ノルウェー ロフォーテン 宿泊 安い・シンプルなら断然ホステル!カヴェルヴォーグ編!

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。入り組んだ海岸線と多くの山々で風光明媚なフィヨルドを形成し、見る者が立っている標高に関わらずその景色はどこをみても溜息がでるほど美しいといっても過言ではありません。

ロフォーテン諸島は主に5つの島からなっており、今ではすべての島に橋がかかり道路がつながっています。旅行雑誌等では「この島々を巡るにはレンタカーが必要」などとよく言われますが、目的地を絞りローカルバスの連携を生かせばレンタカーは必ずしも必要ではありません。

この魅力いっぱいのロフォーテン諸島を存分に楽しむためには、晴れた日はトレッキング・ワイルドキャンプ、雨の日は街・博物館巡りという方法が筆者としてはおススメです。

今回は安い・シンプル・清潔!で人気のホステル、カヴェルヴォーグのホステル(Kabelvåg Vandrerhjem)の徹底紹介をしていきます。

まず、ロフォーテン諸島はどこにある?

上の地図上オレンジのピンがノルウェーロフォーテン諸島の中央にあるレクネス空港(LKN)です。

参考として、北欧4国の主要国際空港をブルーのピンで打ってみました。

北緯68度前後に位置しており、5月最終週(毎年5月26日前後)から7月中旬(毎年7月17日前後)まで白夜になります。真夜中でも沈まない太陽(Midnight Sun)をみることができ、暗くなりません。また、冬には太陽が地平線上に上がってこないPolar Night(12月9日から1月4日)を体験することができます。

ノルウェー ロフォーテン諸島へのアクセスについては以下に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はこのロフォーテン諸島へのアクセスについて解説します。

ロフォーテン諸島は主に5つの島からなる

東から順に

AustvågøyaSvolvær Airport(スヴォルヴェル空港)やロフォーテン最大の町Svolvær(スヴォルヴェル)、Kabelvåg、Henningsværの漁村があります。

GimsøyaAustvågøyaとVestvågøyに挟まれる小さな島ですが国道E10が走っていますので、ロフォーテンを移動する長距離バスは必ず通る島です。 

VestvågøyLeknes Airport(レクネス空港)やロフォーテン2番目に大きい街Leknes(レクネス)、Viking museumや南側にはバックパッカー御用達のStamsundのホステル、北側にはMidnight sunを眺める人気のEggum、東側にはHaukland BeachやUnstad Beachなど山と海のコンビネーションが絶景の場所が多くあります。

FlakstadøyaMoltindやVolandstind、Nubbenといった特徴的な形状の山、北にはMyrland beach、南にはNusfjordといった昔ながらの漁村など見どころが多い島です。

Moskenesøyaロフォーテンの最も端に位置する島です。RytenにKvalvika beach、Horseid beach、Bunes beachにHelvestindという絶景の海と山のコンビネーションが北にあり、南にはレイネの村とインスタでも超人気のReinebringen、ロフォーテンの象徴ともいえるロルブーが多く並ぶHamnøyや、漁村自体を博物館にしている村Å (オー)など、最もロフォーテンの見どころがぎっしり詰まっている島です。

となります。

絶景のロフォーテンをもっと詳しく!

空港や博物館、トレッキングやワイルドキャンプをする上での要所となる部分にピンを打ってみました。上のピンの場所以外にもトレッキングの絶景場所はありますが、すべて打つとわかりにくくなるので今回は筆者の独断で主なものに絞っています。マップ上のピンをクリックすると名称等・情報がでてきますのでご参照ください。

ロフォーテン諸島の絶景トレッキング・ワイルドキャンプ、博物館、観光等についてこちらに詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はロフォーテン諸島の観光・宿泊・トレッキングのまとめを徹底解説します。

ロフォーテンでのホテル・宿泊場所の選び方!

ロフォーテンでのホテル・宿泊場所の選び方!徹底解説として、その①はロフォーテンの東側に位置する島Austvågøya、Vestvågøyにある宿泊施設の紹介、その②はロフォーテンの西側に位置する島VestvågøyMoskenesøyaにある宿泊施設の徹底紹介をしていますので是非ご覧ください。

「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はロフォーテン諸島のホテル・宿泊場所選び方の徹底解説を行います。
「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。今回はロフォーテン諸島のホテル・宿泊場所選び方の徹底解説②を行います。

Kabelvåg Vandrerhjem

さて、お待たせしました。Kabelvågにあるホステル(Kabelvåg Vandrerhjem)の徹底解説をはじめましょう。個室宿泊もできてかつ非常に安い値段で泊まれ、朝食も(豪華ではないですが)ちゃんとついていてスタッフも気さくというオススメの施設です。

Kabelvåg Vandrerhjem
以下のサイトでの宿泊施設の紹介(レビュー・施設情報)を見てみる。(予約も可能)
  Booking.com Expedia  TripAdvisor

Kabelvåg Vandrerhjemへのアクセス

Kjerkvågen (Vågan)バス停で降車します。背後に見えているのはKabelvåg kirke (Vågan)(カヴェルヴォーグ教会)です。バスの運転手にKjerkvågen(シャークヴァーゲンにちかい発音)の発音が難しい場合は、Kabelvåg ChurchといってもOKです。Kabelvåg kirkeバス停からもそんなに距離はありません。

レクネスからは1時間20分の距離、スヴォルヴェルからは10分の距離に位置します。

Kjerkvågen (Vågan)バス停を降りて川沿いに国道E10から南に向かう道を歩いていきます。

ここで標識がでてきますので、標識に従って住宅地を歩いていきます。

しばらく静かな住宅地の中を歩いていきます。

この坂を上っていけばもうすぐKabelvåg Vandrerhjemです。

Kabelvåg Vandrerhjemに到着です。いつものホステルのマークでほっとします。

Kabelvåg Vandrerhjem

では入り口に入ってレセプションに行ってみましょう。

入るとすぐ右にレセプションカウンターがあり、ホステルならではの若い気さくなスタッフが挨拶してくれます。このホステルの近くにはスーパーマーケットがありませんが、ここでジュース類を購入することができます。なお水道水は非常においしいのがノルウェーの特徴です。

ホステル、個室部分

一人一室で予約した場合の個室部屋です。洗面台があります。トイレ・シャワーは共有になります。

収納は十分すぎるほど充実しています。

共有トイレ部分です。非常にきれいに保たれています。

共有シャワーです。1フロアに2~3機あって非常に清潔に保たれています。

共有キッチン部分です。冷蔵庫も共有できます。湯沸かし器はありますが、コンロはありません。

各フロアにあるリビングです。ここでまったりコーヒーでも飲んでゆっくりできます。

朝食場所にもなる食事場所です。

ホステルですので、ホテルのような豪華な朝食ではありません。豪華な朝食のステイをしたい場合はスヴォルヴェルのハイグレードホテルでの宿泊をオススメします。

朝食のビュッフェは非常にシンプルです。北欧の他の国でも同じようなホステルの朝食です。

パンの種類とシリアルの種類は豊富にあります。またコーヒーもお替りし放題です。

筆者が宿泊したときはホリディシーズンでもなかったためか筆者と同じような旅人1人のみで計2人の朝食でした。

食事場所の端にはゆっくりリラックスできるスペースがあります。コーヒーを飲んでゆっくりしてから本日の行程に出発することにします。

最後に

いかがでしたか?溜息が出る美しさ!ノルウェー ロフォーテン 安く・清潔!なら断然ホステル!カヴェルヴォーグ編の徹底解説を行いました。「アルプスの頂きを海に浮かべたよう」と言われるノルウェー ロフォーテン諸島。山と海で形成された風光明媚なフィヨルドからなる景色は、どこから眺めても溜息がでるほど美しく多くの人を魅了しています。是非機会があればロフォーテンを訪れてみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする