オーロラ観光で泊まりたい! フィンランド イナリのおすすめホテル5選!

フィンランドの北部、北極圏内のエリアもオーロラ観光で人気のエリアです。フィンランド内に他に観光地として有名な所はありますが、オーロラを見るなら筆者のおすすめは断然「イナリ」です。イナリは他の有名観光地よりもさらに北にありイナリ湖で大きく開けているためオーロラ鑑賞のために特にバスツア―等で何時間も出かける必要がありません。

勿論イナリはそれほど観光地化されていませんので今のところホテルも数えるほどしか存在しません。しかしそれぞれが特色を持った素敵な宿泊場所です。今回はそんなイナリのおすすめホテルを紹介してゆきます。

イナリへのアクセスはこちらにまとめていますのでご覧ください。

フィンランドの北部、北極圏内のエリアもオーロラ観光で人気のエリアです。フィンランド内で他に観光地として有名な所はありますが、オーロラを見るなら筆者のおすすめは断然「イナリ」です。今回はこのラップランド北部に位置するイナリへのアクセスについてまとめます。

オーロラ撮影方法についての超簡単シンプル解説はこちら

「北欧にいくんだけどオーロラ見れるかな」、「オーロラツアーに行くけど撮影の方法を知らないよ」という人にとっての必見情報、今回は「今からでも間に合う!オーロラ写真の撮影方法とコツを超シンプルに解説!」を北欧で5000枚超のオーロラ写真を撮影した筆者が解説します。

オーロラ撮影時の服装・持ち物・注意点等はこちら

「北欧にいくんだけどオーロラ撮影時の服装は?」、「オーロラツアーを申し込んでカメラは買ったけどその他の装備は?」という疑問に答えます!「オーロラの撮影時はどんな服装?持ち物は?徹底解説!」を北欧で5000枚超のオーロラ写真を撮影した筆者が解説します。

オーロラ撮影旅行の際の機内持ち込み・預け入れバッグについての考察はこちら

海外トレッキングやオーロラ撮影の際はカメラ2台以上、三脚1台以上を携えて現地に向かうことが多く、さらに現地での機動性を考慮すると機内持ち込みのバッグの選び方が重要になってきます。今回は、度重なる飛行機の搭乗で筆者のお決まりパターンになっている方法をレポートします。

イナリの地図

イナリの地図に色分けしたピンを打ってみました。皆さんお分かりの通り宿泊場所や観光すべきところが豊富というわけではありません。

ブルーのピンホテル

オレンジのピン博物館もしくはお店(レストランやスーパーマーケット)

地図上のグレーのバー左端のアイコンをクリックすると、ブルーのピンのみの表示やオレンジのピンのみの表示が選択できますのでお試しください。

Hotel Kultahovi (ホテル クルタホヴィ)

【本館の外観】

【ホテル受付】

Hotel Kultahovi (ホテル クルタホヴィ)はイナリ湖畔からは徒歩5分程度と少し離れた静かな森の中のホテルになります。受付(Reception)のある本館以外にも個室、サウナ付きの個室がある別館が両隣に建っています。団体客が泊まれるほどの大きさではありませんので、むしろプライベート感があって雰囲気もとても良いホテルです。自炊できる共用キッチンはありませんので夕食はイナリで一番と評判高いこのホテルのレストランを利用するのもいい選択肢だと思います。

Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

Expedia(エクスペディア)での紹介はこちら

Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら

Hotel Inari

【ホテル外観】

【ホテル入口部分】

【ホテル受付】

イナリ湖畔に建つホテルです。イナリといえばホテルイナリというぐらいの知名度のホテルです。パッと見ではハイグレードなホテルには見えませんが、中に入ると広いバー・カフェ・レストランが贅沢にスペースを使って配置されています。イナリの中で一番大きな宿泊施設目の前にスーパーマーケットがあるホテル前がバス停イナリ湖畔まで出るのに3分もかからないという好条件がすべて揃っているホテルです。その分多くの人が利用しますのでイナリを訪れる団体客はまずここに泊まると考えてよいでしょう。便利さを取るか、プライベート感を取るかでホテルイナリとホテルクルタホヴィに分かれると思います。

Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら

Villa Lanca

【ホテル外観】

【右の建物が宿泊・アクティビティの受付兼事務所】

Villa Lancaはその規模は小さいながら、スーパーマーケットへは徒歩1分程度の距離で、ホテルイナリの向かいですのでバス停にも近いという立地条件の非常に良いホテルです。もちろんイナリ湖に出るのも3分もかかりません。オーナーやスタッフがフレンドリーと評判が高く、こじんまりとした施設ならではの良さを生かして人気の宿泊施設でもあります。アパートメント部分はキッチンがありますので自炊が可能です。

Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら

Holiday Village Inari

【コテージ群 外観】

【共用キッチン】

Holiday Village Inariはイナリの中心(ホテルイナリやスーパーマーケットがある場所)からは少し離れています。徒歩で7~8分といったところでしょうか。この間は若干坂道になっていることも少し気に留めといた方がよいかもしれません。基本的にコテージ群にはテーブルとベッドがありますが、その他は共用のキッチンやシャワーを使用します。車でイナリを訪れて長期滞在などを考えるならこの施設は良い選択だと思います。なお、イナリ湖に出るには1分もかかりません。かつバッチリ北向きの湖畔ですのでオーロラ鑑賞には場所的にはかなり良いといえます。

Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら

Wilderness Hotel Inari

【メイン棟外観】

Wilderness Hotel Inariはイナリの中心(ホテルイナリやスーパーマーケットがある場所)からは結構離れます。しかしそんなことを気にする人が泊まるホテルではありません。イナリ湖畔であることは勿論のこと、2017年末にオープンしたばかりで綺麗で洗練された各部屋・天井ガラスのキャビン・レストランを備えています。アクティビティの受付もホテル内で済ませられ、他の宿泊施設と比べると、よりリゾート感があるハイグレードな宿泊施設を目指していることがわかります。なお、自炊ができるキッチン付きのシャレータイプもあります。自炊のための買い出しには、ホテルーイナリのスーパーマーケット間は車が必要な距離になります。

Wilderness Hotelグループは他にイナリ湖の東の対岸Nellimや、その他のエリアにもハイグレードなリゾート施設を展開中です。

Nellim Wilderness Hotel:Trip Advisor(トリップアドバイザー)での紹介はこちら

Wilderness Hotel Inari:Expedia(エクスペディア)での紹介はこちら

Wilderness Hotel Inari:Booking.com(ブッキングドットコム)での紹介はこちら

最後に

いかがでしたか? フィンランド内でオーロラを見る上で、筆者おススメ「イナリ」のホテルを今回取り上げました。イナリは他の有名観光地よりもさらに北にありイナリ湖で大きく開けているためオーロラ鑑賞のために特にバスツア―等で何時間も出かける必要がありません。特にHotel InariHoliday Village InariWilderness Hotel Inariは湖畔に建っていますので、宿泊している場所から出て3分もしないうちにイナリ湖に行けます。場合によっては施設内からも観察できるでしょう。Hotel Kultahoviは湖畔からは少し歩きますが、静かで団体客もおらずこじんまりしていてプライベート感を満喫できます。

何処に泊まってもオーロラ観測スポットまで徒歩ですぐ行けるイナリ、筆者としては他のフィンランドの観光地よりも断然おススメです。是非オーロラ観光でイナリに宿泊を検討してみてくださいね。

オーロラ撮影方法についての超簡単シンプル解説はこちら

「北欧にいくんだけどオーロラ見れるかな」、「オーロラツアーに行くけど撮影の方法を知らないよ」という人にとっての必見情報、今回は「今からでも間に合う!オーロラ写真の撮影方法とコツを超シンプルに解説!」を北欧で5000枚超のオーロラ写真を撮影した筆者が解説します。

オーロラ撮影時の服装・持ち物・注意点等はこちら

「北欧にいくんだけどオーロラ撮影時の服装は?」、「オーロラツアーを申し込んでカメラは買ったけどその他の装備は?」という疑問に答えます!「オーロラの撮影時はどんな服装?持ち物は?徹底解説!」を北欧で5000枚超のオーロラ写真を撮影した筆者が解説します。

オーロラ撮影旅行の際の機内持ち込み・預け入れバッグについての考察はこちら

海外トレッキングやオーロラ撮影の際はカメラ2台以上、三脚1台以上を携えて現地に向かうことが多く、さらに現地での機動性を考慮すると機内持ち込みのバッグの選び方が重要になってきます。今回は、度重なる飛行機の搭乗で筆者のお決まりパターンになっている方法をレポートします。
スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280 ①
レクタングル(大) 336 x 280 ①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする