スウェーデン国鉄SJのチケット予約・購入方法 完全ガイド

ストックホルム観光だけならストックホルム交通カード(SL Accessカード)で地下鉄・バスを利用して縦横無尽にストックホルムを行き来することができます。しかし、スウェーデンのより南部に位置する「ヨーテボリ」や「マルメ」、「ルンド」に行くことや、北極圏内の「キルナ」や「アビスコ」を訪れる際には「スウェーデン国鉄SJ」のチケット予約・購入のプロセスが必要です。 

このSJチケット予約・購入システムは非常にシンプルで利用しやすく、このシステム利用でスウェーデン国内だけでなく、デンマークの「コペンハーゲン」やノルウェーの「オスロ」、「ナルヴィーク」にまで行けるチケットを購入することができますので大変便利です。

今回はストックホルムからアビスコに行く際の寝台列車を例にチケットの予約・購入方法を解説します。

スウェーデン国鉄(SJ)の主要な長距離路線

SJは南北にとても長いスウェーデンの国土のほとんどをカバーしています。位置関係は上のマップの通りです。

オレンジ色のピン各国の首都です。(ノルウェー:オスロ、デンマーク:コペンハーゲン、スウェーデン:ストックホルム)

紫色のピンノルウェーのナルヴィーク駅で北欧の最北の路線・駅になります。

ブルーのピン:スウェーデンの長距離路線中で重要ポイント駅です。

スウェーデン国鉄(SJ)の乗車チケット購入方法

選択肢①:ストックホルム中央駅にあるSJのサービスカウンターで直接購入

選択肢②:インターネット SJのウェブサイトで事前購入

上の2つの選択肢があります。SJのサービスカウンターではまず整理券を取って自分の順番を待つタイプです。特殊なリクエストがある場合は利用価値が高いですが、普通にチケットの予約購入をするならば断然インターネットで事前購入が簡単便利でおススメです。

今回はインターネット SJのウェブサイトでの事前購入の方法を解説します。

インターネットで事前購入

スウェーデン国鉄(SJ)の乗車チケットをインターネットで事前購入するには、SJのウェブサイトから行います。(←リンクをクリックするとSJウェブサイト英語版が開きますのでどうぞご利用ください。)

もしくは、googleSJとだけ打ち込んで、検索しても良いです。

すると下のような検索結果になります。

トップには広告としてSJのウェブサイトが、その下には検索結果としてSJのウェブサイトがヒットします。どちらも同じですが、検索結果としてのSJのウェブサイトをクリックすると次の画面になります。

スウェーデン表記ですが恐れるなかれ、ちゃんと英語表記も内装されています。英語表記に変えるためには「MENY」をクリックします。すると次の画面になります。

下の方にあるSvenska(「スウェーデン語」の意味)をクリックして「English」に変更しましょう。すると次のようなウインドウが開きます。

すでにチケットの予約プロセス途中の場合は注意が必要ですが、今から予約購入を行う場合は全く問題ありません。Change languageをクリックします。

はい、これで英語表記のSJウェブサイトになりました。

では、実際に寝台列車の乗車チケットの予約購入を具体的に解説していきます。

今回のお題は「ストックホルム中央駅から寝台列車でアビスコに行きたい」とします。

まず「From」の入力欄に半角英数で「st」(「sto」でも構いません)と入力してください。それだけでStockholm Centralやその他の候補駅がリストで出てきます。リストの中から駅名をクリックして選んでください。

同様に「To」の入力欄に半角英数で「ab」(「abi」でも構いません)と入力して下さい。それで候補駅の中から「Abisko turiststation」を今回は選択しましょう。

後は、往復でチケットを購入するかどうかを選択、検索する時間帯の幅(朝~にしておいた方が目いっぱい検索できます)を選択、行きと帰りの乗車日をカレンダーから選択します。

同じ画面で下にスクロールすると次のようになっています。

一人旅の場合はそのまま「Continue」ボタンをクリックして次の画面に進みます。ここでは例として2人旅だったとして、話をすすめてゆきます。

SJの運賃は結構細かく分類されています。若者やシニア、学割もありますので適当なカテゴリーを選択してください(学生証やパスポートなどのIDは携帯必要です。すべて選択・入力が終われば「Continue」をクリックしてください。

この画面では、2つの選択肢が表示されました。では1個目のプランをクリックして選択してみます。すると下のような画面がでてきます。

寝台のチケット購入をしますので、緑側のプランを選択して画面下に出てくる「Continue」をクリックして次の画面に進みます。

2人グループとして購入プロセスを進めるとPrivate compartment」として1部屋予約できるプランがトップに出てきますこの場合、表示されている金額は2人分の合計金額です。

この画面を下にスクロールすると「Bunk in couchette」や「Bed in sleeping compartment」のプランも見ることができます。

「Bunk in couchette」は6人部屋で、寝台の中で一番安いです。大人数グループ向きの部屋です。一人旅での利用は特にお勧めしません。

「Bed in sleeping compartment」は3人部屋で個室利用の特定をしないという意味です。運がよければ2人きりで使えますし、誰か3人目の人と一緒になることがあります。

2人で旅行するならば断然「Private compartment」がおススメです。

では「Private compartment」の「Refundable」プランを選択してみましょう。選択後に全体の画面を下にスクロールして「Continue」をクリックします。

この画面になりますので、座席についてのリクエストがあれば赤枠の部分をクリックします。

特に寝台個室のプランの場合は、リクエストの必要はないと思いますのでそのままSJにお任せにしておきます。「Continue」をクリックして次に進みます。

チケット購入プロセスも終盤です。この画面で予約内容の確認です。日程・人数・内容をチェックして問題がなければ、画面を下にスクロールして「Continue」をクリックします。

あともう少しで購入完了です、頑張りましょう。「E-ticket」、「Payment Card」「ローマ字で名前と苗字」を入力します。今回は2人のうちどちらか代表者の名前を入力することになります。それらが終わったら画面を下にスクロールしてください。

「連絡先となる人の名前・苗字」「携帯電話番号」「e-mailアドレス」を入力して、チェックボックスのチェックが終わって予約内容を最終確認して問題がなければ「Continue」をクリックして支払い画面に移行します。

クレジットカード情報を入力し終えたら「PAY」をクリックして購入プロセス完了です。

クレジットカードの取引が成功したら、「プロセスが成功しました」という画面が出てきます。

その後まもなく、「予約確認書」が指定したメールアドレスに届きます。

そしてその後1時間もしないうちに「E-ticket」(スウェーデン語で「E-biljett」)というPDFがメールに添付されて届きます。

このPDFをプリントアウトして旅行中は携帯しておいてください。 

乗車してまもなくすると車掌がこのPDFに印刷された2次元バーコードを読み取りに来ますのでなくさないように注意しましょう。

【追加情報】

・2017年秋までは支払いにVISA・Master・ダイナースが使用可能でしたが、2017年末の時点ではVISA・Masterのみが使用可能になっていました。

・全て試したわけではありませんが、行きと帰りを片道ずつ買っても合計金額は往復でまとめて買った時と同じになるようです。(往復割引はないようです)

最後に

いかがでしたか?スウェーデン国鉄SJのウェブサイトは非常にシンプルで分かりやすい作りになっていますので、是非このページを参考にトライしていただきたいと思います。今回は説明のシンプルさから、ストックホルムを出発して北極圏を走る北欧最北の路線「Arctic Circle Train」のチケット購入を例にしました。他の寝台列車予約ではファーストクラスの2人利用であったり、ファーストクラスの1人ずつ利用の予約ができたり購入方法のバリエーションが豊富に用意されています。飛行機では味わえない北欧の長距離路線・寝台列車の旅、是非機会があれば楽しんでくださいね!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. イノウエ リョウジ より:

    ストックホルム~キルナの 2等車の座席予約で 2人旅ですので2シート席を取りたいのですが やり方を大至急ご案内下さい。 身障者、ペット同伴可 以外の3項目についてお願いします。

    • enjoytravelingsolo より:

      コメントいただきありがとうございます。ストックホルムからキルナは夜行でよろしかったでしょうか?
      まず、SEAT REQUESTのプルダウンメニューの項目についてご説明します。
      ・「Unspecified」 は「特に特定せず」
      ・「Open coach」 は「開放座席車」とも言われる通常の長距離列車に見られる2列×2列で時に4人が向かい合っているシートになります。座席の中ではコンパートメント(個室)になっているものもありますがそれらは大体グループが使用していることが多いです。
      ・「Seat with table」 は車窓下の壁からテーブルが出ている(飲み物や食べ物が少し置ける程度の大きさのテーブルです)
      になります。

      なお、「Seat with table」はテーブルがあって便利ではありますが、確実に4人席になりますので他の乗客と相席になることを考慮にいれておく必要があります。

      2人で隣同士に座るとなれば、Open coachで「continue」して、その次の画面で
      「Carriage(車両)番号、シート番号、窓側か通路側か」、が表示されますので確認してみてください。
      (座席が隣同士なのに座席番号が連番ではなく、1つ飛びなどになっていることもあります。実際、2人分を同時に予約して一人が窓側、一人が通路側になっていて座席番号が2つ違いなどならば隣同士になっています。)
      なお、Open coachで2人予約しても場合によっては4人席で他の乗客と相席になるケースも少ない確率ながらあります。

      こちらも先週から本格的に春になり暖かくなってきました。
      素晴らしい北欧の旅になれば良いですね。是非楽しまれてください。

  2. イノウエリョウジ より:

    こんにちは、過日は座席予約について詳細なご案内ありがとうございました。

    恐縮ですが、もう2点 お教え下さい。 妻との二人旅です。

    ストックホルム~キルナ方面の夜行列車予約で 座席車を諦め
    行きは 一等2人ベッド部屋 帰りは二等3ベッドの2人使用
    (いずれもPRIVATE COMPARTMENT) を予約致しました。

    お尋ねしたい点

    ① いずれも朝食付きなのでしょうか? その場合食堂車へ出向くのでしょうか?
    ② 帰りの3ベッドルームは他の乗客が入るのでしょうか?

    宜しくお願い申し上げます。 

    • enjoytravelingsolo より:

      コメントありがとうございます。個人旅行の北欧2人旅素敵ですね。
      ダイレクトでも返信メールを送らせていただきました。

      ストックホルムからナルヴィク方面に向かう夜行列車では大体のケースで一等車が先頭、食堂車が最後方の車両になります。
      逆に、ナルヴィクからストックホルムに向かう列車ではナルヴィク→キルナまで一等車が先頭で食堂車が最後尾、キルナでスイッチバックしてキルナから食堂車が先頭、1等車が最後尾になることが多いです。さらにボーデンで食堂車自体が違う食堂車に変更連結されることもあります。

      朝に10-15車両分を往復移動するのが苦で、一等乗車の際は朝食を食べることができる権利がありますが(食堂車に出向く必要あり)、恥ずかしながら個人的に朝はダラダラしてしまって食堂車まで行ったことがありません。いつも乗車前に適当に水分と食料を買い貯めています。
      尚、食堂車で販売されているものはレンジでチンするものかサンドイッチ、スナック類になります。ビールも販売されています。

      2等3ベッドprivate compartmentは「private compartment」という名が付く限り、個室確約できるのが特徴です。3ベッドを2人でお使いいただけます。途中で他の乗客が入ってくることはございません。

      今、北極圏エリアは完全に白夜です。北欧にお越しの際は良い天気であれば良いですね。
      また、ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

  3. M.M より:

    ご丁寧な解説ページ、ありがとうございます。
    ご質問したいことがあるのですが、
    寝台車でストックホルムからコペンハーゲンへ行く計画を立てているのですが、
    SJのサイトで検索すると
    希望日はLundで乗り換えをするプランしか出てきません。
    できれば長い時間乗っていたほうが楽なので
    Malmoまで行ってMalmoで乗り換えをしたいのですが、
    (Malmo行きで検索をすると同じ時間の電車が表示されるのに、コペンハーゲン行きで検索をすると)どうしてもMalmo乗り換えのプランが出てきません。
    SJにメールで問い合わせをしても、「お客様の番まで4週間かかります」という返事が来て困っています。
    こういう場合はMalmoまでの券を予約し、そこから先は別で予約(あるいは当日購入?)するしかないのでしょうか。
    もしご存知でしたら教えていただけますか。お手数かけます。

    • enjoytravelingsolo より:

      コメント、ご質問頂き誠にありがとうございます。詳細はダイレクトでメール返信させただいた通りですので、このコメント欄には要約を掲載します。

      ご希望の日程で、

      選択肢①: Stockholm 中央駅 23:10 → Lund C 6:36 → Lund C 6:47発のÖresundståg Regional, Train 1323 → コペンハーゲン中央駅

      選択肢②: Stockholm 中央駅 23:10 → Malmö C 6:55 → Malmö C 7:02発のÖresundståg Regional, Train 1323(同上) → コペンハーゲン中央駅

      コペンハーゲン行きのÖresundståg Regional, Train は朝6時以降ならば10分おきに出ており、Stockholm 中央駅からの夜行と別に予約も可能です。

      私もアビスコやナルヴィクからFlemingsbergに帰る際、Stockholm 中央駅で乗り換えたいのにその30分手前のウプサラで乗り換えを指定される事が何度か経験しました。たとえばSJの乗り継ぎ決定アルゴリズム側に最低所要乗り換え時間が10分以上など、何らかの癖があるのではないかと思います。

      そうなれば、Malmöまで行かれる夜行の予約、Malmöからコペンハーゲン中央駅へのÖresundståg Regional, Train 予約を余裕を持った乗り換えで別々にされるのが自由度が高い行程になると思います。

      Malmöからコペンハーゲン中央駅までの35分間の乗車関してですが、2nd classならば座席指定はありませんので、夜行が万が一大幅に遅れてしまって予定より後の列車になっても不都合はないはずで、乗務員のチケットチェックも滞りなく行われるか、一言言っていただければ問題ないと思います。

      SJの特にMalmöからの切符に関しては事前ネット購入も当日ネット購入(スマホで)も駅で当日購入も値段は変わらないと思います。本数が結構ありますので満席等になることはまずないと考えて良いです。

      スマホで直前に予約購入して、スマホの画面(購入後にemailアドレスに送られてくるPDFファイル)を乗務員のチケットチェックの際に見せるのもアリです。

      とりあえず夜行の到着時間から少し30分〜ほどの余裕をもってMalmö からの列車を2nd classで予約しておくというのが妥当な方法かもしれませんね。

      またご質問等ございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

      今後ともよろしくお願いします。