乗り換えと候補をわかりやすく表示してくれるので助かります。

バス:Länstrafiken (北部スウェーデン)

Norrbotten(スウェーデン北部のノールボッテン県)における公営のバスです。キルナ⇔アイスホテルで利用できるバス(501系統)や、キルナ⇔ニッカルオクタ(北部クングスレーデンのスタート地点)で利用できるバス、ナルヴィーク方面へ向かうバスなど色んな長距離路線をそろえています。

バス:Snelandia (ノルウェー)

アルタ・キルケネスなど列車がないエリアの北部ノルウェー(特にフィンマルクエリア)ではSnelandiaのバスが交通の要です。出発地と目的地を打ち込めば簡単に旅行のプランニングができます。

バス:Tromskortet (ノルウェー)

トロムソ、その周囲のエリアも列車はありませんのでバスや短距離の船が主な公共交通機関になります。出発地と目的地を打ち込んでこちらも簡単に旅行のプランニングができます。

バス:177Nordland(ノルウェー)

Bodo、ロフォーテンエリアを中心とするNordlandエリアのバス、高速フェリー、フェリーのマップ、時刻表を網羅しています。出発地と目的地を打ち込んで簡単に旅行のプランニングができます。

電車・バス:Matkahuolto(フィンランド)

エリアによって異なるバス会社があってもちゃんとバス会社名も記載してルートを紹介してくます。出発地と目的地を打ち込めば乗り継ぎ場所、時間もでてくる優秀サイトです。

中欧・南欧

列車: SBB (スイス)

スイス国鉄の列車検索・予約サイトです。英語に対応しているので安心です。乗り継ぎ場所、経由場所を詳しく自分で決めることができます。

列車: Trenitaria (イタリア)

イタリア国鉄の列車検索・予約サイトです。英語に対応しているので安心です。フレッチャロッサに乗る際どの席が進行方向かまでわかると完璧なのですが、そこまではウエブ予約時分かりません。

宿泊

Booking.com

定番ですね。他にも同様のサービス提供しているウェブサイトがいくつかありますが、どれもそう変わりません。慣れたインターフェースのものを利用するのがいいと思います。

Expedia

これも老舗で定番です。何らかの理由でBooking.comでクレジットカード決済できない場合にExpediaでトライしてみると決済できたりすることもあります。

食事

tripadvisor

長年蓄積された豊富なレビューはやはり圧巻です。情報の信頼性に関しては各自で情報の取捨選択が必要です。なんだかんだ言っても、結局チェックしています。一人旅に関するフォーラム等も非常に面白いです。

地図

maps.me (アプリ)

ダウンロードしてオフラインでも使えるマップです。大自然の中のトレイルも網羅されています。目的地周辺を含むマップをあらかじめダウンロードしてピンを打っておくと便利です。

google map (アプリ・ウェブサイト)

基本ですね。次どこ行こうかと世界地図を見るのが個人的には好きです。都市部には強いですが、大自然の中のトレイルでは道が登録されていないことがあります。そんなときは上のmaps.meを使います。

hitta.se (ウェブサイト)

スウェーデンに特化して詳しい地図です。トレイルも網羅しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする