とことん世界最北を極める! ノルウェー スヴァールバル諸島 ホテルの選び方!解説

北へ北へ向かいとうとうやって来てしまいました、ノルウェー スヴァールバル諸島。もうこれより北には北極海しかありません。そして1000人以上の人が定住する地としては世界最北の町「Lonyearbyen(ロングイェールビーン)」に今回訪れました。そして面白いことに、この町の多くのものが「世界最北の~」という枕詞がつきます。今回はロングイェールビーンの町のホテルの選び方について解説します。

スヴァールバル諸島・ロングイェールビーンの位置

上のマップ上、オレンジのピンがロングイェールビーンです。

比較として、ブルーのピン打ってみました。ブルーのピンは北欧4国各国の首都の空港です。

グリーンのピンはトロムソ空港(TOS)です。ロングイェールビーンにはオスロ空港からのダイレクト便か、トロムソ空港からのフライトを利用することになります。

ロングイェールビーンへのアクセスについて以下にまとめていますのでどうぞご覧ください。

北へ北へ向かいとうとうやって来てしまいました、ノルウェー スヴァールバル諸島。そして1000人以上の人が定住する地としては世界最北の町「Lonyearbyen(ロングイェールビーン)」。今回はロングイェールビーンへのアクセスについて解説します。

ロングイェールビーンの町の地図

ロングイェールビーンの街中心部の地図に色分けしたピンを打ってみました。両側を山に囲まれているため縦に長い町になります。

紫色のピン:ホテル

グリーンのピン:スーパーマーケット

ブルーのピン:教会、博物館、観光案内所等

オレンジのピン:レストラン

上のマップの最上部グレーのバー左端のアイコンをクリックすると、それぞれのピンの詳細表示をご覧になることができます。

ロングイェールビーンの町の様子に関しては以下にまとめていますので是非ごらんください。

北へ北へ向かいとうとうやって来てしまいました、ノルウェー スヴァールバル諸島。1000人以上の人が定住する地としては世界最北の町「Lonyearbyen(ロングイェールビーン)」に今回は訪れました。今回この町の様子について解説します。

Radisson Blu Polar Hotel(ラディソンブル-ポーラーホテル)

【ホテル外観】

【ホテル受付棟部分】

【ホテルロビーにあるアクティビティー紹介パネル】

フルサービスを提供するホテルとしては世界最北のホテルになります。ロングイェールビーンの町の中でも最も北に位置して、スヴァールバル博物館、街中心にも近く非常に良い立地です。ヨーロッパ内にある他のラディソンブルーと同様ハイグレードなサービスと洗練された雰囲気はさすがです。値段も高めではありますが、ハズレがないホテルです。ロビーには開催会社にかかわらずアクティビティーの紹介が大きな液晶モニターで表示されていますので見やすいですし、そのまま受付で予約もできます。

Booking.com(ブッキングドットコム)で見てみる(予約も可能)

Basecamp Explorer Hotel & Expeditions

【正面 外観】

町のまさに中心にあり、立地面ではこのホテルにかなうものはいないでしょう。値段もロングイェールビーンの中ではそこまで高いわけではなく、朝食を始めサービスが非常にいいと各種サイトでもかなりの評判の良さです。やはり人気が高く、予約でいっぱいになっていることが多いので早めに予約で部屋をおさえることが必要です。

Booking.com(ブッキングドットコム)で見てみる(予約も可能)

SVALBARD HOTELL & LODGE

【HOTELL部分 正面 外観】

【LODGE部分 外観】

【SVALBARD BOOKING.COMの事務所】

このホテルもまさに町の中心にあります。次に上げるTHE VAULTより少し値段が高めですが、立地の良さ・洗練された雰囲気・朝食の充実度は各種サイトのレビューでもかなり高評価です。SVALBARD LODGEの一角はSVALBARというBARになっています。また、アクティビティ開催会社の一つSVALBARD BOOKING.COMの事務所も併設されています。

SVALBARD HOTELL THE VAULT

【HOTEL 正面 外観】

【受付部分】

【公共ラウンジ】

【公共ラウンジ】

【SVALBARD BOOKING.COMの主催するアクティビティを示すモニター】

SVALBARD BOOKING.COMグループのホテルです。SVALBARD HOTELLのすこしお値打ち版のホテルです。新しくオープンしたばかりで何もかもが綺麗です。朝食場所にもなる共用スペースは24時間開放されており、コーヒーや紅茶は自由に飲めます。ホットプレート・湯沸し器があるので、あと電子レンジがあれば自炊できるのですが、電子レンジは2018年3月現在ではありませんでした。

Booking.com(ブッキングドットコム)で見てみる(予約も可能)

Funken Lodge

【HOTEL 正面 外観】

町中心からは離れて、少なくとも徒歩で20分は歩きますがハイグレードなホテルでホテル内にレストランもありここで完結することができます。各種サイトのレビューでもサービスの良さと朝食の充実度も高評価です。値段は少し高めの設定です。

Booking.com(ブッキングドットコム)で見てみる(予約も可能)

COAL MINERS’ CABINS

【ホテル受付棟 正面】

【レストラン部分】

【本館以外にも別棟がいくつかあります】

レストランと朝食、サービスすべてが各種サイトのレビューでも高評価のホテルですが、町中心からは少なくとも歩いて30分はかかります。素晴らしいレストランがあるためここだけで完結はできるのですが、スーパーで買い出しをしたい人にはすこしおススメしにくい立地です。ロングイェールビーンでオーロラを見るなら光が少ないこのNybyen地区はお勧めですので、色々覚悟して宿泊するつもりならば最適のホテルになると思います。

Booking.com(ブッキングドットコム)で見てみる(予約も可能)

Gjestehuset 102

【本館の外観】

ドミトリーはもちろんシングルルーム(共用バスになります)を備える一番お値打ち価格の宿泊施設です。Nybyen地区にあり街中心には歩いて少なくとも30分はかかりますが、COAL MINERS’ CABINS同様オーロラを見るならば光害が少なくとても良い場所に建っています。

Booking.com(ブッキングドットコム)で見てみる(予約も可能)

 Mary-Ann’s Polarrigg

【ホテル入口玄関】

【ホテル受付棟】

【鉱山労働者のモニュメント】

Mary-Ann’s Polarriggはロングイェールを作り上げた過去の鉱山労働者の生活をモチーフにした雰囲気の宿泊施設です。スヴァールバルならではの雰囲気がいたるところに感じられます。もともと鉱山労働者の滞在施設だった場所を改装しておしゃれにホテルにしています。共用シャワールームの部屋が主に用意されており、値段もお値打ち価格です。問題は町中心に行くには歩いて20分は必要なことです。町中心に行くのにショートカットも可能ですが、特に冬の夜は滑りやすいためお勧めしません。

Booking.com(ブッキングドットコム)で見てみる(予約も可能)

最後に

いかがでしたか?ロングイェールビーンは町中心に宿泊すれば唯一のスーパーCOOPやレストラン・カフェも近く便利です。注意点としては、町中心から離れたホテルに泊まると歩いて買い物に行くのは緩やかながらも長い坂道になりますのでなかなかキツイです。夏はいいのですが、冬は路面はツルツルに凍っていて慎重に歩くことが大切です。その一方、Nybyenなどの街中心から離れた場所のホテルにはそこで完結できるだけのレストランやバーがありますので、その点を踏まえておればスヴァールバルの大自然の中に溶け込んだステイを楽しむことができます。ロングイェールビーンに宿泊の際はこれらのポイントを踏まえてプランニングしてみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする